« 3分間のお辞儀が行われる社会の是非 | トップページ | 『相違収入同一税率』で税収は上がる »

法律の存在理由と法律万能教の信者の誕生

 前回、TOKIOの山口達也氏を擁護する形でブログ記事を書くと、意外にも多く人からコメント(BLOGOSのコメントも含む)を頂いた(当者比)。中には参考になるご意見もあったので、この場でお礼申し上げるとともに、少し言葉足らずだった部分を補足しておきたいと思う。
 
 私の場合、ブログ記事を書く時、テキストエディタで50行から100行程度に収めるようにしている。文字数で言えば、平均3000文字程度であり、原稿用紙で言えば、大体、7枚程度になる場合が多い。
 この程度の短い文章では、自分が言いたいことを全て纏めるのは難しく、どうしても言葉足らずになってしまう…と言うよりも、そんな事細かなことまでいちいち書いていては、誰も読んでくれなくなると思われるので、敢えて省いていると言った方が正しい表現かもしれない。
 個人的にも3000文字程度に収めるのが楽なので、この程度が妥当だと思っている。別に誰かからお金をもらって書いているわけでもないので、文字数を気にする必要もないと思われるのだが、たまに「長い」と言ってくる人もおられるので、この場で弁解の意味も込めて書き留めておきたいと思う。
 
 ブログ記事が言葉足らずであることは、多くのブロガーにとっては暗黙の了承事項であると思う。論理的に間違ったことを書いているならともかく、書かれていないことを勝手に想像(拡大解釈)されて批判してくるような人もたまに見かけるが、そういった人は一度、自分自身でブログを立ち上げて記事を公開してみればよく解ると思う。

 前回の記事では、少し法律を軽んずるような書き方をした部分があったせいか、まるで私が法律を無視することを勧めている無法者であるかのように誤解されている人もいた。
 しかし、私は法律を無視しろと言っているわけではなく、謝罪をしなくてもよいと言っているわけでもない。スポンサーのように明らかに迷惑を被った人々には謝罪するのは当然のことだ。しかし、全国民に対して謝罪するのは行き過ぎだと述べたまでのことであり、実際に、「謝罪が過ぎる」と書いたはずである。
 こんなことは敢えて書かなくても、大部分の人々は理解してくれていると思うが、明らかに誤解されている人もいたようなので、一応、お断りしておきたいと思う。
 
 ただ、交通ルールにおける法律遵守については、あまりにも杓子定規に考えている人がいるようなので、今回はその件について少し述べておきたいと思う。
 
 まず、運転免許を持っている人で、かつペーパードライバーでない人であれば、誰しもが交通違反は経験している。例えば、法定制限速度というものがあるが、その制限速度を1キロも超えたことがないという人がいるかというと、誰もいないと思う。このことに対して反論してこれるような人はさすがに誰もいないはずである。
 
 「法律は絶対だ」と言うのであれば、法定制限速度違反を行った人間は全員、自首しなければいけないことになる。しかし、そんな人が世の中にいるだろうか?
 「私は○月○日に法定制限速度を5キロオーバーしましたので逮捕してください」と言って警察に自首などすれば、さすがの警官も困り果てて、「帰ってください」と注意されるかもしれない。これではまるで吉本新喜劇の世界である。
 
 あるいは逆に、法定制限速度を1キロでもオーバーした車を片っ端から検挙していく法律絶対主義者の警察官がいたらどうだろう? そんな警官が日本国中にいれば、日本経済は無茶苦茶になってしまう。
 ビジネスにおける輸送スケジュールは狂い、輸送料金や宅配料金も跳ね上がり、車の燃費も悪くなり、減点や罰金が相継いで車を買う人も乗る人も激減し、日本経済は完全に麻痺してしまうことになってしまうだろう。もし、そんな警官がいたとすれば、それは「法の番人」と言うよりは、「経済の破壊者」である。

 しかし、「法律は絶対だ」だと言うのであれば、そういった警官に捕まったとしても、文句を言わずに受け入れなければならない。そんな窮屈な社会が理想だと本気で思っているのだとすれば、それこそ自らが思考停止状態に陥っていないかどうかを疑うべきである。
 
