« 「学歴社会」と「官僚社会」の歪な共通点 | トップページ | 現代版「風が吹けば桶屋が儲かる」 »

スタグフレーション国家『日本』

 バブル的な様相を呈していた原油先物価格が下落に転じ、一時期、騒がれていたような深刻な不況突入感は少しは和らいだとはいえ、未だにガソリン価格は高値止まりしており、物価の方も上がったままで、この先、下がるという見通しもたっていない。
 デフレ経済がインフレを通り越し、すぐさまスタグフレーションに陥ってしまったことは非常に興味深い。インフレ経済を待望していたエコノミスト達も、この現状を観るにつけ、少しは目が覚めたのかもしれない。
 物価が下がることを目の敵にしていた人達は、《物価が上がれば景気が良くなる》という思い込みに支配され、物価が下がり続けることを「悪」だと騒いでいた。しかし、いざ物価が上がり出すと、今度は物価が上がることが「悪」だと騒いでいる。これはどういうことかと言うと、答えは極めて単純な理屈だ。

 デフレ・インフレ・スタグフレーションの関係を簡単に定義づけると以下のようになる。

 デフレ・・・・・・・・・物価が下がるが収入も下がる
 インフレ・・・・・・・・物価が上がるが収入も上がる
 スタグフレーション・・・物価が上がるが収入は下がる

 上記の定義から言えることは、デフレやインフレは一概には悪いものとは言い切れないということだ。デフレの場合は物価の下落率が収入の下落率を下回らない限り、生活水準は上がることになる。インフレの場合も同様に、物価の上昇率が収入の上昇率を上回らない限り、生活水準は上がることになる。
 しかし、スタグフレーションの場合は物価のみが上がるのだから、仮に収入が固定のままでも生活水準は下がらざるを得ない。
 不況のバロメーターというものは本来、“物価”ではなく“生活水準”で計るべきものだ。物価が上がる下がるに関係なく、生活水準が満たされているのであれば何の問題もない。つまり、物価と収入のバランスが一定していれば生活水準は維持することができるのである。物価の動向だけを見て騒いでいた人達の意見は根本的に間違っており、物価だけを見ているだけでは不況かどうかは判断できない。物価と収入のバランスが崩れることをもって不況と呼ぶのだ。この作用が逆に働けば好況と呼べることは言うまでもない。

 以上のことは、日本のワーキングプア問題にも当てはまるかもしれない。働いても働いても一向に生活水準が改善しないというワーキングプア問題の本質は、労働の質や量に対しての物の価値(物価)が釣り合っていないということができる。要するに、収入自体が低いことが問題なのではなく、物価が高過ぎることが問題なのだ。現在、年収が180万円以下の人をワーキングプアと位置づけているそうだが、その収入が低いことが問題というよりも、180万円で手に入れることのできる物が、本来の価値以上に高止まりしていることが問題なのだ。

 日本は世界的にも物価が高いことで有名な国だが、なぜ物価が高いのかというと、税金を含めた中間マージン的なものがあまりにも多く含まれ過ぎているためだ。好況時に、コスト意識を持つことなく上がってしまった物価の中には、物としての価値以外の余分な価値があまりにも付加され過ぎてしまったことによって、物価自体が本来の価値以上に高価な物になってしまっているためだ。その付加された価値の中には既得権益者達の人件費などが多く含まれていることは言うまでもない。それを維持するために、ワーキングプアと呼ばれる人達が犠牲になっている…というのは少々言い過ぎかもしれない(それ以外にも理由があるため)が、それが一因になっていることは間違いない。

 確かに、既得権益者達がその利権を手放すことによって、ワーキングプア問題は少しは改善されるだろうが、グローバル経済下におけるワーキングプア問題自体は依然として残ることになるだろう。
 日本が開かれた世界経済に素直に足を踏み入れると、ワーキングプア問題はこの程度では済まないだろう。世界中の労働者が同じ土俵の上に立てば、真っ先に地獄を見るのは日本の労働者ということになるだろう。かと言って、このまま鎖国的な経済状態を維持することも、蛇の生殺しか、茹で蛙(ゆでがえる)になることを意味している。
 政府もこのバランスを維持することに必死(?)なのかもしれないが、そのバランスを維持し続けることは極めて難しいと思う。それはデフレやインフレのバランスを保つこと以上の無理難題とも言えるだろう。そういう意味では、既に日本自体が、別の意味でのスタグフレーションに陥っていると言えるのかもしれない。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 「学歴社会」と「官僚社会」の歪な共通点 | トップページ | 現代版「風が吹けば桶屋が儲かる」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
ベトナム大好きと申します。
ベトナムについてのブログを書いてます。
先日、TBさせていただきました。
有難うございます。

投稿: ベトナム大好き | 2008年8月15日 (金) 02時19分

ベトナム大好き様

コメント有り難うございます。

ベトナム株式とベトナム経済の研究とは、なかなか先見性のある研究ですね。
私もベトナム株式については、全くの未経験者なので、今後、機会があれば参考にさせていただきます。

投稿: 管理人 | 2008年8月19日 (火) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/42125180

この記事へのトラックバック一覧です: スタグフレーション国家『日本』:

» ★ベトナム 裾野産業★ [★ベトナム株式・金利・経済★最前線情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)ベトナムからSony Vietnam社が撤退したブログを先日記載しました。Sony Vietnam社がベトナムに進出した理由は、電子部品を輸入した場合、高い税金がかけられていること。その保護政策を利用して、ベトナム国内で組み立て工業を行う。というものでした。Sony Vietnam社がベトナムから撤退する理由は、作る製品が時代遅れとなり需要がなくなったことによるものでした。現在、多くの自動車メーカ... [続きを読む]

受信: 2008年8月10日 (日) 14時59分

« 「学歴社会」と「官僚社会」の歪な共通点 | トップページ | 現代版「風が吹けば桶屋が儲かる」 »