« 官僚的社会と就活地獄の隙間 | トップページ | パナソニックのリストラ考【真の聖域とは何か?】 »

ミスチル現象から考える電子書籍の未来

2012051901 「CD不況」と叫ばれて久しいが、今月発売となったMr.Children(ミスチル)の10年ぶりのベストアルバム(MICROMACRO)は早くも累計200万枚を突破したらしく、売れ行きはなおも好調であるらしい。
 現代は、宇多田ヒカルのベストアルバムですらミリオンセラーは不可能と言われているような時代だが、ミスチルにはそういった常識が通用しなかったらしく、いくらレンタルやデジタルコピーが出回っていたとしても、費用対効果に優れた商品は売れるということが図らずも証明された格好となったようだ。

 書籍や音楽はデジタルデータ化されたことにより、紙媒体やパッケージが無くてもデータとして配付できるようになり、それまで限定されていた媒体以外でも様々な形で流通することになった。
 消費者の立場から言えば、1回だけ使用するだけのもの(雑誌や映像)であれば、デジタルデータが圧倒的に有利であることは否定の仕様がない。例えば、映画やドラマなどは余程のことがない限り、2回も3回も観ないので、パッケージとして購入するよりも、オンデマンド的な方法(レンタルも含む)で観た方が合理的でもある。

 しかしながら、音楽の場合はそうはいかない。人間は目で見て楽しむものはすぐに飽きる性質を持っているが、耳で聴くものや、舌で味わうものなど、視覚以外の感覚を使用するものは飽きずに何度も楽しむことができるという性質も併せ持っている。
 目で見て(視覚的に)楽しむものは飽きやすい。これは誰もが納得できることだろうと思う。

 「俺は同じ映画を何度も観る」とか「私は同じ本を何度も読む」という人もいるかもしれないが、それは、目で見た映像や文字ではなく、その映画や本の中から目に見えない価値を感じ取ったがゆえの行動だと思う。目から視覚的に入ってきた刹那的な情報ではなく、その情報の中に普遍的な価値が含まれていれば、飽きることがない。それだけのことである。

 何度も読む本や、何度も聴く音楽の場合、デジタルデータ時代であっても、紙やCDというオールド媒体にもまだまだ優位性が有る。
 読書家にとっても、本当に価値が有ると思った書籍は、如何に高価であろうとハードカバーの紙媒体として保存しておきたいものだろう。特に名著と言われるような本は何度も再刊されれば、常に新しい状態で保管することもできるし、逆に古い本であればあるほど価値が出る場合もある。

 以上のことを踏まえた上で、今後、電子書籍はどうなっていくかを考えてみよう。

 現在のところ、本を出版する場合、大抵はまず紙媒体で出版され、人気の出たタイトルは電子書籍化されるというケースが一般的だが、私が思うに、この順序は今後、逆転していくことになるだろうと思う。
 現在、巷では、「電子書籍ブームになると、紙媒体の本は無くなっていく」というようなことが真しやかに囁かれているが、これは少々近視眼的(ミクロ)な意見であることは否めない。より大きな視点(マクロ)で考えると、以下のようになっていくのではないかと思う。

 「電子書籍ブームになると、紙媒体の本の価値は上がっていく

 今後、電子書籍の量は増加していく。これは間違いない。しかし、そのせいで、紙媒体の書籍が陳腐化するというのは可笑しい。誰もが入手できる電子書籍よりも、入手が困難になる紙媒体の価値が下がっていくという理屈は、よくよく考えると筋が通らない。

 誰もが低コスト・低リスクで電子書籍を発行できるようになれば、高コスト・高リスクの紙媒体の書籍を発行することは難しくなる。つまり将来的には、本当に価値が有り売れる本しか、紙媒体の書籍としては発行できなくなるということである。現在のように装丁だけは立派だが中身は空っぽというようなトンデモ本の類いは紙媒体では出版されなくなっていく。
 ゆえに作家達は、紙媒体の書籍を発行することが目標となり、当然、モノとしての本の価値も値段も上がっていくことになる。この場合、現在とは違って、その本には確かな価値が有ることが証明されていることになるため、“値段が上がれば売れなくなる”という事態にはならない。

 むしろ、デジタル化によって陳腐化していくのは、電子書籍の方である。実際、著作権問題でデジタルデータの価値が問われていることからも分かる通り、複製可能な商品にはプレミアム的な価値が付けにくい。本の内容は読まないことには解らないし、本に対する価値判断は相対的なものなので、それこそ、目に見えない価値を測るような装置でも無い限り、値段の差別化を行うことは難しいと思う。
 結局のところ、本の価値を決めるのは、個々の読者だということでもある。

 現代は、電子書籍の登場によって、著作物だけでなく著作権自体も陳腐化することが大きな問題となっている。しかし、『価値の有るものは、いかなる時代であろうと売れる』。このことは冒頭で述べたミスチルが証明してくれたことでもあり、例外であるとはいえ、一種の希望を抱かせるものがある。

 近い将来、電子書籍を介して選りすぐられた紙媒体の書籍が、高い価値を持つようになり、新たな本の文化が誕生するかもしれない。電子書籍というものは、本の文化の最終到達点ではなく、実は通過点であり、本の価値を間接的に上げる媒体に過ぎなかったということが認識される日が来るのかもしれない。
 
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 官僚的社会と就活地獄の隙間 | トップページ | パナソニックのリストラ考【真の聖域とは何か?】 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/54743252

この記事へのトラックバック一覧です: ミスチル現象から考える電子書籍の未来:

« 官僚的社会と就活地獄の隙間 | トップページ | パナソニックのリストラ考【真の聖域とは何か?】 »