« ミサイル打ち上げ失敗から生じる『第二次朝鮮戦争』の可能性 | トップページ | シンプルに考えるべき日本の軍事問題 »

BOOK『大往生したけりゃ医療とかかわるな』を読んで。

2012042801 現在、どこの書店に行ってもベストセラーとして陳列してある新書『大往生したけりゃ医療とかかわるな』を遅ればせながら読んでみた。
 挑発的なタイトルからも分かる通り、本書も最近流行り(?)の現代医療批判本であるが、「自然死」のススメ的な内容の本である。著者は現在、老人ホームの医師をされている中村仁一氏。実際に老人ホームで数々の「自然死」を見届けてきた氏の言葉には説得力がある。中村氏は本書の前書きで以下のように述べている。
 
 「私などは、有名人ではないので失うものがない、おまけに先が短いので恐いものがありません」
 
 死を恐れない人物が他人からの批判や中傷を気にせずに本音を書けばこうなるという見本のような本であり、多少、毒々しい言葉遣いが見られるものの、ユーモアセンスのある文体は読み易かった。
 
 近年、「情報弱者」という言葉をよく耳にするようになったが、この言葉は実は医療の世界にも当て嵌まる…と言うより、医療の世界ほど情報弱者が多い(=情報格差が大きい)世界も珍しいかもしれない。
 医療に拘わらず、現代日本でまともな情報を仕入れるためには、本を読むか、インターネットで情報を取得するしか方法がない。インターネットが無くても本を読む習慣がある人はまだ救いがあるが、テレビや新聞だけの情報に頼っているような人は、無条件に「情報弱者」に分類される。この単純な事実を実感できない人のことを情報弱者と呼ぶわけだが、情報弱者が被る被害には、金銭的な被害だけでなく、命の危険に晒されてもそのことに気が付かないという恐ろしい被害がある。
 ここまで読んで「そんなバカな…」と思った人は、生粋の情報弱者だと思われるので、要注意だ。
 
 簡単なところで言えば、ネット販売の経験や知識が無い人は、ネットで買い物をする人よりも割高な値段での買い物を余儀無くされる。これは実際にその通りであることはネット販売経験者なら誰もが知っている。パソコンが利用できないと損をする、しかし、その程度のことなら、特に問題視する必要もない。せいぜい数百、数千円を損する程度なら笑って済ませられるし、そういった人が多い方が実は日本経済にとってもプラスになるという一面が有る。
 ところが、医療における情報弱者になってしまうと、無駄に命を危険に晒すことになり、場合によっては命を失ってしまうという損害を被ることになる可能性も有るので、笑っては済ませられない。
 
 私も数年前に父親をガンで亡くしているので、当時はガン関連の書籍を貪るように読んだ経験がある。その時に初めて気付いたのは、世間のガンに対する認識が必ずしも正しいものではなく、その治療法に至るまで疑問を抱かざるを得ないというものだった。
 不幸にもガンを告知された患者は、その医者からの言葉に絶望し、ガンという自らの病を詳しく知ることもなく、ただ、ガンという病を叩くという対症療法的な治療のみに専念することになる。余程、気丈で腹の据わった人でない限り、ガン告知後に、ガンを知るために自ら本を読もうなどとは思わない。ゆえに、こういった医療関係の本は病気になる前に読んでおいた方が、いざという時に冷静に判断できることになるし、実は病気の予防にも繋がるということを発見した。
 
 昔から「病は気から」という言葉もあるように、病気の多くはストレスによる免疫力の低下が原因であり、病の正体を知らないことによるストレスも病気の原因になることもあるかもしれない。過度な健康検診が逆にストレスになり、免疫力を下げているという本末転倒な事態もあることだろう。
 
 「大往生したけりゃ医療とかかわるな」というのは、「長生きしたけりゃ病院にいくな」という身も蓋もない言葉ではあるが、この言葉はある意味で正しいと思う。医者は神様ではないし、ある程度の病気は自己の免疫力を高めることによって治せるだろうし、生活習慣を改めることによって治せる病気もある。もちろん、治せない病気もあるが、自己責任の結果として生じた生活習慣病を他人である医者に治して貰おうと考えること自体に無理がある。
 
 病気というのは命に関わるものでもあるので、「大往生したけりゃ医療とかかわるな」と言われても、どう判断するかは、あくまでも自分自身である。たとえ、正しいアドバイスをしていたとしても、それを誰にも強制することはできない。そこが医療の難しいところでもあるが、先にも述べた通り、著者は「恐いものがない」人なので、本音を書き連ねている。意図的にユーモアを盛り込んだのかもしれないが、健康な(若い)内に読んでおいて損はないだろうと思う。
 実際、本書を読んで死の恐怖から解放された人も多いらしい。恐怖心から解放されることが病気を遠ざける効果があることは言うまでもないだろう。
 
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« ミサイル打ち上げ失敗から生じる『第二次朝鮮戦争』の可能性 | トップページ | シンプルに考えるべき日本の軍事問題 »

医療」カテゴリの記事

コメント

私も「大往生したけりゃ医療とかかわるな」を読んで安心した一人です。
実は私も癌です。従って先が見えていますので残りの時間を大事にして蓄えた貯金で日帰りバス旅行などして穏やかな末路を迎えたいと祈念しているのです。

癌だと医師から聞いた当初は家族も自分も取り乱しましたが、今は家族も覚悟が出来、自分も身辺整理が出来て周りからは本当に癌患者か?と言われながら生きています。癌で無い人には理解できないし反発されると思うのですが、癌告知されて時間が立ってる癌患者は中村 仁一先生に共感を覚えるのでは無いかと思います。

投稿: 癌年齢 | 2012年6月18日 (月) 22時44分

癌年齢様

コメント、有り難うございます。貴重なご意見を頂き、恐縮です。

 癌は決して治らない病気ではありませんし、仮に治らない癌であったとしても、心の持ち方次第では進行を遅らせることは充分に可能なことだと思います。ご家族様ともども、毎日を心穏やかに過ごされますことを祈年いたします。

投稿: 管理人 | 2012年6月18日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/54577493

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK『大往生したけりゃ医療とかかわるな』を読んで。:

« ミサイル打ち上げ失敗から生じる『第二次朝鮮戦争』の可能性 | トップページ | シンプルに考えるべき日本の軍事問題 »