« 『不合理主義』の崩壊と『合理主義』の台頭 | トップページ | 『文民統制』よりも危険な『情報統制』 »

アメリカ民主党と日本民主党の大いなる違い

 米国の大統領選挙は大方の予想通り、民主党のバラク・オバマ氏が勝利した。
 マケイン氏率いる共和党にとって、都合悪く表面化したアメリカの金融危機問題は致命的であったとも言えるが、逆にオバマ氏にとってはまさに神風とも言える出来事であったのかもしれない。あるいは、彼は時代を味方に付けることができるほどの強運の持ち主だったと言えるのかもしれない。今回のアメリカ大統領選挙を観て思われることは、オバマ氏と日本の政治家達との“違い”に尽きる。オバマ氏と日本の政治家達の違いとは一体何なのだろうか?
 
 オバマ氏が今後、アメリカ経済を立て直すことができるのかどうかは未だ未知数ではある。しかしオバマ氏は、非常に演説が上手い政治家というイメージがある。そして、自分の考えを素直にストレートに述べているようにも感じられ、非常に好感度の高い政治家と言える。そして実際に理想に燃えた純粋な目をしている。その眼差しは、日本の政治家達の眼差しとは明らかに違って見える。
 
 オバマ氏は、上を(観客を)向いて自分の考えを基に演説しているが、日本の政治家は、下を(机を)向いて演説しているように見える。日本の政治家達は、作文を読んでいるだけというイメージが強く、お世辞にも理想を語っているようには見えない。
 日本の政治家達は、『言葉狩り』や『揚げ足取り』ネタにだけは鋭く目を光らせている。このため、政治家達は理想を語る以前に、いちいち言葉を選ばなければ演説もできないという窮屈な立場に置かれている。そのせいか、当たり障りのない建前しか語れない(建前しか語る気がないのかもしれないが…)という悪循環に陥っている。
 
 そんな中で、橋下知事や、中山大臣、田母神氏といった本音を語る人間達もチラホラと出てきた。しかし、本音を語った人間は、即刻退場という言論封殺まがいのことがいとも容易く為されてしまう。田母神氏はこの日本の現状に対し、「政府見解に一言も反論できないとなると北朝鮮と同じだ」と断じた。この発言もまさしく彼の本音なのだろう。公の場でこのような発言をする人物が現れたことは非常に興味深い。
 
 私は右翼でも左翼でもないので、田母神氏を持ち上げる気もなければ批判する気もない。しかし、本音を語ろうとする姿勢は素直に評価したいと思う。誤解を恐れずに言えば、建前しか語れない政治家よりは、本音を語った田母神氏の方がはるかにまともだと思う。

(注意)ここで述べた“まとも”というのは、日本の将来を憂いているという意味での“まとも”であって、「日本が侵略国家ではない」と言うことが“まとも”と言っているわけではありません。私はその時代の生き証人ではないので、その意見が正しいか間違っているかを判断する立場にはありません。
 
 田母神氏の発言を受けて、民主党の小沢氏は自民党の責任追及に余念がないようだが、そんな批判を重ねることが国民の幸福と何の関係があるというのだろうか? 仮に自民党が謝罪したとして、日本経済に何か良い影響でもあるのだろうか?
 国民から「単に選挙に有利になるためだけの批判だ」と思われるだけであれば、民主党にとってはマイナスにしかならないと思えるが、それでも建前に固執しなければならないのだろうか? はっきり言って、今回の小沢氏の批判には、国民は辟易としていると思う。

 例えば、オバマ氏が共和党員の発言に対して、このような批判演説を繰り返していれば、アメリカ国民はどう思うだろうか? オバマ氏が演説で、一国の未来ではなく、他党の批判演説ばかりを行い、夢も理想も語ることができずにいれば、今回の選挙は一体どういう結果になっていただろうか? オバマ氏が他党の揚げ足を取ることだけに目を爛々と輝かせていればどうなっていただろうか?
 小沢氏及び日本の民主党(または全政党)にはその辺のところを、よく考えてもらいたいものだ。真に政権を奪取(または保持)したいのであれば、『同じ民主党(または政治家)でもアメリカと日本では天と地ほどの開きがあると思えるのはなぜか?』ということをもっと深く考えるべきだろう。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 『不合理主義』の崩壊と『合理主義』の台頭 | トップページ | 『文民統制』よりも危険な『情報統制』 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/43024230

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ民主党と日本民主党の大いなる違い:

« 『不合理主義』の崩壊と『合理主義』の台頭 | トップページ | 『文民統制』よりも危険な『情報統制』 »