« 「貧しさを否定する人は貧しくはならない」は真実か? | トップページ | BOOK『大マスコミ 疑惑の報道』を読んで。 »

朝生『橋下 徹の学べるニュース』を観て。

 録画していた『朝まで生テレビ』を観てみた。
 今回は橋下 徹大阪市長と反橋下派が「大阪都構想」について議論するということで楽しみにしていたのだが、実際に観てみると、「大阪都構想」の話は橋下氏が少し説明しただけで、実質は、単なる「橋下主義(ハシズム)の是非」というような感じの内容だった。
 『橋下主義(ハシズム)を許すな!』という本を共著している2名(香山リカ氏、 薬師院仁志氏)が出演していたことからも、大体の予想はしていたが、どこか大阪市長選前の録画番組を観ているような錯覚を覚えた。
 
 反橋下派は、既に大阪市民の投票によって大阪市長になっている橋下氏の改革に対して疑問を呈するのみで、その先にある肝心の「大阪都構想」の内容については全くと言っていいほど触れていなかった。
 そういった論客達に噛んで含めるような丁寧な説明を行っている橋下氏の姿を観ていると、まるで、『池上 彰の学べるニュース』を観ているようだった。ただ、『橋下 徹の学べるニュース』では、生徒が素直に人の話を聞こうとせず、極めて反抗的だったという違いがある。
 
 橋下氏がこの番組で述べていたことは至って正論で、その言葉は自信に満ちていたが、反橋下派の言葉は空虚この上なく、ただの感情論や揚げ足取りに終始していた。政治家に対する言葉狩りを得意とするマスコミとほとんど大差が無いように感じられたのは私だけではないだろう。
 
 例えば、帝塚山学院大学教授の薬師院仁志氏は、まるで自分が「大阪市民の代表」にでもなったかのような口ぶり(実際にそう言っていた)だった。しかし、大多数の大阪市民は既に橋下氏の改革に賛成を示しているわけだから、「大阪市民の代表」というのは間違いであり、実質的には「反橋下派の代表」でしかないことが理解できていないようだった。氏は「大阪市が破壊される」というようなことを何度も口にしていたが、大阪市の何が破壊されるのかについては言及しておらず、そのことを突っ込まれると、「議論のすり替えだ」と言う。本質的な議論を反らし、議論のすり替えを行っているのが自分自身であることが全く見えていないようだった。

 そもそも「大阪市が破壊される」ことがイケナイことなのだろうか? むしろ、多くの大阪市民は「現在の大阪市を破壊して欲しい」と願って、橋下氏を大阪市長に選んだのではなかったのだろうか? 
 「自民党をぶっ壊す!」と言って当選した小泉元総理と同じように、橋下氏が「大阪市をぶっ壊す!」と言ったとしても、おそらく橋下氏が大阪市長に選ばれていただろう。その言葉を字義通りに受け取るほど大阪市民も馬鹿ではない。その言葉には敢えて口にする必要のない前置詞が有ることは暗黙の了解事項であり、「腐った大阪市をぶっ壊す!」というのが本当の目的であることは皆、承知しているのである。
 「腐った部分だけを破壊する」のなら、何の問題もない。それを問題とするのは、既得権益を死守したい勢力だけだ。
 
 故・小室直樹氏の新刊(復刊)『政治無知が日本を滅ぼす』の巻頭に、こういう言葉がある。
 
 「政治の良し悪しは結果責任なり
 
 橋下氏の改革が結果的に全て正しくなるとは私も思わないし、彼自身も結果がどうなるかまでは解らない部分もあるだろうと思う。しかし、結果がどうなろうと、自分が正しいと思うことを彼は信念に持って有言実行しており、独裁者と言われつつも、他人の話に耳を傾ける余裕も持っているように見える。もし自らの改革に間違いがあれば、そのことを素直に受け入れるだけの器量も観て取れる。
 逆に反橋下派の人達は、他人の話に耳を傾ける余裕が乏しく、もし自らの意見が間違っていたとしても、そのことを素直に受け入れるだけの器量を持っているようには見えなかった。
 
 橋下 徹氏と反橋下派では「人間としての器が違う」、残念ながら、それがこの番組を観た一視聴者としての率直な感想だった。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 「貧しさを否定する人は貧しくはならない」は真実か? | トップページ | BOOK『大マスコミ 疑惑の報道』を読んで。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実に正しい意見で同感です。あの薬師院と共産党は駄目だ。田原もいい加減だ。橋下の右隣の人がいい仕事してた。

投稿: 篠田 | 2012年1月29日 (日) 21時47分

全くその通りですね。
私はYouTubeで拝見しました。
司会の進行もあまり上手ではなく、反橋下派の方達は感情論ばかりを話しているだけで、肝心の意見を求められると「そんなことは聞いていない。」と橋下氏のペースに引きずり込まれるのを恐れているかのようだった。
批判するだけの討論なんてもう観たくない。
大事なことは、大阪をどう再建するかではないでしょうか?
是非、橋下市長には頑張っていただきたい。
応援しています。

投稿: | 2012年1月30日 (月) 07時47分

「教育への政治介入」や「教育の政治的中立性」を語るひとがいる。それ自体至極御尤もな話ではあるが、しかしそのような立派な理念の持ち主が大学教員という国家公務員の身分にありながら、選挙に際し特定の候補者に肩入れし、応援演説どころか、対立候補に対する誹謗中傷の言辞に満ちた書物を公にする事態を、いったいどのように理解したらよいのであろうか?政治という、ある種禍々しくも欲望と憎悪の交錯する世界へひとたび足を踏み入れたならば、その時ひとは美しい理念を自らかなぐり捨てることになる。Y教授のように己を恐ろしくもソクラテスに擬して「学者」を僭称するのであれば、すくなくとも「学者」としての領分を賢くわきまえたうえでの行動が望まれるのではなかろうか?

