「8時間労働教」という宗教

■固定されたままの「8時間労働」

 政府の「働き方改革」の影響もあってか、最近では残業時間云々の話をよく見かけるようになった。政府からは「残業時間の上限」を設定するとかいう話も出ており、賛否が分かれているようだが、どうもシックリとこない。この違和感の正体は何なのか?とよくよく考えてみると、残業の有無に拘らず、8時間は絶対的な労働時間として固定されているところにあるのだと思う。
 現在の政府の「働き方改革」の問題点は、結局のところ“時間に囚われたまま”であるという意味においては、改革になっていないところにあると言える。残業時間の上限の設定が議論になる程度では、せいぜい「改善」であって「改革」には程遠いと言える。

 「KAROSHI」という言葉が世界中の辞書に記載されるほどの世界に冠たる長時間労働国である現代の日本で、なぜ労働生産性が低いのかと言えば、その答えは「時間に囚われ過ぎ」な点にあると思う。もちろん、それだけが原因ではないが、大きなウエイトを占めていることは間違いない。

 現代のように、人的な仕事の効率化、機械的な仕事の自動化、ITによる仕事の合理化が進んだ国では、仕事自体がダウンサイジングされており、数十年前の労働者が8時間かかっていた仕事を4時間もあれば充分にできるようになっている(場合によってはもっと短い)。
 仕事が有り余っていた高度成長時代であれば、どれだけ仕事を効率化しても8時間分、働くだけの仕事が有ったかもしれない。そんな時代であれば、仕事を合理化すればするほど給料も上がるという好循環が生まれたかもしれない。
 しかし現代では、仕事をいくら効率化しても後に続く仕事が有るかどうか分からない。オートメーション化により、人間が行う仕事量は昔よりも減少している企業が大半だろうから、本来であれば、労働時間も短くならなければいけないはずが、昔と変わらず「8時間」という労働時間は全く変化せず固定されたままになっている。

■矛盾だらけになった「8時間労働」

 企業には仕事の速い人もいれば、仕事が遅い人もいる。仕事が遅い人が8時間かかってする仕事を、仕事の速い人であれば4時間でできる場合も多々ある。

 この「仕事量が減少している」ことと「仕事の速さの違い」という2つが合わさることによって、「8時間労働」というものに実に様々な矛盾が発生することになる。
 8時間の仕事を4時間でできる人は、4時間で仕事が完了しても帰ることができない。8時間分(通常の2倍)の仕事をやろうにも、そこまでの仕事が無い。加えて、2倍の仕事をしても給料が2倍になるわけでもない。そうなると、4時間でできる仕事をのんびりと8時間かけて行うことになる。これが、日本の企業の労働生産性が低い理由ではないかと思う。況して、上司の目を気にした無駄な残業などがあれば尚更だ。
 
 この問題の根源にはマルクスの「労働価値説」が頑として横たわっている。「人間の行う仕事量は皆同じ」という現代では全く当て嵌まらない思想が多くの日本の企業に染み込んでいるため、仕事の質や量ではなく、時間のみに囚われることになる。1時間でも長く働いた人が偉いという具合に。

 時間のみが仕事を計る絶対的な価値などというのは、現代では普通に考えると笑い話にしかならないと思うのだが、それが笑い話ではなく本気(マジ)で信仰の対象となっているところが、日本の悲劇だとも言える。
 言うなれば、「8時間労働教」という悪平等な宗教が蔓延っているようなものであり、このカルト教の洗脳を解かない限り、日本の労働者の大半は能力や努力が正当に報われない社会に生きることになる。
 世界一の金持ち国と言われる日本で、なぜ労働者は幸福感を感じられないのか? なぜ、自殺する人が他の先進国に比べて多いのか? その理由の1つが、このカルト教の存在にある。

 「働き方改革」が本来目指すべきものは、このカルト教の洗脳を解くことにある。具体的に言うなら「時間に囚われない働き方」、つまり、「仕事の質と量を重視する働き方」を推進することであるべきだと思う。
 8時間に目を向けるのではなく、8時間に目を向ける。そうであってこそ、無駄な労働時間も減少し、労働生産性も上がることに繋がる。

 労働者が感じる最大の幸福感とは、仕事の達成による時間からの自由だと思う。どれだけ仕事を効率化しようとも時間からの解放が全く為されないのであれば、喜びを感じることができない。お金をもらって喜べるのは、お金で時間が買えるからである。

 時間の奴隷からの解放、これこそが「働き方改革」の目標とすべきものだと思う。

【追記】2016.12.8
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>筆者が、法制度レベルの話をしているのか、各企業の考え方の話をしているのか、どちらなのかがまず問題ですが・・

 私は法律の専門家ではありませんので、無論、後者になります。尤も、各企業と言うよりも、企業全体の話ですが。

>おそらく多くの企業は、本当に8時間の仕事を4時間で完成させることができる人がいたら、残り4時間をぼんやり待機させるわけではなく、新たな仕事を与えるはずです。

 残念ながら、仕事は企業が作るのではなく、顧客が作るものなので、無い袖は振れません。残った4時間分の仕事を当の会社が作り出せるのであれば、誰も苦労はしません。民間企業の仕事には利潤が付いて回りますので公務員のようにはいきませんし、学校の教師が生徒に宿題を出すような感覚で新たな仕事を与えることはできません。

>残り4時間、さらにもっと多くの仕事をさせることができるのに、暇にさせたまま、手をこまねいて見ている企業経営者などいないでしょう。よほど無能出ない限りは。

 民間企業であれば、空いた時間は自分でやることを探すのが普通です。営業職なら新規開拓をする、商品開発職や製造職なら能力や技術向上のために自己学習でもするのが一般的です。経営者が無能で有る無いに拘らず経営者が言わなければ何もしないような社員なら雇用を維持できません。大企業なら維持されるのかもしれませんが。

>チームで仕事をしていて、仕事が早いからといってさっさと帰られたら生産ラインとして機能しなくなりますけどね。まったく馬鹿げた妄想としかいいようがない。

 世の中にはチームを必要としない仕事は多々ありますし、全員が全員、生産ラインで仕事を行っているわけではありません。

>30年遅れた議論。

 30年前にこんな話があったとは知りませんでしたが、30年経っても何も変わっていないのであれば、それは議論する価値が有るということでしょう。

>どうして8時間って数字が出てきたか、歴史を知らずに終わった話を蒸し返してるだけの無知な話でしかない。

 8時間労働が生まれた背景は知っていますし、記事にも少し書いたこともあります。無知な話と言うのであれば、その理由(8時間労働の歴史)を納得のいくように書いてください。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«ドラマ『沈まぬ太陽』を観て。