« 法人税の減税と相続税の廃止効果 | トップページ | 新『メーデー』のススメ »

郵政国営化で確定する日本の未来

2010033001 先週、国民新党の亀井氏がまたもや暴言を吐いたことは周知の通りだが、今度は、ゆうちょ銀行への預金限度額を2倍の2,000万円にすると述べたらしく、大きな問題となっている。
 現在の郵便局や銀行はペイオフ金額を1,000万円と規定しており、1,000万円を超える預金は保証できないことになっているが、一般の銀行は無視して、ゆうちょ銀行のペイオフ金額のみをいきなり2倍に引き上げる(?)つもりらしい。加えて、かんぽ生命の保険金限度額も約2倍(2,500万円)に引き上げる。そして極めつけは、非正規社員10万人を正社員化するとも伝えられており、相変わらずの無茶苦茶ぶりに批判が殺到しているようだ。(ちなみに現在の郵政職員は24万人)
 
 端から観ていると、亀井氏は郵政民営化に対して相当のルサンチマン(復讐心)を抱いているように感じられる。国民の意向など全く感ぜずという感じで、なにがなんでも(独善的に)郵政国営化を復活させたいらしい。
 先日、ブログのコメントでオススメされた高橋洋一氏の『日本経済「ひとり負け!」』を読んでみると、ちょうどよいタイミングで郵政問題について書かれてあったので、この場を借りて紹介しておこうと思う。
 
 高橋氏によると、郵政がこのまま国営化されると毎年1兆円の負担が国民の肩にのし掛ってくるらしい。(つまり国民1人当たり1万円の増税)
 郵政民営化問題(郵政選挙)が騒がれた時は、よく「郵便局は黒字経営なので税金は投入されていない、ゆえに郵政を民営化する必要はない。」と伝えられていたが、どうやらこれも(やはり)デタラメであったらしい。直接的には税金は投入されていなかったが、2001年の財政投融資改革までは巧妙な形で間接的に税金が投入されていたことが明かされている。現状は超低金利が幸いして破綻が表面化せずに済んでいるだけであるらしい。
 高橋氏曰く「郵貯は国営の個人国債の売りさばき機関」だということで、このままでいくと15年以内に潰れるということらしいのだが、これがもし本当だとすると、亀井氏の一連の発言は一体何を意味するのだろうか?
 
 統計やデータを基にした数理学で経済を語るエコノミストは数多い。過去の統計やデータというのは言わば「過去の常識」を基にしているということでもあるので、現代のような予測不可能な時代ではほとんど役に立たない。しかし、高橋氏のような数学の天才のような人が言うと妙に納得させられてしまう。昔から「本当に頭の良い人は難しいことを簡単に述べることができる」と言うが、高橋氏の場合もあるいはそうなのかもしれない。簡単なことを無理矢理に難しくしている巷の似非エコノミスト達とは明らかに一線を画している。
 郵政問題以外にも本書には様々な誰も書か(け)なかった日本経済ひとり負け論が満載されている。しかし、2点だけ気になる箇所があった。これから本書を読まれる人もいるかもしれないので、少しだけ触れておきたいと思う。その2点とは、定額給付金年金制度における認識についてである。
 
 世間一般で、あれだけ騒がれて批判された「定額給付金」だが、高橋氏にとっては「最も公平な財政政策」であるらしい。ただ、1人12,000円では安過ぎたということで、1人30万円であれば需給ギャップを埋めることができたと述べられている。注目すべきは、それだけの巨額のお金を刷ってバラまいてもほとんどインフレにはならないということが数理的に証明されている点だ。
 お国の経済状態を理解せずに単なる選挙活動で小銭をバラまいたということは批判されるべきだが、理解した上で実効価値のある公平なバラマキを行っていれば、今頃は麻生総理のお株も少しは上がっていたということなのかもしれない。
 同じく財政政策のエコポイント制度などは、エコポイントを管理する天下り団体を創ることに繋がるので問題だと述べられている。
 しかし、私が思うに先の定額給付金にしても、配るだけで数百億円の経費を費やしたということなので、天下り団体はできなかったとしても、役所が焼け太りしたことに変わりはないように思う。個人的な意見を述べさせてもらうと、最も公平で効果的な財政政策は「エコポイント」でも「定額給付金」でもなく、「減税」だろうと思う。(高橋氏も減税はマトモな財政政策だと述べている)
 
 もう1つは年金制度についてだが、高橋氏は「年金制度は破綻しない」と述べている。一言で言えば、「入ってくるお金が減ったとしても受給額を下げることで対応できる」ということなのだが、これも誤解を招く恐れがある。
 「少子化によって年金制度は破綻するか?」という質問には、実は2通りの解釈が存在する。1つは、「現状の年金制度を維持できるか?」というもので、この答えはもちろん「ノー」である。しかし、「賦課方式としての年金制度を維持できるか?」というと、実はできる。どうやって? 受給額を下げることによって。
 しかし、それはあまりにも詭弁じみた解釈であり、あまりにも現実味のない解釈である。確かに年金の受給額を限りなく減額していけるのであれば、年金制度が破綻することはない。だからといって「年金制度が破綻しない」と言うのは(高橋氏が嫌う官僚の)言葉のマジックのようなものだとも言える。
 制度自体を継続させることは可能でも、実際に支払った金額以上の年金が受給できないということであれば、誰も年金などに見向きもしなくなるだろう。そんな状態に陥ってしまえば、実質的には制度は破綻していると言っても過言ではない。
 このことは“年金”を“会社”に置き換えて考えてみればよく解ると思う。売上も利益も減少の一途を辿っているような会社であっても、際限なく人件費(給料)を下げることができるのであれば、会社は破綻せずに済むだろう。しかし、そんな会社で一生働こうと思うような酔狂な人はまずいない。年金制度もこれと同じで、制度だけが生き残っても意味がないということである。

 良書に対して、重箱の隅をつつく(マスコミの)ようなことを言って申し訳ないが、以上の2点だけは指摘しておきたいと思う。しかし、本書が日本経済に関心のある国民(特に政治家)必読の書であることに変わりはない。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 法人税の減税と相続税の廃止効果 | トップページ | 新『メーデー』のススメ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

エヴァンゲリオン・アスカのモノマネで人気沸騰中の稲垣早希が入浴ロケ中にタオルがはだけるという放送事故を…!

吉本女芸人べっぴんランキングで1位の友近に次いで2位にランクインした稲垣早希。
深夜番組「ロケみつ」で入浴シーンのロケ中に、タオルがはだけ半裸が見えてしまうという放送事故をやっちゃったという。

http://ingkskrm.blog21.fc2.com/

投稿: 稲垣早希 放送事故!入浴シーンでタオルがはだけて… | 2010年4月 5日 (月) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/47953895

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政国営化で確定する日本の未来:

« 法人税の減税と相続税の廃止効果 | トップページ | 新『メーデー』のススメ »