« 「お役所の土日営業」というカイゼン(改善) | トップページ | 『市場原理』とは何か? »

格差の否定から誕生する「貧しさの平等社会」

2011072101 先日、朝の某テレビ番組を少し観ていると、「電力会社の原発経営」というものを強引に資本主義と結び付け、危険な原発清掃などを行なわなければならない人達がいるのは、資本主義による格差のせいだとするような内容の番組が放送されていた。
 
 この番組が暗に発しているメッセージとは、《資本主義を止めれば格差は無くなり、平等な社会となって、全ての人間は自分自身が望む理想的な仕事に就くことができ、危険な仕事は誰もやらなくてもよい》ということなのかもしれないが、今時、こんなマルクスめいた思想をそれとなく刷り込もうとしているテレビ番組があることに驚きを禁じ得なかった。
 
 よく知られたように、自らが(収入)格差の頂点に君臨すると思われるマスメディアが、格差を悪と喧伝すること自体に無理があると思われるのだが、果たして“格差が有る社会”と“格差が無い社会”とでは、どちらが住み良い社会なのだろうか?
 
 こう問われると、「格差が無い社会」と答える人の方が圧倒的に多そうだが、“最大多数の最大幸福”という観点で考えれば、「格差の有る社会」の方が住み良いに決まっている。
 
 このことは、「格差」というものを「試験の点数」に置き換えて考えると分かり易いと思う。
 
 例えば、10人の人がいて、5人が70点、5人が30点だったとすると、平均点は50点になる。70点の人が30点の人に20点分を分け与えることによって平均点を50点にしているわけだが、この40点分(70点−30点)の格差を縮める方法は2つある。
 当たり前の話だが、1つは、30点の人が頑張って点数を上げること、そしてもう1つが70点の人が意図的に点数を下げることである。
 
 ところが、この国のマスメディアが喧伝しているのは、70点の人の点数を下げることばかりで、30点の人が努力しなければならないとは絶対に言わない。
 なるほど、確かに70点の人の点数を60点にすることができれば、30点の人は努力することなく格差は10点分縮まる。しかし、平均点は45点に下がってしまう
 
 30点の人が努力することなく平均点を上げるためには、70点の人に頑張ってもらうしか方法はない。もともと高得点を取れる人ほど努力を厭わない人が比率的には多いだろうから、その方が平均点を上げる近道でもある。70点の人が80点を取れるように努力してくれれば、平均点は55点となり、生活水準は底上げされる。30点の人が努力せずに0点になったとしても、70点の人が頑張って100点を取ってくれれば、平均点は50点のままで、全体としての生活水準は下がらない。
 
 上記の喩えで言えることは次の1点に尽きる。
 
 「努力するのが嫌なら、格差を認めた方が良い
 
 ここでは100点満点ということで話を進めたが、実のところは、この試験には上限というものはない。もし1000点を取れる人がいれば、一気に生活水準は底上げされることになる。しかしその場合、圧倒的な個人的格差が発生することになる。70点と30点であれば、せいぜい2倍程度の格差だが、1000点と30点となると、30倍以上の格差が開くことになる。
 ここで、「そんな格差は認められない!」と言って、その1000点が取れる人物を否定し、「あいつは格差を生み出している張本人だ!」と罵り試験を受ける権利を剥奪してしまうと、どうなるか?
 
【答え】格差は大きく縮小するが、生活水準も大きく目減りすることになる。つまり、貧しさの平等社会が生まれることになる。
 
 一応、お断りしておくと、「格差」というものは「差別」のことではない。何の根拠もない無意味な差別を助長することは悪だが、意味のある格差を助長することは悪とは言えない。人間が“努力して成長する”という性質を持っている以上、格差というものは本来、有って当たり前であり、格差を否定すればするほど、社会は困窮し、本当に救いを必要としている弱者をも救えなくなり、無意味な差別を助長することに繋がる。
 
 現在の日本で弱者を救済するシステムが少なからず機能しているのは、格差が無いからではなく、将来世代に借金のツケを先送りしているからに過ぎない。本来であれば、借金などをせずに救済するシステムが自然と機能することの方が望ましいわけだが、格差を肯定しない限り、そのシステムが機能することはまず有り得ない。
 
