« 「マンガ総理」から「マンガ政治」へ | トップページ | BOOK『マスゴミ崩壊』 »

時代錯誤な借金猶予(モラトリアム)制度

2009092501 民主党が、社民党・国民新党と連立政権を組んで話題になったのはつい先日のことだが、早くも連立における問題点が噴出しているようだ。中でも亀井氏が、経済音痴としか思えないトンデモ発言を連発していることが大きな問題になっている。その発言内容たるや、本当にこれが現代の政治家の言葉か?と疑いたくなるほどにお粗末極まりない。そのあまりの幼稚ぶりに、経済界からは嵐のような批判の声が上がりつつある。
 
 彼の発言で今最も注目(無論、悪い意味での注目)を集めているものが、銀行からの借金の元本返済を3年間猶予するという返済猶予(モラトリアム)制度だ。早い話が、「銀行は中小企業や個人の借金の返済期限を長期化せよ」ということだが、これはもう政治家の意見というよりは、世間知らずの老人の発言(暴言)としか思えない。
 
 亀井氏曰く「銀行が借り手の立場を考えないから国が口出ししようという話だ」ということらしいのだが、これでは自ら社会主義者だと認めているようなものだ。
 「銀行が借り手のことを考えない」というのは、ある意味では当たっているが、ある意味ではハズレている。銀行が必要以上に借り手のことを考えられなくなっている背景には、役人の規制問題がある。役人の無駄な規制によって、借金をすることも、借金を返すこともできなくなっている民間企業(特に建築業界)の実体(悪循環)を理解した上で言っているのだろうか?
 
 例えば、友人から「お金を貸してくれ」と頼まれた場合、いくら親しい友人であっても、ある程度の返済期限というものを設けるのが一般的だ。もし、あなたが友人に10万円貸していて、その返済期限を3年伸ばしなさいと言われた場合、どうするだろうか? 「はい、いいですよ」と素直に受け入れるだろうか? 仮に受け入れたとしても、再度、その友人から「お金を貸してほしい」と言われた場合はどうだろう? その時、多くの人はこう思っているはずだ。「お金を貸すのはストレスになるので、なるべく貸さないようにしよう」と。この思考は、個人を銀行に置き換えても、おそらく変わらないだろう。つまり、借金返済期限のモラトリアム化などを行うと、銀行の貸し渋りが更に増加することになるわけだ。
 
 亀井氏の頭の中には、《困っている庶民を助けることができるのが良い政治家だ》という昔ながらの思い込みがあるのかもしれないが、現代の良い政治家の条件とは、(以前にも述べたが)鼠小僧になることではない。国民が生活する上で障害になっているものを取り除くことができる人物こそが現代の(良い)政治家だ。後先考えずにお金をバラまいたり、過保護に生活の面倒をみることが良い政治家とは限らないのだ。
 そもそも政治家というものは慈善事業を行うことが仕事ではない。それに、慈善事業を行うには有り余るほどの原資が必要だ。その原資たる税収が激減している時代に、慈善事業などを行おうと考えること自体が馬鹿げている。その思考自体が、借金思考(将来世代への借金肯定思考)とも言える。借金思考の人物が、借金制度のモラトリアム化を唱えているわけだから、あまりにも説得力に欠けるというものだ。

 銀行がお金を貸さないなら国が銀行にお金を貸すように指導するなどという単純な社会主義発想ではなく、どうすれば銀行がお金を貸すような自由な社会になるのかということを奥深く見つめる視点こそが重要だろう。
 それが解らないということであれば、残念ながらその人物は政治家の器ではない。少なくとも、そんな無知な政治家が国民を正しくリードすることなどできるはずがない。

 亀井氏のイメージを一言で言い表せば「時代錯誤」という言葉がピッタリと当てはまる。もはや政治家というよりは、人の良い世間知らずの田舎の老人そのまんまとも言える。決して悪人ではないのだろうが、残念ながら日本の将来を任せられる政治家とは思えない。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 「マンガ総理」から「マンガ政治」へ | トップページ | BOOK『マスゴミ崩壊』 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

これから、どうなって行くでしょう?新体制も微妙にゆれているようですが。

投稿: sib | 2009年9月30日 (水) 06時32分

sib様

 コメント、有り難うございます。

 政権が民主党に交代したものの、むしろ経済状況は悪化・後退しているかに見えます。直近1ヶ月間の株価上昇(下落)率も先進国の中では最低になっているようです。(予想通りの展開とも言えますが)

 現代は、“政治が主体となって景気を良くする”という発想ではなくて、“民間が主体となって景気を良くしていく”という発想に切り替えることこそが官民全ての喫緊の必須課題だと思います。
 役人や政治家はあくまでも黒子に徹して、縁の下の力持ち的な存在であるべきなんでしょう(そうであってこそ尊敬されるべき賢者だと言えます)が、現状ではそうはなっていません。この歪んだ構造を改めない限り、景気の回復は望めそうにありません。

投稿: 管理人 | 2009年9月30日 (水) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/46312262

この記事へのトラックバック一覧です: 時代錯誤な借金猶予(モラトリアム)制度:

» ヨン様入院 ペ・ヨンジュン倒れる 来日予定はどうなる? [ペ・ヨンジュン入院 ヨン様たおれる! 冬のソナタ]
人気俳優のペ・ヨンジュン ヨン様 がたおれ、ソウル市内の病院に入院。 [続きを読む]

受信: 2009年9月26日 (土) 02時35分

» 借金の返済は [融資これがほんとの話]
いい情報を集めてから。ここをどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 21時25分

» 借金まみれ [借金まみれ解決ブログ]
わたしがおすすめするのが、借金まみれになっちゃった人にです。これをおすすめしたいのには理由があります。他のものとは違い、か~なり興味深い部分があるのです。借金まみれ の問題は一人で悩んでいるだけでは解決しません。 借金まみれ になっちゃったらまずは専門家に無料相談してみてはいかがでしょうか?借り入れの初心者の人や、消費者金融に興味のある人に是非見てもらいたいものが、当サイトです。 借金は生活を豊かにする為には欠かせないものです。 賢く管理して、借金まみれ で困ることのないよう...... [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 03時38分

« 「マンガ総理」から「マンガ政治」へ | トップページ | BOOK『マスゴミ崩壊』 »