« 格差社会と学歴社会の矛盾 | トップページ | バスガイドさんから見た『改正道路交通法』 »

NHKは公共団体 or 営利団体?

 NHK職員の相次ぐ不祥事問題などを経て、NHK受信料の不払いが深刻化していることから、『公平負担のための受信料体系の現状と課題に関する研究会』(総務省)は、「NHKはスクランブル方式※を採用するべきだ」という結論に達したようだ。(衛生放送のみ)

※スクランブル方式……料金を払わないと番組を見られなくする方式
 
 同研究会は受信料を公平に集めるにはスクランブル化が有効だと判断したそうだが、これには少し驚いた。言うまでもなく、お役人が一時的にでもNHKの敵に回った(?)ことに。
 まあ、それだけ受信料を支払っていない人が多いということかもしれないが、私もスクランブル方式を採用することには賛成だ。衛生放送だけでなく、全てのNHK放送をスクランブル化してもらっても一向に構わない。おそらく、NHK放送のスクランブル化は国民の総意ではないかと思う。

 これに対するNHK側は、以下のように反論している。
「スクランブルをかけ、受信料を支払わない方に放送番組を視聴できないようにするという方法は、一見合理的に見えますが、全国どこでも放送を分け隔てなく視聴できるようにするという公共放送の理念と矛盾する」

 この意見は一見、正論っぽく聞こえるが、よく考えるとこの意見自体が矛盾している。「公共放送の理念と矛盾する」と言っているが、矛盾しているのは、NHK側の言い分も同様だ。
 「全国どこでも放送を分け隔てなく視聴できるようにする」という理念は立派だが、肝心な部分が抜け落ちている。それは、「視聴料を支払った者」という言葉だ。
 「全国どこでも放送を分け隔てなく視聴できるようにする」という言葉だけでは、お金を払おうが払うまいが、誰にでも視聴できる権利が有るということになってしまう。視聴できる権利を唱うのはいいが、視聴できる条件が公共という名のもとに省かれてしまっている。これでは受信料を支払わない人間が増えるのは仕方がないと言える。
 “公共放送の理念”というのは一体、何を意味しているのだろうか? その理念自体が極めて曖昧であるがゆえに、NHK側の言い分は単なる詭弁ごっこになってしまっている。
 そもそも、公共の仕事に携わっているNHK職員が、公共人にあるまじき行為を行っていたことが受信料不払いの一因になっているのだから、「公共」という言葉を錦の御旗に掲げるのは可笑しい。

 NHK側は、以下のようにも述べている。
「市場原理によらず、視聴者の視点にたって、特定の利益や視聴率に左右されず、多様で良質な番組を放送することが公共放送の重要な役割です。(途中省略)様々な価値観を相互に尊重しあう寛容な社会の構築に役立っていくことは、民主主義社会の発展にとって大事なことだと考えています。」

 これも完全に矛盾している。「視聴者の視点」に立つのであれば、視聴者がどう思っているのかをマーケット調査して、スクランブル化した方が良いという意見が多数を占めるのであれば、その通りに判断するのが本当の民主主義社会だ。視聴者がこう思っているだろうと勝手に判断して、放送を押し付けてしまうのであれば、それは民主主義ではなく、社会主義の発想だ。
 
 NHK側は、結論として「NHKではスクランブル方式をとるべきではないと考えています。」と述べているが、スクランブル方式を採用するか採用しないかを決定するのは、本来であれば国民の判断に委ねるべきだろう。
 NHKが決定権を持っているのであれば、NHKは公共団体ではなく、企業ということになってしまう。公共団体であるからこそ、国民の判断に委ねるべきであり、それができないというのであれば、それはもはや公共の団体ではなく、私的な営利団体だということを自ら認めているようなものだ。
 
 真面目なNHK職員まで否定するつもりはないが、NHK職員には、『公共』という言葉の意味をもう少し考えてもらいたい。本来、国民に受け入れられない公共団体などは有り得ないということを。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 格差社会と学歴社会の矛盾 | トップページ | バスガイドさんから見た『改正道路交通法』 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/41272079

この記事へのトラックバック一覧です: NHKは公共団体 or 営利団体?:

« 格差社会と学歴社会の矛盾 | トップページ | バスガイドさんから見た『改正道路交通法』 »