投稿: 太郎次郎 | 2012年1月30日 (月) 14時16分

こんにちは。
まったくですね。
 見ている限り批判側は批評では無く、個人的に大嫌いな
「ただ自分の意見を肯定したい為に反論する人間」
としか受取れませんでした。
 前の記事から社会心理という話をお借りすれば「非日常性バイアス(人が変化を拒む心理)」とも取れますが、筆頭が精神科医なのは最早コメディかと。
「ファ(ハ)シズム」は[独裁」以外に色々な解釈を含んでいますが、歴史上から閉塞的な民主社会が独裁者を支持する傾向に対しての警鐘と観察は間違いなく「必要」だと思います。
 結果論ですが、言動から橋本さんの観念はその事(独裁の危険性)を包括しているので、この言葉で「ただ批判するのが目的」の人との討論は「無意味な事」だとわからない人にわかって貰いたいというのが番組主旨だった気がします。
 実際そこまで狙っていたなら橋本戦略は改めて凄いとも思いますが、信念の副産物でしょうか。
 結果論と言えば、未来の事など誰もわかる訳も無く、今肝心なのは失敗の可能性から変化を否定する事ではなく失敗する事を許容しながら変化を肯定する事だと思います。
※番組の発言のみでの解釈です。

投稿: にのい もちみ | 2012年2月 2日 (木) 17時22分

橋下徹の低レベルな煽動に煽られる奴って本当にアホですね。このブログを見ればわかります。知能が低い奴って、何の根拠もなく「人間の器が違う」とか何の根拠もなく自分から低能されけ出すから笑えるよ。大阪都構想なんて結果的に議員の数が増えて税金泥棒が増えるだけだし、こんなまやかしに簡単に騙される奴って、単に煽られて喜んでいるアホで、こんな奴らこそ一番社会をダメにしているんだろ。大体一番の税金泥棒は国会議員をはじめとした議員で、本来敵にすべきは高給取りの議員のはずだが、橋下の場合はそれを一般公務員に向けて自分は英雄気取りで支持を集めているところが気に入らない。元々弁護士で高額所得者だったから一般庶民とは感覚は違う。ある意味弱者の一般公務員を攻撃して、弱い者いじめで自分の支持を集めようとしていることに、橋下支持者の知能が低いアホ共はわからないだろ。お前など生きていること自体が社会の無駄なくせに。

投稿: 橋下徹支持者はアホ | 2012年2月 7日 (火) 21時12分

>橋下支持者はアホ

僕も公的支出の削減「ばかり」を言う橋下さんはおかしいと思っていたのですが、どうやらちょっと違うプランもあるようです。
先日の報道によると…、

①「ためていても税金を取られるなら使わないとしょうがない。あの世にお金なんて持っていけないのだから、死ぬ時までに使ってもらう」
②「使ったものは全て経費にし、税金をかけないくらいの発想で、とにかくお金を使ってもらう」

公的支出の削減で市中の現金が減るのであれば、その代わりとなるお金が必要となるわけで、どうやら民主主義における再分配機能を正常に動かすつもりらしい。
それを利用し、消費を促すことで小さな政府と景気回復をやっちゃおうという意図が見える。
意外に経済について勉強したんだな、と感心してしまいました。
ただ、先に市長になっちゃったもんだから、国の税制に手を入れるのが遅れているというのが現状ですね。
こういう独裁ができる人気者でないと、再分配の正常化は経団連の爺さんらに潰される可能性が高くなるので、彼以外にはやれないんですよね。

投稿: クロコダイルPOP | 2012年2月12日 (日) 07時21分


公務員バッシングとか生活保護バッシングがあるのは、民間経済が悪いからでしょう。それなら民間経済を良くすればいいだけ。

大阪経済や地方経済で言えば、例えば東京に移転した本社企業を創業地に戻すだけで、それだけで違ってくるでしょう。大阪は伝統的に大都市なので本社企業も多いはず。戻されれば自ずと復活するでしょう。橋下知事は改革者ではいる意味がなくなるはず…。

橋下知事を批判されてる識者の方は東京一極集中をすべきではない、大阪のものは大阪へとキャンペーンでも貼ればいいのでは?その方がまだ橋下知事の台頭に対して有効だと思います。肉を切らせて骨を絶つ、目先の橋し下批判はあんまり意味がないでしょう

投稿: JJJ | 2012年2月24日 (金) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/53850698

この記事へのトラックバック一覧です: 朝生『橋下 徹の学べるニュース』を観て。:

« 「貧しさを否定する人は貧しくはならない」は真実か? | トップページ | BOOK『大マスコミ 疑惑の報道』を読んで。 »