« 「日本的経営」という「時代の徒花」 | トップページ | 社会主義は恐ろしい【病編】 »

先祖返りするライターの悲劇

2010052601 先日、100円ライターの製造・販売禁止(規制強化)のニュースが流れていた。一体どういう理由でそんな規制が出たのか疑問に思ったが、その理由というのが、子供のイタズラ(?)を防止するためであるらしいことが書かれていた。私は知らなかったのだが、どうやら最近、子供によるライターの出火事故が増加しているのだそうだ。それで、ライターを子供には安易に着火できないような複雑な仕組みに変えなければならないということであるらしい。
 このニュースを聞いて素直に納得した人がどれだけいるのかは知らないが、私には納得できなかった。
 一応お断りしておくと、私はタバコを吸わないのでライターを持ち歩くことはなく、利用することもほとんどない。ゆえに、100円ライターの使用法が変わろうと値段が上がろうと個人的には全く差し支えない。しかし、この規制は毎度のことながら行き過ぎではないかと思われる。
 
 昔の火打石ライターやオイル式ライターは、非常に使いにくいものであったらしい。しかし現在では大人から子供まで簡単にライターが使用できるようになった。それは本来であれば喜ぶべきことであるはずだが、今回の規制は見方を変えれば、“ライターが便利になったことがいけない”というような意味合いになってしまう。子供まで簡単に火が付けられるライターは危険だということなのだろうが、少し視点がズレているように感じられるのは私だけではないだろう。

 「子供によるライターの火遊びが多いので、ライターの使用方法を難しくしてください」というような苦情が書かれた封書が消費者庁に舞い込んだのかどうかは知らないが、仮にそのような苦情が有ったとしても、なぜ多くの国民の賛同を得ることもなしに、勝手に規制が発令されてしまうのだろうか? おそらく、『ライター規制をするべきか?』というようなアンケートを実施すれば、9割以上の人は「必要ない」と答えるはずだ。消費者の意向に添った規制を行うのが消費者庁(今回の場合は経済産業省)の役目であり、それが本来の姿であるはずだ。それができないのであれば、一体誰のためのお役所なのか分からない。
 
 ライターの使用方法を難しくするということは、ライターの製造行程が増えるということであり、100円ライターは値上がりすることになるかもしれない。ライターが使い易くなって値段が上がるというならともかく、使いにくくなって値段が上がるのでは完全に市場法則を無視しており、時代に逆行しているとしか思えない。デフレ時代にあって100円ショップでは数本100円でライターが販売されているが、こういった安価なライターは店頭から姿を消し、代わりに値上がりした不便なライターが店頭に並ぶことになる。果たしてそれで消費者が喜ぶのだろうか?
  
 携帯電話を例にあげると、「ポケットやバッグに入れていて、勝手にボタンが押下されて通話状態になって困る」というような苦情なら考えられる。それと同じように、あまりにも簡単に着火されるライターであれば、「ポケットに入れていても、バッグに入れていても勝手に着火される場合があるので危険だ」というのであれば理解できる。そういう真っ当な苦情であれば聞く耳を持つべきだろう。しかし今回のライター規制の場合は少し違っている。何が違うのかというと、“偶発的事故”と“人為的事故”の違いだ。前者の場合の事故原因は“モノ”だが、後者の場合は“ヒト”である。今回の規制の場合、出火事故が発生するのは、“子供がライターを手にする環境があるから”ではなく“子供がライターを使用するから”=“ライターが有るから”という理屈になってしまっている。要するに、後者の“人為的事故”になってしまっているわけだ。
 しかし悪いのは、小さな子供がいる家庭で子供がライターを簡単に手にすることができる環境(つまり親の危険物管理)であって、便利なライターが存在することではないはずだ。

 以前のこんにゃくゼリー事故の時も同じようなことを書いた記憶があるが、ライターを悪者にしても火災事故問題が万事解決するわけではない。仮にライターが不便になったとしても、物理的な力で火が付くのであれば、完全に安全なライターになるわけでもない。それに火を付ける道具はライター以外にマッチなどもある。そのマッチで火災事故が増加した場合は、一体どうするつもりなのだろうか? まさか、「火が付きにくいマッチを製造するように」とでも言うつもりだろうか? これでは、ただの笑い話である。結局、そんな小手先の対症療法ではほとんど何の解決にもならないということだ。
 元々、ライターというもの自体が“火を付ける”という目的を持った危険物であるのだから、リスクをゼロにしようなどと考えること自体が無意味であり馬鹿げているとも言える。危険物であるということを認識した上での防止策を講じるのが常識(良識)ある大人の対応というものだろう。
 規制が大好きなお役人も、まともな思考ができる常識人であるのなら、モノばかりを悪者にするのではなく、子供の躾けや教育、または親の育児責任や危険物管理責任という根本的な原因自体を改善するという方向に舵取りしてもらいたいものだ。それができずに、どうしてもライターの安全規制を行うというのであれば、せめて“人為的事故”の防止ではなく“偶発的事故”の防止という名目に変更することをオススメする。
 
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 「日本的経営」という「時代の徒花」 | トップページ | 社会主義は恐ろしい【病編】 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/48465806

この記事へのトラックバック一覧です: 先祖返りするライターの悲劇:

« 「日本的経営」という「時代の徒花」 | トップページ | 社会主義は恐ろしい【病編】 »