« “ヤブ医者の論理”から生まれる増税政策のオンパレード | トップページ | 「値切り」から発生する因果応報(合成の誤謬) »

ホリエモンの“モヒカン刈り”が意味するもの

2011062301 6月20日、ついにホリエモンが本当に刑務所に収監される日を迎えた。当日は、意外にもネットだけでなく、民放テレビでもホリエモン収監記念集会(?)が報道されていた。
 『粉飾Tシャツ』には苦笑を禁じ得なかったが、イベントを観る限り、これから刑務所に入るという悲愴感は感じられず、どちらかと言えば、明るく前向きなイメージが伝わってきた。

 ネット上では、ホリエモンが収監されたことが大きな話題となり、ホリエモン関連記事も数多く見られる。中には擁護論もあるようだが、否定論や功罪論(これが1番多いかも)も多く見かける。
 最近、「ホリエモン」「収監」というキーワードから当ブログに訪問される方も多く、ホリエモンの刑務所収監に興味を持っている人も多いようなので、この問題について少し述べておきたいと思う。
 
 まず、今回の収監記念集会については賛否両論があるらしく、テレビのニュースキャスター等も苦言を呈していた。先にも述べた通り、私は個人的には今回の集会を良いイメージとして受け取ったが、逆に悪いイメージを抱いた人も大勢いるらしく、彼らが口を揃えて言う台詞は、次のようなものだ。

 「反省の色が見えない

 しかし、これはよくよく考えると非常に可笑しな理屈である。なぜなら、ホリエモンは未だ罪を認めていないし、刑務所に入らなければならないような罪を犯したとも思っていないからだ。司法が有罪という判決を下しただけで、当の本人は有罪とは認めていないのだから、反省の色が見えないのは当たり前の話である。

 もっと具体的な例を述べて言おう。仮に、冤罪逮捕で逆転無罪となった菅家さんが、収監される前に、無罪を訴えるために今回のような集会を催したとすればどうだろう。その時に、菅家さんに向かって、「収監されるというのに、あいつには反省の色が見えない」と言うことの意味を考えたことがあるだろうか?
 自ら無罪を訴えて罪を認めていない人物に対して「反省の色が見えない」などという言葉を投げかけることが、どれだけ無神経なことかが理解できるだろうか? それは憎むべき冤罪を生むことに自らが加担している可能性があることを意味している。その危険性を十分に認識している人であれば、こんな無神経な言葉は出てこないはずだ。

 もし、ホリエモンが自ら罪を認めて収監されるのであれば、あのようなモヒカン刈り集会を行うことに対しては批判されても仕方がないと思う。もし自他共に認める犯罪者があのような集会を開けば、確かに大きな問題だろう。しかし、罪を認めていない人間であれば話は別だ。

 罪を認めていない人間が、なぜ何の反抗もせずに悲愴感を抱いて刑務所に収監されなければならないのだろうか? そもそもホリエモンが嘘でも罪を認めていたとすれば、執行猶予が付いて刑務所に収監されることもなかったかもしれない。
 本当に罪を犯したという自覚がある人間であるなら、さっさと罪を認めて執行猶予になることを選択したはずだ。しかし、敢えてそうしなかったということは、ホリエモン自身には本当に罪を犯した自覚はなく、自らは潔白だと信じているということだろう。どう考えてもそうとしか考えられない。
 本当に罪を犯した認識が無いがゆえに、彼は“刑務所に入る”という選択をせざるを得なかったと考えるのが、まともな人間の感覚ではないかと思う。
 
 ホリエモンも刑務所の中からでは反論したくてもできないだろうから、ホリエモンが言いたいであろう反論も交えて少し書かせていただいた。
 しかし、法律や理屈以前に、少しは他人(ひと)を見る目のある人間であれば、ホリエモンが悪人でないことぐらいは解りそうなものだが…。

 さて、最後に本題に入ろう。今回のホリエモンのモヒカン刈りは何を意味するか?
 
 一言で言えば、それは『自由の象徴』である。
 
 義務教育である小学校や中学校では、丸坊主にしなければならないとか、髪型や髪の長さや髪色は厳しく管理されている。学生達はそういった決まり事を金科玉条のように永遠不変の決まり事だと思い込みがちだが、社会に出れば、それが不変の価値ではないことを知るようになる。
 髪型を自由にできるということは、何者にも管理されない自由な権利を有しているということであり、その最後の権利を精一杯主張した姿が、今回のモヒカン刈りであったのかもしれない。
 収監と同時にモヒカンを捨てて丸刈りになるということは、自由を失うことを意味する。

 私が思うに、これはホリエモン流の個人的なパフォーマンスというより、国民への暗喩的なメッセージになっているような気がする。意識して行ったわけではないにしても、彼が刑務所に収監されるという出来事が意味するものとは、この国が『自由』という価値を失ないつつあることを意味する隠れたメッセージ(=警鐘)になっているような気がする。
 
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« “ヤブ医者の論理”から生まれる増税政策のオンパレード | トップページ | 「値切り」から発生する因果応報(合成の誤謬) »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

こんにちは Keiといいます。
同感です。
いつも不思議に思うのですが、マスコミで容疑者と放送されると、犯人だと思う人がどれだけいるのか??
容疑者と犯人は違うということを、知らないのでしょうか??

これを知識が無いといえるかどうかは、わかりませんが、色々なところでこのような誤解が生れているようです。

何故なのかを考えて欲しいものです。

投稿: Kei | 2011年8月 5日 (金) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/52024911

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンの“モヒカン刈り”が意味するもの:

« “ヤブ医者の論理”から生まれる増税政策のオンパレード | トップページ | 「値切り」から発生する因果応報(合成の誤謬) »