朝日新聞社に訪れた「厄年」

2014091401■朝日新聞の謝罪行為はリスクヘッジ?

 このところのネット言論の話題の中心は、言うまでもなく「朝日新聞」であり、ネット用語で表現するなら、完全に「炎上状態」に陥ってしまったとも言えるだろうか。
 朝日新聞と言えば、ネット界隈では「報」とか「朝日(ちょうにち)新聞」とも揶揄されるほど中国寄りの反日新聞というイメージが定着した感があるが、慰安婦報道問題に追い打ちをかけるかのように吉田調書の誤報問題まで騒がれ出し、傍から眺めていると、まるで朝日新聞社にとっての厄年でも訪れたのではないか?という錯覚さえ覚える。

 これまで強大な権力を誇り我が物顔で言論界に君臨してきた朝日新聞社が公衆の面前でこれだけ大々的な謝罪を行うということはなかったことであり、時代の変化を感じざるを得ない。
 あるいは、大衆迎合ということで、時代の空気を敏感に感じ取った朝日新聞社がリスクヘッジの意味合いで、方針転換を計ったのかもしれないが、いずれにせよ、これ以上、嘘を付き通すことは得策ではないと判断したのだろうと思う。
 しかし、この事態に気をよくしたのか、普段は事勿れ主義で黙りを決め込んでいる評論家や学者達も、朝日新聞に対して批判的な意見を遠慮なく述べているように見える。これは言論の自由という意味でも実に良いことだと思う。

■朝日新聞を購読している人々の共通点

 私も子供の頃は親が一時的に朝日新聞を取っていたことがあるので、「天声人語」などは少し読んでいたことがあるが、現在でも一方向的で権力やスポンサーにベッタリの建前記事は読んでいても面白くないし興味も湧かないので、目を通す程度でほとんど新聞は読んでいない。

 昔から「朝日新聞」はインテリが読む新聞というイメージが強かったせいか、今でもクオリティペーパーとして隅から隅まで読んでいる人が大勢いるらしい。
 私は基本的にノンポリだったので、誰がどの新聞を読んでいるのかということには全く興味もなかったのだが、様々な人との出会いを通して気付いたことがある。それは、読んでいる新聞によって、その人物の思想信条が垣間見えるということだった。
 
 人生の途上で出会い、別れた友人・知人は何人もいるが、左翼系の人というのは必ずと言っていいほど朝日新聞派だった。私から「何新聞を読んでいるのか?」と聞いたわけではなくて、なぜか自分の方から、朝日新聞を読んでいることを自慢する人が多かった。不思議なことに若い頃にマルクスに被れたような人が多かったと記憶している。そういう経験もあってか、かなり前から「朝日新聞というものは、マルクス主義と非常に相性がよい新聞なんだろうな…」と勝手に推測していたのだが、その推測があながち間違いでなかったことは、そのうちハッキリと分かるようになった。

■朝日が先か、マルクスが先か?

 言わずと知れたことだが、中国や北朝鮮という国は、マルクス主義を信奉している国である。マルクス・レーニン主義という20世紀に全世界を覆い尽くしたカルト教はソ連の崩壊によって一度消滅したかに思われたが、中国の台頭によって急速に息を吹き返しつつあり、左翼の人々にとっては(絶対に口にはしないが)中国は“希望の星”と認識されているのだろうと思われる。
 中国がこのまま軍事拡張を続けていくと、日本にとっても脅威となり、もし日本が中国に呑み込まれるようなことになれば、イデオロギー的(実質は表面的に過ぎないが)にはマルクス主義の逆転勝利という図式になる。それゆえに左翼の人々は中国寄りの反日思想に傾倒しているわけだ。

 日本の場合も、ソ連が崩壊する前までは国民のほとんどが左翼思想に片足を突っ込んでいたとも言える。大部分のマスコミも大衆迎合という形で左寄りに傾かざるを得なかった。マスコミが先か、大衆が先かの判断は難しいが、戦後日本の思想界はGHQの影響も手伝ってか左翼思想1色だったとも言える。日本のマスコミが左翼に牛耳られてきた証拠として、テレビには保守系(日本的に言えば右翼系)の言論人は全くと言っていいほど登場しなかった。
 現在のようにインターネットも存在しないような時代にあっては、言論人はテレビや新聞に出てナンボという時代であったため、自らの主義主張を偽ってでも左寄りの言論に傾かざるを得なかったとも言える。

 しかし、現代に至って、ネット言論が勃興し始め、自らの主義主張を堂々と語れる時代に突入した。もしネット言論で生計が成り立つのであれば、本音を堂々と語る評論家や学者も大勢出てくることだろう。大衆迎合という名のポピュリズムの時代は遅かれ早かれ、いずれ消滅していくことになる。その時代の空気を敏感に感じ取った行動が、今回の朝日新聞社の謝罪行為であったと考えれば、非常に危険な賭けながら、まだ朝日新聞には存続する可能性が有ると言えるのかもしれない。

 朝日新聞が今年を境として自らの身に降り掛かった厄年を無事に乗り越えることができるのかどうか興味深く注視していきたいと思う。厄払いを実現するためには虚飾を排し、真実を報道する公正な言論機関に生まれ変わらなければならないが、これは至難の業だろうと思える。

にほんブログ村 経済ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BOOK『うどん一玉は角砂糖14個分』を読んで。

2014082201_2■「ご飯ばかり食べていると糖尿病になりますよ」という近未来ジョーク

 ここ数年の間に隠れたブームとなっているものに「糖質制限ダイエット」というものがある。書店の家庭医学本コーナーに行けば、“炭水化物悪玉論”系の書籍が数多く見られるが、最近、またブームが再燃しつつあるのか、類似書籍が続々と刊行されている。