 資本主義は格差を生むものでもあるが、まともに機能すれば、全体としての総量、つまり、パイの大きさを変えることができるシステムでもある。たとえ、個人的な格差が発生したとしても、全体としての総量が大きくなればなるほど、全体としての生活水準は向上する。
 
 ただ、現在の日本は、資本主義とは無関係な歪な社会構造から派生した格差が拡大しているという側面がある。真っ当な格差真っ当でない格差が混然一体となっているがために、話がややこしい。意図して行っているのかどうかは定かではないが、資本主義を悪者(スケープゴート)にすることによって、歪な社会構造が隠される格好になっている。
 
 個人の努力とは無関係な歪な社会構造が生み出した格差を、「すべて資本主義から生まれた格差だ」とマスコミがアナウンスすると、多くの人々がまんまとその言葉に踊らされてしまい、まさに先のテレビ番組のように、「格差があるのは資本主義のせいだ」となってしまうわけだ。
 
 ちなみに、菅総理が理想(?)とする「最小不幸社会」というのも、格差を絶対悪とする思想であることは言うまでもない。「最小不幸社会」というのは、格差を認めない「貧しさの平等社会」の別名である。
 
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 「お役所の土日営業」というカイゼン(改善) | トップページ | 『市場原理』とは何か? »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

いいたいことは解るが、資本主義と功利主義の区別がついていないのでは?

投稿: | 2011年7月22日 (金) 11時06分

テストで0点の子が言うの。うちのクラスの平均点は50だぞ、おまえのクラス30点、くそ、ばか、まぬけめ。うちに帰って言うの。かあちゃん、うちのクラス、平均50、隣は30だったよ。まあすごい、あんたのほしがってたゲーム買ってあげるわ。納得。最大幸福。

投稿: よもぎおやじ | 2011年7月22日 (金) 11時35分

幸福の形は人によって異なるから、政府が直接国民に幸福を与えることはできない。一方で、不幸は万人に共通であるものが多い。よって、政府は不幸を排除することに専念し、幸福は人それぞれ自分にあったものを自分で手に入れてもらう。

というのが最小不幸社会の考えだったような気がします。記事中のテストの例で言えば、成績優秀者は何点とってもいいけど、落第者は出ないようにしようということです。

テレビは相対的貧困率とかいう意味のない数字などで落第ラインを高く見せていますけどね。

投稿: もら | 2011年7月22日 (金) 14時50分

70点の人の貰い分が30点の人より少ないからとんでもない格差社会だと言っているんじゃない。

投稿: ab | 2011年7月22日 (金) 16時06分

70点の人は、簡単に言えば、元々頭がいいか、頭を悪くても塾や家庭教師などの助けを借りる経済力があるかのどちらかでしょう。30点の人達はその逆です。点の悪いのは本人の努力が足りないことだけが原因と考えるのは、政府の怠慢です。。

教育のためのお金を稼ぐのは子供達ではなく親ですが、その親が貧しければ最初からチャンスは他の子より少なくなってしまう。家が貧しくても子供達がたまたま70点を取れるほど頭がよければいいのですが、大抵は親の教育程度が貧困などが原因で低い場合には、勉強を教えたり出来ないなどの理由で、子供の点数が悪いことが多い・・・と、あり地獄状態に陥ってしまうのがその恐ろしいところなのです。

その差をなくすなら、最底辺のレベルを上げるために家庭への補助や奨学金などを整え、貧しい人々にも教育機会を与える努力をする国々がありますが、日本もそういうモデルを見習うべきだと思います。


投稿: しみず | 2011年7月23日 (土) 00時24分

陳腐な内容ー格差をテストの点数に置き換える地う発想がくだら無い。テストなんて、先生・子供の個人間の極めて、privateなものに過ぎないにも係わらず、その点数(1~5やら、0から100)が意味する事は極めて限定的に理解すべきだと元先生は考えています。格差はあっても当然―只、それを基にして醸成される差別社会ナンテボクは真っ平御免です・・・

投稿: kotetsu | 2011年7月23日 (土) 05時41分

本当に市井のサラリーマンブロガーなのか?どこかの団体の誘導ブログっぽい感じがする。

投稿: | 2011年7月23日 (土) 07時55分

論理的には全くなっていない。1人だけの点数が上がって何故全体の底上げがなされるんだろう。1人だけ幸福になるだけでは?

