« コーヒー豆の高騰と経済音痴の面々 | トップページ | 『クイズ$ミリオネア』的カンニングと学歴社会の未来 »

時間給はタイムイズマネーか?

2011022701 「タイムイズマネー」というベンジャミン・フランクリンの有名な言葉がある。日本語にすると「時は金なり」という意味であり、日本でもよく使用される言葉でもある。
 この言葉を地でいく(?)制度に『時間給制度』というものがある。1時間当たりの労働量を計る基準として、この時間給を採り入れている職種は多岐にわたるが、パートやアルバイトという労働形態は全てこの時間給によって成り立っている。そして正社員の月給制度も細分化して考えると、仕事を時間で計ろうとする考えがその基になっている。その証拠にサラリーマンの残業代や休日出勤代は月給から時給を割り出して計算されている。

 かつての高度経済成長期の日本では、仕事が有り余っているような状態で、常時、労働力が不足しているような有り難い経済情勢であったため、企業はあらゆる職種にこの時間給という制度を採り入れた。
 日本では、時間で計れる職種であろうとなかろうと、職種に関係なく規定就業時間(定時)以降に居残りすれば『残業代』というものが支給されるようになった。しかし、そういった大盤振る舞いができた背景には“定時まで行う仕事量が常時確保されている”という恵まれた時代環境が存在したということを忘れてはならない。

 定時以降に会社に残りさえすれば無条件に超過勤務手当(残業手当)が支給されるような時代では、当然のことながら、サボることによって空残業手当を手に入れようとする輩が大量に生まれた。公務員の空残業などはその良い例である。

 「タイムイズマネー」とは本来、“労働を行うことによって労働時間がお金に変化する”という合理主義的な意味であったにも拘わらず、日本の恵まれた経済環境下では、“職場に居残りさえすれば自動的にお金が手に入る”という都合のよい言葉に変化した。つまり、日本では「タイムイズマネー」という言葉が、“仕事をできるだけ時間内でこなそうという合理主義者”と、“仕事はなるべく時間外でこなそうとする不合理主義者”の双方に意味を為す言葉に変化してしまったということである。
 “お金を得る”という目的を果たすことだけを考える不合理主義者にとっては、仕事をサボることが合理的な手段(?)に成り得た時代だったというわけだ。
 
 本来、仕事量を時間で計るというのは非常に難しいことでもある。実際に、時間で計れる仕事というのはあまり無いのではないだろうか? 例えば、スーパーのレジ打ちのアルバイトにしても、1時間に来店するお客の数が一定ということは有り得ないし、お店によっても大きく違う。人気のあるショップであれば、常時、レジにお客が並んでいるだろうが、ほとんどお客の来ないようなショップであれば、1時間に数人程度しかレジを通らないということもある。しかし、大抵、レジ打ちのアルバイトの時給は一定であり、こなした仕事量ほどの差はない。1時間に100人がレジを通るショップと1時間に10人しかレジを通らないショップが、ほとんど同じ時給なのであれば、結局のところ、“仕事量は時間では計れない”ということになる。しかしそれでも時給が適用されているわけだから、考えてみれば不条理な社会である。
 
 現代のように経済が不安定で、仕事自体が高度化した社会では、仕事量を単純に時間で計るというようなことは不可能に近くなっている。産業革命以前の単純な農作業が主体だったような時代では、人間1人の仕事量を時間で計るということは、ある意味で仕方のない判断基準であったのかもしれないが、仕事が高度化すればするほど、人間1人でこなせる仕事量にも大きな差が発生する。特に知的労働においては、個人の能力差によって仕事量は数倍どころか数十倍になるようなことも十分に有り得る。

 もともと『時間給』というものは、「人間1人が行える仕事量は同一だ」とするマルクスの思想【労働価値説】が基になっている。先にも述べた通り、マルクスの時代であれば、そういう考えも成り立ったのかもしれないが、現代では、このような思想は時代遅れの妄想でしかない。例えば、あなたが勤めている会社で、「1時間当たりに行える仕事量は皆同じです」と言うような人がいるだろうか? 仮に、そのようなことを言う人がいたとして、あなたはその言葉を聞いて納得できるだろうか? おそらく、余程の酔狂な人でない限り、そんな戯言を信じれる人はいないはずである。自分の周りを素直な目で観ることができる人であれば、真面目な人間と不真面目な人間、努力している人間と努力していない人間との間には大きな仕事量の差が有ることに気が付くはずだ。流れ作業的に1人が行う仕事量が絶対的に同じというなら話は別だが、人間がロボットでない限り、仕事量が同一などということは本来有り得ないのである。
 
 仕事量を無理矢理に時間で計ることによって日本の労働市場は大きく歪んでいるものと思われるが、日本では“時間”だけでなく“年齢”で計るという更に有り得ない制度が維持されているため、その弊害は計り知れないものがある。
 
 生産を行う仕事は個人の能力差が有るために時間で仕事量を計ることはできない。しかし皮肉なことに、世の中には別の意味で時間で計れない仕事(事務仕事などの非生産部門)も多々あるため、時間給という制度自体を否定することはできない。
 しかし年齢が上がるだけで仕事量が増え続けるというようなことはまず有り得ない。有り得たとしても、それはある一定の年齢を迎えれば、逆に下がっていくものである。年齢による給料制度というものが成り立つのだとすれば、その収入カーブは右肩上がりではなく、山型になるはずである。こういった無理のある制度が維持されていることによって発生する弊害は時間給のそれの比ではない。
 
 いずれにせよ、過剰な平等思想(時間給)と過剰な儒教思想(年功序列)によって人為的に作り出された制度が日本の労働市場を歪めていることは確かであり、日本経済に与えている悪影響は計り知れない。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« コーヒー豆の高騰と経済音痴の面々 | トップページ | 『クイズ$ミリオネア』的カンニングと学歴社会の未来 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/50982457

この記事へのトラックバック一覧です: 時間給はタイムイズマネーか?:

« コーヒー豆の高騰と経済音痴の面々 | トップページ | 『クイズ$ミリオネア』的カンニングと学歴社会の未来 »