 そもそも法律とは、誰のためにあるのか? そして、何のためにあるのか? その根本理由を見失うと、どんな法律も変更できない不磨の大典だというような錯覚に陥ることになり、ただの法律万能教の信者(=法律バカ)に成り果ててしまう。
 
 法律とは、人間の生活をより良く円滑にするために存在しているものであり、人間が法律の奴隷になるために作られたものではないはずだ。法律を守るという姿勢は法治国家の常識であっても、法律の存在意義を忘れてしまうと、誰のための法律かが分からなくなってしまう。
 法定制限速度を1キロオーバーしたとしても、それは立派な交通違反である。しかし、その1キロに拘るがために、人間社会が殺伐とし、住みにくい社会となってしまっては本末転倒になってしまう。
 
 制限速度も運転免許の更新期間も、現在のものが唯一絶対的なものではなく、いつ変更になってもおかしくないような(日本でしか通用しない)アバウトな取り決めである。それは日本社会の一応の決まり事なので守らなければならないことは言うまでもないが、殺人や暴行や窃盗のような二元論的に動かない価値を含んだ法律とは言えない。
 
 例えば、運転免許の更新日が過ぎたとしても、その運転手は運転する能力を失うわけではないし、ドライビングテクニックが下がるわけでもない。逆に、普段は車の運転をしないペーパードライバーであっても、定期的な運転免許の更新を義務付けられているが、こういった人々は、運転免許の更新を行ったところで運転が上手になるわけではない。つまり、運転免許の更新というものは、“運転できる”という本来の運転免許の存在理由とはほとんど無関係な制度なのである。
 だからといって、その法律を守らなくてもいいと言っているわけではないのだが、あまりにも杓子定規に考え過ぎると、人権よりも法律の方が大事だという、どこぞの独裁国家で見られるような悪法に縛られた自由の無い息苦しい社会になってしまう。

 法律の中に人間社会が存在しているのではなく、人間社会をより良くするための制度として設けられているのが法律だ。その法律を主役と考え、人間を脇役と考えると、先程述べたように、法律を神であるかのように錯覚する法律万能教の信者が生まれることになる。それは法律を神と崇める奴隷の誕生の瞬間でもあると言えるのかもしれない。
 
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 3分間のお辞儀が行われる社会の是非 | トップページ | 『相違収入同一税率』で税収は上がる »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

法律は少しなら破って良いという考え方はおかしい。少なくとも、公にブログという形で発言することではありません。
車検を忘れるということは普通しませんし、重大な法律違反だと思います。
道路交通法について軽視しすぎではないですか?それに、経済も法に則って行うべきものです。

私は司法処分と視聴者・ファンへの謝罪は必要だと思いますが、3分間のお辞儀は不要だとおもいます。

投稿: TLTK | 2011年9月 3日 (土) 15時01分

確かに法律を破っちゃいけませんね。でも免許更新って警察OBの収入確保が目的でしょ? なら破っても一般市民は困りません。法律に権力者のエゴが混じり込むと市民の遵法意識が低下するのは当然。四千年の独裁国中国では法律を上手に破る人を尊敬する習慣が有るくらいです。権力者を利して市民を搾取する免許更新の関連法規を改めて、まともな先進国みたいに有効期限を10年以上にするのが妥当でしょう。免許更新に不要な本を売りつけたりするのも廃止してほしいですね。市民が法律の意味を疑わなくなると遵法意識が向上します。
テレビでどんなパフォーマンスをするかは法律論とは無縁でしょう。テレビ局だって一民間営利企業なんですから、3分間人気アイドルが出演してくれるのはありがたく、できるだけこのようなパフォーマンスをさせたいと思うインセンティブがあります。これはテレビ局とアイドルの間の問題で、視聴者は無関係です。

投稿: | 2011年9月 3日 (土) 18時28分

結局また社会のせいですか。本当に考え方を改めて頂きたいです。いつか事故を起こすと思います。

>現在のもの(法)が唯一絶対的なものではなく
いいえ、唯一絶対のものです。未来も含めた法のあり方、望ましい社会の議論をしているのではなく、現在の社会をあなたは批判しているわけですから。