投稿: Dさん | 2011年7月23日 (土) 09時01分

同感です。でも負け組からのコメント多いようですね。そんな人も若い頃にこの記事を読んでいればまだ努力も出来たのでしょうが、スケールの大きな人生を歩むことあきらめてしまった場合、否定的になってしまうのは仕方ないでしょう。頂点を目指して生きることの楽しさを知っている人の比率はそんなに高くありませんので。

投稿: | 2011年7月23日 (土) 10時33分

まあ、朝のテレビ番組から良くここまで論理を発展させたね。特に「この番組が暗に」からマルクス思想まで発展させたのにはちと笑ってしまった。
テレビ局もそこまで深読みしてもらえれば本望だろう。
言われるとおり資本主義が格差を生み出すのは当たり前。競争がある限り勝者と敗者はつきもの。でもそれを市場原理に任せてとことんやらせるか、それともある程度国家が介入していわゆるセーフティーネットを構築するかはその国家国民が選択すること。
マクロ的に見ると、ある程度バランスを取らないと国家という共同体社会が崩壊してしまうからね。
それに、自由競争というのは勝者より敗者を多く製造するので、資本主義の政治的側面としての民主主義では多数の要求が少数の要求に勝るので、敗者の救済策が政治的に取られるのもこれも一つの摂理かな。

投稿: Bon | 2011年7月23日 (土) 13時07分

ばかげた朝の番組って、関口がやってるやつですか?

資本主義批判をやりながら、電波社会主義・電力社会主義の恩恵を受けてきた団塊左翼が作りそうな番組ですね。

投稿: HSE | 2011年7月23日 (土) 14時39分

管理人さん。ちゃんとジョン・ロールズでも読んで、勉強してから書いてくださいなw

投稿: | 2011年7月23日 (土) 18時06分

まあ、言いたいことはわかるけど、30点の人がカンニングして、70点とっても意味はないと思う。
つまり、資本主義の悪いところはひとにぎりの人間がカンニングして(悪いことして)平均点を上げている事だと思うけどね。
真面目に努力しても、100点取った人が幸福にならないところが、論点だと思います。

投稿: kiki | 2011年7月23日 (土) 19時49分

格差の意味をかなり、歪曲しているね。
資本主義だろうと、社会主義だろうと、人間は
少し自分が、他人より優れていると、自分より
劣っている人間は、収入が少なくて当たり前だとか、思い込んでいるところに大きな問題が、ある。たとえば地球に生存している人類がこのまま
増え続けたら、格差はますます広がるだろうし、
お金持ちが資源とか食料を買い占めて中間層といわれる、人々も生活が苦しくなり、最下層の人々ももっと生活は苦しくなり、結局はそこで、少し
智慧のある、中間層の人々が最下層の人々を先導
して、お金持ちが悪いから自分たちの生活が苦しいということになり、戦争が起こり、人間同士の
殺し合いが、起こり、最後に勝ち残るのは、
文明とはかけ離れた生活をしている、どこかの島やジャングルに生存している未開の土着民になり、教育を受けたそれぞれの国民はほとんどが、
敗者になり、最後には先進国も含めほとんどの、
国が、イスラム圏に所属しない、アフリカの
一部の土着民やどこかの島の土着民だけが、生き残ることになる。点数がどうだとか能力がどうだとかという問題はまったく関係ない。要するに
他者を思いやる善の心がないかぎり人類は限りなく破滅の道を早めるだけのこと。このままいけば
確実に人類は大陸移動や天体衝突がおきなくても
数万年以内に確実に滅亡しますけどね。

投稿: エレメント | 2011年7月24日 (日) 06時09分

分かりやすい説明で、いろいろ考えさせられました。
ありがとうございました。
平等社会といっても、簡単ではないですね。

投稿: M&A | 2011年7月24日 (日) 23時51分

人間は図星を指されると怒るか…。
バブル崩壊のころ、プー太郎が「最近、○○料亭のメシがまずい」とぼやいていたのを思い出しますな。

投稿: Tirthika | 2011年7月25日 (月) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/52271339

この記事へのトラックバック一覧です: 格差の否定から誕生する「貧しさの平等社会」:

« 「お役所の土日営業」というカイゼン(改善) | トップページ | 『市場原理』とは何か? »