« 通信簿のインフレにみる封建社会 | トップページ | 格差社会と学歴社会の矛盾 »

タスポカード(taspo)というトンデモカード

 今年の3月から順次taspoの導入が始まり、ようやく全国的にtaspoが知れ渡ったところで、案の定、問題点が表面化してきたようだ。
 その問題とは、ズバリ「自動販売機でタバコが売れなくなる」というものである。
 
 既に全国の9割の自動販売機にはtaspoが導入されているそうだが、実際にタスポカードを持っているのは喫煙者の12%しかいないらしい(2008年5月現在)。これでは、自動販売機によるタバコの販売が激減するのは当然の結果と言える。と言っても、タバコを吸う人が減少したわけではないので、逆に対面販売であるコンビニなどでのタバコの販売(売上)は激増していることだろう。
 
 私は数年前から禁煙しているので、タスポカードが有ろうと無かろうと別に構わないが、私の周りでタスポカードを持っている人は未だ見たことがない。そしてタスポカードの存在を認めている喫煙者にも会ったことがない。
 一体、このtaspoとは何なのだろうか? taspoの導入目的は「未成年者の喫煙を防止するため」と唱われているが、よく考えると矛盾していると思われる可笑しなところが多々あるように思われる。
 
 まず第一に、自動販売機での購入がいけないのに、なぜコンビニなどの対面販売ではタスポカードの提示は必要ないのか?ということだ。この一事だけ取り上げても、トンデモない矛盾であることに気付かされる。タスポカードは本人の顔写真付きであることは周知の通りだが、自動販売機で購入する場合、わざわざ顔写真などを入れる必要性は全くない。顔写真を入れる目的は、顔写真と本人が同一人物であるかを確認するためにある。ということは、本来であれば、コンビニで購入する場合にこそ、タスポカードを提示するべきであり、顔の判断ができない自動販売機に顔写真など無用の長物であることは誰にでも判るはずだ。
 本来のあるべき姿は、以下の通り。
  ・タバコの自動販売機は深夜販売を停止する。
  ・深夜はコンビニにてタスポカードを提示する。
 この2点を原則とすれば、未成年者の喫煙はある程度は防止することができるが、実際にはこの2点とも満たしていない。
 現代の自動販売機にタバコを買いに来た人間の顔を自動認証する高度なシステムが搭載されているならともかく、代理の人間(未成年者)が買いに来ても全く反応しない自動販売機になぜ顔写真が必要なのかは大いなる謎と言える。まさか、数十年先の自動販売機での販売を見越しているという訳でもないだろう。

 タスポカードの目的が本当に「未成年者の喫煙を防止するため」であるのなら、その目的を実現するためには、カードの携帯と本人確認を徹底するしか方法はない。つまり、どこでタバコを購入しようがタスポカードが必須という制度にしない限り、目的が達成されることは有り得ない。コンビニはOKだが自販機はNGなどという中途半端な抜け道だらけの制度では全くの無駄であり無意味な制度と言うしかない。
 
 余計な心配かもしれないが、taspoの導入は「未成年者であってもタスポカードを借りれば自販機でタバコが買える」という本末転倒な制度になってはいないだろうか? 結果的に、タバコではなく、taspo付き自動販売機自体の販売増を狙った制度になってしまったのではないだろうか?
 いずれにしても現在のところ、タスポカードの導入は明らかな失敗と言えそうだ。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 通信簿のインフレにみる封建社会 | トップページ | 格差社会と学歴社会の矛盾 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

たばこをやめようかと思っています

投稿: FX40Years | 2008年5月15日 (木) 14時27分

コメント、有り難うございます。
タバコはまさしく「百害あって一利なし」であり、余計な税金の無駄払いです。また、ニコチンやアルコールなどへの依存心は病の元になります。できるだけ早めにやめられることをオススメします。
もし、タスポカードがタバコをやめる原因になっているのであれば、タスポカードの存在も満更ではないかもしれませんね。

投稿: 管理人 | 2008年5月15日 (木) 21時11分

タスポカードはどろぼうだ。1000円入れてタバコ一箱買ったのに釣り銭くれん。お陰でたの買い物出来なくなった。ひどいね!

投稿: えいたろう | 2016年10月 8日 (土) 08時21分

チャージしてないけど、チャージにいったんではないかとおもって他の自販機で試したがいってない、タスポに電話したらこれは秒毎に金がかかる。おまけに時間外です。本当にひどいね!(;o;)

投稿: えいたろう | 2016年10月 9日 (日) 07時46分

自販機の電話番号消えてるよ。何回もタスポに電話すると、釣り銭よりも電話有料料金のほうが、高くなるよ。愛煙家は社会的に弱い立場なのに、タスポまで味方でなくいじめるんか?

投稿: えいたろう | 2016年10月 9日 (日) 12時09分

本音税収は欲しいが建前はいじめてやれ。考えることが虫がいい。ニコチン依存症にして、税金稼ぎまくって虫がよすぎる。タバコ日本では販売禁止にするのが、すっきりする。そうすれば喫煙あきらめ、皆健康になるんでは?

投稿: えいたろう | 2016年10月22日 (土) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/41150735

この記事へのトラックバック一覧です: タスポカード(taspo)というトンデモカード:

« 通信簿のインフレにみる封建社会 | トップページ | 格差社会と学歴社会の矛盾 »