« 『掃除』という義務教育は必要か? | トップページ | 『時効廃止』の経済学 »

衆愚政へと至る道と、衆愚政から脱する道

2010022401 このところの日経平均株価は、節目の10000円を挟んで拮抗しており、ボックス相場からなかなか抜け出せずにいる。景気の先行き見通しが株価に反映されているとも言えるのだろうが、ちょうど1万円というのは心理的な節目にもなっているようだ。しかし、未だに経済拡大政策を無視し続けている民主党政権下で1万円を維持し続けていることは、ある意味、日本経済の底力の現れとも言えるのかもしれない。これで与党が、社会主義政策を停止してくれれば株価にも良い影響を与えるのかもしれないが、バラマキ重視の政策にひた走る現政権を見る限りでは、あまり期待し過ぎても裏切られる可能性の方が高いと言えそうだ。

 ポピュリズム(人気取り)政治に陥った現政権は、かつての田中角栄型のバラマキ政策を遂行することしか頭にないようなので、このまま政権が続いても景気が良くなることはまず有り得ないと考えた方が良いかもしれない。田中角栄の時代であれば、バラマキを行う余力がまだあったのかもしれないが、20年間も経済停滞期が続いている現代日本においてバラマキ政治を行うなどは、とても正気とは思えない。投資としてのバラマキであればいざ知らず、なんのプラスにもならない捨て金としてのバラマキなどを行っても、一時的な対症療法にしかなり得ず、抜本的な経済立て直しには繋がらないだろうことは子供にでも解る理屈だ。と言っても、この国の多くの人々(大人の有権者)は、未だに《お金をバラまいてくれる政治家が偉い政治家だ》と本気で思っているようなので、心ある政治家であってもポピュリズムに陥らざるを得ないという状況も無視するわけにはいかないだろう。心ある政治家が如何なる正論を述べたとしても多くの人々の賛同を得ることができなければ選挙に当選することができない。そういった理想とは程遠い社会になってしまっていることこそが問題だとも言える。

 かつて、プラトンが述べたような「賢人政治家」なる人物が現代の日本社会に仮に現れたとしても、歪んだポピュリズム社会の前では、閉口せざるを得ないかもしれない。誤解を恐れずに言えば、この世の中には賢人よりも愚かな人の方が遥かに多いわけだから、多数決で政治の方向が決まるのであれば、必然的に愚かな政策を選択せざるを得ないということになる。衆愚政治とはまさにそういうことであり、現在の民主党が陥っているのもまさしく典型的な衆愚政治だ。
 この「衆愚政治からの脱却」とは、イコール「社会主義政策からの脱却」に他ならない。はっきり言ってしまうと、社会主義政策から脱却する気もない政党に現代日本の政権を担う資格は無い。それは資格が“無い”と言うよりも、景気を良くしようという発想自体が“無い”ことを意味している。早い話、現状を維持することしか頭に無いわけだ。これでは官僚の発想と全く変わらない。これで「官僚政治からの脱却」などと宣っているのだから何をか言わんやである。
 
 衆愚政に陥らないためにはどうすればよいか? これは万国共通の普遍的テーマでもある。衆愚政とは国家が生まれつき抱えた宿痾(しゅくあ)のようなものとも言えるが、人間が愚かである限りは、この国家病を避けて通る術はない。しかし、教育によってはある程度は改善できる可能性がある。
 現代日本のように他人からお金を恵んでもらうことが当たり前というような嫉妬社会の到来を招いてしまった原因も、結局のところ、戦後の悪平等教育によるところが大きいのではないかと思える。
 昔のような武士道や勤勉・勤労の精神というものが心の深い部分に刷り込まれていれば、「働かざる者、食うべからず」というような健全な思想を当然の如く共有することができるのだろうが、横並びの悪平等教育を国の教育の柱にしていたのでは、まともな精神性など身に付くはずもない。なぜなら、“悪平等教育”とは“ロボット教育”に他ならないからだ。判で押したような型に嵌まった人間の眼には、自分と違った価値観を持った人間はどのように見えるだろうか? おそらく“異質な敵”のように見えてしまう場合もあるはずだ。自分よりも優れた者に対しては嫉妬し、自分よりも劣った者は蔑むという、イジメ社会の原型なるものが悪平等教育の中に入り込んでしまっているわけだ。そんな教育を行っていながら、「イジメはいけない」などとよく言えたものだと感心してしまう。

 そういった意味において、マルクス思想に取り憑かれた左翼思想家が齎した害悪は殊の外大きいと言える。人間の精神性というものを否定した物質万能の左翼思想は、結果的に人間の成長自体をも否定することに繋がってしまう。そういう危険性を見抜くことのできなかった似非思想家達の罪は重いと言わざるを得ない。
 「平等」という一見、誰にも否定できない美しい言葉でその歪んだ思想を覆ってはいるものの、マルクス思想の根底にあるものは、被害妄想から生まれた嫉妬思想でしかない。
 マルクスの時代であれば、資本家階級というものが実際に存在していたので、まだ理解できるものの、現代の日本には同じ意味での資本家階級などはもはや存在していない。そんな時代にあって凝りもせずに、「資本家は悪!」とか「金持ちは悪!」などという妄想を振りまいていたのでは、いつまで経ってもまともな社会にはならないだろう。

 過去の亡霊にいつまでもしがみつくことは止めて、新たな一歩を踏み出すこと、それが現在の政権および日本国民に求められていることであり、日本経済を復活させる最善の近道でもある。そして、その善意で舗装されていない茨の道こそが衆愚政から脱出する唯一の道でもある。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 『掃除』という義務教育は必要か? | トップページ | 『時効廃止』の経済学 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご参考までに。

「マルクス主義と共産主義の違いを教えてください! 」
http://blogs.yahoo.co.jp/assocy/19564079.html


「マルクスが共産主義を批判した! 」
http://blogs.yahoo.co.jp/assocy/12088943.html

投稿: 阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) | 2011年12月26日 (月) 23時55分

m(. ̄  ̄.)m 連投ご容赦ください。

悪平等批判は,マルクス自身がすでに行っています。

%%%%%%%%%%↓引用開始↓%%%%%%%%%%
一切の私有財産の思想は、少なくとも、より富裕な
私有財産にたいしては、妬みと均分化の要求として
立ちむかうのであって、その結果、それらは競争の
本質をさえかたちづくることになる。粗野な共産主
義者は、頭のなかで考えた最低限から出発して、こ
うした妬みやこうした均分化を完成したものにすぎ
ない。彼は特定の限られた尺度をもっているのであ
る。私有財産のこのような止揚がいかにわずかしか
現実的な獲得となっていないかということは、教養
と文明の全世界が抽象的に否定されていることが、
すなわち私有財産を超え出るどころかいまだかつて
私有財産に到達したこともないような貧困で寡欲な
人間の不自然な単純さへと還帰するものであること
が、まさに証明している。
(『経済学・哲学草稿』)
###############XX引用終わりXX###############

投稿: 阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと) | 2011年12月27日 (火) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/47655330

この記事へのトラックバック一覧です: 衆愚政へと至る道と、衆愚政から脱する道:

« 『掃除』という義務教育は必要か? | トップページ | 『時効廃止』の経済学 »