>速度違反で警察に自首するくだり。
どういう理由で警察が注意するんですか??
偶然歩行者が撮影したビデオとか、それなりの証拠を持参して、いたずらではなく真実として過失で違反したと分かるように自主すれば通常通り彼らの職務を果たすに決まってるじゃないですか。警察への侮辱です。

>更新日が過ぎたとしても、その運転手は運転する能力を失うわけではないし、ドライビングテクニックが下がるわけでもない。
社会はそう認めてないから現行法の通り線引きをしているんです。毎年沢山の人が死んで経験を踏まえて皆で決めたことです。勝手に大丈夫だ決め付けず、更新日を守ってください。

法令遵守と法の運用・裁量の問題は別です。警察の取締り状況とは関係なく、人命に関わる事ですから法令遵守でお願いします。老若男女が安心して通行できる街づくりにご協力をお願いします。
より良い法案があるなら他人のせいにせずご自由に提案してください。

投稿: | 2011年9月 3日 (土) 23時16分


【ナチズムの潰し方】
「お前ら、それでいいと思ってるのか!」
「あのなあ、政府の仕事だ!」
「何が政府の仕事だ、だ!」
「お前なあ、お前のとこ、そのうち潰すよ」
「面白いなあ。犯罪者が!」
「馬鹿野郎!やれないと思っとったら、
大間違いだぞ!やっちゃうよ」
「もう一回、言え!」
「やれないと思っとたら、
大間違いだぞ!やっちゃうよ」
「http://www.youtube.com/watch?v=TUKpvjsq44c」
「なんだよ」
「http://www.youtube.com/watch?v=TUKpvjsq44c」

投稿: オプ | 2011年9月 3日 (土) 23時26分


東京大学菅原のネイチャー誌掲載予定の
学術論文は、2,001年発表分の試験方法の
不確定性を、生物分子学会で、
指摘されて、紛糾したままで、

菅原が講談社の東大卒に、出版を依頼されての
単独暴走、学会潰しだよ。

恥なし東大だな。バーカ。
博士号剥奪だ!

人格検査を病院で受けさせろ!キチガイの菅原!
発狂しただろ!学会で。

投稿: 国際日本人研究所 | 2011年9月 5日 (月) 12時24分

確かに、3分は長いかもしれない。
正直やりたいなら勝手にやっとけ、だ。
今年はいろいろ起きている、起きすぎている。どこを見ても謝罪、謝罪、謝罪。
過敏にならないといけない時期だろう。
ただ、今回の話はそういう話ではない。
コンプライアンスの問題だ。それも、あなたの。

あなたは、上でしたような説明を子供達に出来るだろうか。
車が来てなければ赤信号でわたってもよいと。
親の財布から小額であれば勝手にお金を抜いてもよいと。
そんなことではモラルハザードを引き起こすことにならないだろうか?
法律は守らないと意味が無い。子供でもわかる話だ。そして、大小も無いはずだ。
法律とは弱きものを助けるものでもある。
あなたの目には、弱者が映っていない。

全体の効率ばかりの追求では、福島原発と同じではないか。
本来ならば、1キロでも速度超過したならば、捕まえるべきだしそれが本来あるべき姿だ。でなければ、誰も何も守らなくなる。
経済的損失が大きいなら、安全だと判断できるなら法的に制限速度を変えればいいだけの話だ。

もう一度考えてください。あなたならわかるはずだ。
本当にあなたは、自身や他人の安全に生きる権利を奪ってまで効率を取りたいのですか?

投稿: | 2011年9月 5日 (月) 17時10分

道路交通法も免許更新もアッラーのお告げじゃ

信じぬものどもは地獄に落ちるぞ

投稿: | 2011年9月 6日 (火) 18時16分

法律絶対主義者の思考停止が怖いよ。

投稿: とんき | 2011年10月 3日 (月) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/52635070

この記事へのトラックバック一覧です: 法律の存在理由と法律万能教の信者の誕生:

» ハウスクリーニング全般 Witch House ウィッチハウス [Witch House ウィッチハウス]
お掃除、お部屋のコーディネート、KEA家具のご相談、各種ご依頼、お見積りなど、お問い合わせはお気軽にどうぞ! [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 21時28分

« 3分間のお辞儀が行われる社会の是非 | トップページ | 『相違収入同一税率』で税収は上がる »