« 官僚がおかしくなった訳 | トップページ | 政府の少子化対策=公務員極楽天国方案 »

映画『善き人のためのソナタ』に観る芸術

映画の舞台は、ベルリンの壁崩壊前の東ドイツ。レジスタンスを取り締まる秘密警察(国家保安省)の1局員の心情の変化を『盗聴』という行為を通して描いた作品。

静寂の中で淡々とストーリーが進むのはヨーロッパ映画の特徴でもあるが、この映画の場合、それに加えて、社会主義国家独特の不自由で窮屈な世界観が伝わってくる。言いたいことも言えず、国家が盗聴を認めているというトンデモない社会、そんな社会が20年前まで何の疑問も持たれず存在していたというのは今更ながら驚きだ。(未だに現存している国はある)

日本に住む我々日本人は、ベルリンの壁崩壊当時、それが何を意味しているのか理解していた人は少ない。歴史的な大事件を単なる異国の出来事だという認識でしか観ていなかった。
その壁の崩壊は、物理的に東西が繋がること以上に大きな意味を持っていた。世界を二分していた『自由』と『束縛』という思想が1つに混じり合うという歴史的瞬間を我々はテレビを通して傍観者として眺めていた。しかしてその出来事は、20年近くを経過して世界中を1つの市場にするという結果(=グローバル化)を齎した。その結果を齎したものとは、何だったのか? それこそが、自由を求める心だった。
20世紀という壮大な文明実験を通して、人々は自由と対極にある束縛を体現した社会が如何に人間性を喪失させることに繋がるのかを発見した。いや、証明したと言った方が正解かもしれない。

善き人のためのソナタを聴いた主人公は、涙する。皮肉なことに盗聴というものを通して、今まで見ることのできなかった世界を見ることになる。人間の心の内を。どのような国家にも決して縛ることのできない人間的な感情を知ることになる。そしてその感情はいつしか抑えることのできない激情へと変化する。

最後に主人公は言う。
「これは私のための本だ」
この言葉は下記の言葉と重なる
「善き人のためのソナタ」

つまり、この言葉を発するに到った主人公は、「善き人」になったことを物語っている。どういう風に善き人になったのか? 芸術を解する(=善き人のソナタを聞いた人は悪人になれない)心通った人間に生まれ変わったことを暗に示している。
「本」と「ソナタ」は双方とも芸術を意味するが、実はもう1つ、この映画には隠されたメッセージがある。それは「映画」、つまり、「善き人のための映画」だということ。
そういう映画をドイツで創作できるようになり、また観ることができるようになったことは、世界が変わったことを表している。そう、「我々は今、自由な世界に生きているのだ」という強烈なメッセージをこの映画は発している。

|

« 官僚がおかしくなった訳 | トップページ | 政府の少子化対策=公務員極楽天国方案 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/17209624

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『善き人のためのソナタ』に観る芸術:

» mini review 07075「善き人のためのソナタ」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
解説: ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが歴史学者や目撃者への取材を経て作品を完成。アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品としても注目を集めている。恐るべき真実を見つめた歴史ドラマとして、珠玉のヒューマンストーリーとして楽しめる。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) 原題 DAS LEBEN DER AND... [続きを読む]

受信: 2007年12月 7日 (金) 16時37分

« 官僚がおかしくなった訳 | トップページ | 政府の少子化対策=公務員極楽天国方案 »