 ブーム火付け役の『主食をやめると健康になる』(江部康二著)や、昨年ベストセラーとなった『炭水化物が人類を滅ぼす』(夏井 睦著)などが有名だが、最近はもっと気軽に読める軽いタッチの関連本も出ている。
 今年発売された『なぜ一流の男の腹は出ていないのか』(小林一行著)という本も実は「糖質制限ダイエット」系の本でもある。

 そんな中でも一際目立ったタイトルの『うどん一玉は角砂糖14個分』(牧田善二著)を先日読んでみた。見開き2ページ単位のエッセー風のシンプルな内容なので、あっという間に読み終わる。
 著者は延べ10万人以上の糖尿病患者を診てきた糖尿病専門医としての経験に基づき、冒頭から「炭水化物は諸悪の根源」とバッサリ切り捨て、日本人の実に9割が炭水化物依存症(糖質中毒)になっていると警告する。

 「うどん一玉が角砂糖14個分」というのは、先に述べた『炭水化物が人類を滅ぼす』にも書かれてあったことなので、特に驚きもしなかったが、「糖質制限」を知らない人にとっては「うどん一玉や、ご飯一膳が角砂糖14個分もの糖質を含んでいる」という事実は、衝撃的な話なのだろうなと思う。

 10年程前、会社の年輩の人から、こう注意されたことがある。

 「缶コーヒーのような甘いものを飲んでいると糖尿病(注)になるぞ

 私自身、缶コーヒーはあまり飲まないのでそれとなく聞き流していたが、調べてみると、缶コーヒー1本に入っている糖分というのは、角砂糖3〜4個分に過ぎない。350mlの缶コーラでさえ角砂糖10個分(→参考サイト)と考えると、ご飯の方が圧倒的に糖分が多いことになる。

 当時、この年輩の人は、まさか自分自身が毎日3度食べているご飯に缶コーヒー以上の糖質が含まれていることなど夢想だにしていなかったことだろう。もちろん、当時は私も知らなかったので、返す言葉が見つからなかったが、現在であれば、冗談混じりにこう返していたかもしれない。

 「ご飯ばかり食べていると糖尿病(注)になりますよ

 こんなことを言えば「何を馬鹿なことを言っているのか?」と思われたことだろう。こういったジョークが世間一般で通じるようになるのは、まだまだ先のことなのかもしれない。

(注)ここで述べている「糖尿病」とは、生活習慣病としての「2型糖尿病」を意味する。
 
■ビールを飲むと「ビール腹」になるのは本当か?

 食事制限を謳った本は実に様々な内容のものがあり、「肉は健康食」と書いている本があるかと思うと、その横を見れば「肉は食ってはいけない」というような本もあり、一体、何が正しいのか分からなくなる時がある。
 ダイエットに関しても、「断食」や「空腹」を勧める本もあれば、「カロリー計算」に特化しただけの本、あるいは「個別の食べ物」にこだわった本など千差万別であり、これではどれが正解なのか検討もつかない。そう思っている人も案外多いのではないかと思う。

 私自身、特に太っているわけでもないので、これまで特にダイエットなどを気にしたことはなかったのだが、2ヶ月程前に少し体調を崩したこともあり、ごく自然に糖質制限を行う機会に恵まれた。
 本書には糖質制限の3つのレベル(下記参照)が書かれてあるが、そのどれにも該当しない自己流の糖質制限を意識せずに行っていた。

 レベル1…夕食のみ主食を抜く
 レベル2…朝食・夕食のみ主食を抜く
 レベル3…3食すべて主食を抜く

 私が行った糖質制限は、レベル1のプチ糖質制限どころか、ほとんど普段と変わらない食事制限で、ジュースやお菓子や菓子パンなどの甘い食べ物(間食)を控え、食べるご飯(米)の量を3〜4割ほど減らしただけだった。すると2ヶ月間程度で体重が4kgほど減少した。
 特に絶食したわけでもなく、空腹感を感じたわけでもないのに、メタボ(ウエスト85cm)に近付いていた腹部の贅肉はほぼ綺麗に取れてしまった。この程度の糖質制限で4kgも減ったわけだから、まともな糖質制限をしていれば、激痩せしていたかもしれない。
 しかし、いくら炭水化物がいけないと言っても、主食(ご飯やパン)を完全に控えるというのは少々無理があると思うので、これ位のリスクのない食事制限が私にはちょうど良いのかもしれない。

 ところで、「ビール腹」という既に市民権を得た言葉があるが、私の場合、この2ヶ月間はビールは控えておらず普段通り飲んでいた(1日1缶程度)。それでも贅肉が取れたわけだから、「ビール腹」というのは本当にビールの飲み過ぎが原因なのか?と疑わずにはいられなかった。本書にも「アルコールそのもので、太るということはありえません」と書かれてあったが、その通りかもしれない。

 著者は最後にこう締めくくっている。現代では「知識欲旺盛な人だけが健康になれる」と。これは私も同感だった。

 余談だが、最近、テレビコマーシャルで売り出し中のプライベートジム『ライザップ』も糖質制限ダイエットを取り入れているらしく、同ジムが「全額返金保証制度」を導入できた背景には、糖質制限ダイエット効果に絶対的な自信が有ったということなのかもしれない。(私はライザップの利用者でも関係者でありません。念のため。)

にほんブログ村 経済ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«「科学の進歩」と「社会の破壊」【社会の病理とは何か?】