« 21世紀型演説のススメ | トップページ | 「サブプライム問題」という枕詞(まくらことば) »

物価上昇(インフレ)という自己実現

 ガソリンだけは一時的に値段が下がった(元に戻った)ものの、今年は小麦を始め、あらゆる物が値上がりすることになっている。値上がりしない物はタバコ位らしい。(既に値が上がっているため?)
 これだけ物価が上がり出すと、まるでインフレ経済とも呼べそうだが、これが政府の目標とした「デフレ脱却」というのなら、笑い話だと言える。
 全国民が待ちに待ったデフレ脱却が、現在の物価上昇というインフレ現象であるのなら、この状況は、まさしく国民が待ち望んだ結果ということになるが、果たして、この物価上昇で喜んでいる国民がどれ位いるというのだろうか? おそらく喜んでいるのは、混乱に乗じて便乗値上げに踏み切った既得権益者ぐらいのものだろう。

 以前にも当ブログで述べたことがある(→「デフレ脱却」というお題目)が、「デフレ脱却」という言葉が如何に間違ったものであったかが証明された格好となったようだ。
 現代日本のデフレというものは本来、大部分の国民(=消費者)にとっては、プラス環境であり、わざわざ脱却などしなくてもよいのである。100円ショップが有る生活と無い生活ではどちらが消費者にとってプラスであるのかを考えれば答えは明白だ。

 高度経済成長期のインフレの場合は、物価以上に収入が上がったため、国民はインフレ自体を考える必要がなかった。つまり、インフレ自体が好況だったのではなく、物価以上に収入が上がったことを好況と呼んでいたのである。(=つまりデフレ)
 ところが現代では収入が固定(または減少)のままで物価だけが上昇している。デフレ脱却が齎すインフレには、良いインフレと悪いインフレがあることに気が付かないといけない。

 先にも述べたように、
  良いインフレとは“物価以上に収入が上がること”であり、
  悪いインフレとは“収入以上に物価が上がること”を指す。

 現代の物価上昇がどちらであるかは火を見るより明らかだ。現代日本のような、ただでさえ物価や人件費が高止まりしているような国は、収入が上がる人よりも下がる人の方が多くなる可能性が高い。世界的に収入が平準化するグローバル経済下で、成熟国に住む人間が収入を上げ続けていくことは至難の業だ。ゆえに国民は本来であればデフレ経済をこそ待ち望むべきなのだ。つまり、もともと日本の消費者にとってデフレは不況ではなく、デフレ脱却こそが不況の入口だったのである。政府は、言葉の誤用とはいえ、景気を悪化させることをスローガンとして掲げてきたという訳だ。

 世に出回っている成功法則本には、よく紙に書いたことは実現すると書かれてあるが、政府は大々的に「デフレ脱却」という言葉を公告として印刷してバラまき、人々の潜在意識という画用紙に「デフレ脱却」という言葉を刷り込んだ。人々はまさしく心で想い描いた通りに「デフレ脱却」を実現してしまったと言えるが、これはまさに喜劇であり悲劇であるとも言える。
 これ以上、無駄な自己実現をしないためにも、政府には、そろそろ「デフレ脱却」という言葉を「不況脱却」に変更することをオススメする。あるいは「インフレ脱却」でも構わないが、そうなると国民は《デフレもいけないしインフレもいけない》と思い込み、今度はスタグフレーション(不況下で生産物や労働力の供給過剰が生じているのに、一般物価水準が継続的に上昇している状態)をも招きかねないのであまりオススメできない。
 どちらにせよ、これに懲りて今後は、政府の役人も個人消費者も経済現象を正しく理解し、言葉の使い方を間違わないように気を付けた方がよいかもしれない。無論、皮肉ではあるが…。

|

« 21世紀型演説のススメ | トップページ | 「サブプライム問題」という枕詞(まくらことば) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/40841024

この記事へのトラックバック一覧です: 物価上昇(インフレ)という自己実現:

« 21世紀型演説のススメ | トップページ | 「サブプライム問題」という枕詞(まくらことば) »