« 喩え話で解る「社会保障と税の一体改革」の正体 | トップページ | 『検察不況』の終焉と『リクルートの上場』 »

日本に誕生した「空想的安全主義者」の考察

2012072201 相変わらず、日本を取り巻く原発関連問題は未だ全く収束する気配が無く、毎日毎日、次から次へと洪水のように新たな原発関連ニュースが報道されている。
 原発事故が発生していなければ、今頃は震災の復興ニュースなどで賑わうところなのかもしれないが、原発問題が必要以上に巨大に成り過ぎて、震災の復興ニュースどころではなくなっているようだ。その様はまるで、脱出不可能な迷路に国民自らが嵌まり込んでいるかのようでもある。

 日本が原発迷宮に嵌まり込むだろうことは、原発事故が発生した当初から予測されていたことだが、この迷宮から脱するためには、感情論を捨てて理性的に物事を考える必要がある。「脱原発」という感情論だけでは、「脱迷宮」は果たせないということをそろそろ冷静になって考える必要があると思う。迷路から脱出するために必要なものは「感性」ではなく「知性」と「理性」であることは言うまでもない。
 
 今回は少し感情論に傾き過ぎているきらいのある“原発撤廃論者”のメンタリティー(精神構造)というものに焦点を絞って考察してみたいと思う。

 実に不思議なことではあるが、世の“反原発論者”と言われる人々は、ほぼ例外なく“反米論者”でもあるようで、面白いようにピッタリと符合している。

 “反原発論者”と“反米論者”、この二者の共通点とは何なのかと言うと、一言で言うなら「理想論主義者」だということだろうと思う。

 「反原発」も「反米」も、それを実現する過程で、間接的な問題が何も起こらないという前提に立てば、全く正しい。しかし、この世の中(社会)というものは、そうは単純には出来ていない。結果として単独でその状態が実現されることは正しくとも、その状態を実現するためには、実に様々は障壁が存在している。
 「反原発」や「反米」という理想的な状態を実現するためのハードルは極めて高く、理想論主義者が思っている以上に高い。その高さは、電力会社が想定していた津波の高さと実際に発生した大津波の高さの乖離差のように大きなものであり、理想論主義者を一瞬にして呑み込むだけの高さを有している。
 原発を撤廃し、その結果、日本経済に「未曾有の危機」という名の大津波が押し寄せないと目が覚めないというのが、理想論主義者の姿だと言える。もっとも、端からそれ(国家の破壊)が目的という人々も混じっていると思われるが…。

 「反原発」という理想を実現するためには、原発に代わる「代替エネルギー」が絶対的に必要であり、「反米(=独立)」という理想を実現するためには、「自主防衛能力」が絶対的に必要になる。しかしながら、現在の日本には、このどちらも存在していない。
 存在していないものを「存在する」という前提に立って、理想を追い求めれば、その理想が叶わないだけでなく、事態はより一層悪化することになるのは世の常だ。ユートピア(理想郷)を追求したは良いが、結果としてデストピア(暗黒郷)を招来することになる。
 
 このことは現在のイジメ問題にも言えることで、いじめを無くす教育システムが存在していない状態で、「いじめ根絶」「いじめ根絶」などと叫んだところで、結果的に現出するのは、いじめの無い理想的社会ではなく、いじめが増加し続ける暗黒的社会である。感情論だけでは社会は改善しないという良い例である。

 「反原発」も「反米」も「反イジメ」もそれを実現するためには、クリアしなければならない絶対条件が有るのだが、その絶対条件を無視して(あるいは考えも及ばずに)理想論に酔っているのが、理想論主義者の特徴である。
 「平和」「平和」と叫んでいれば、世界は平和になるという思想を持った人々のことを「空想的平和主義者」と呼ぶ。この例に倣って、「脱原発」「脱原発」と叫んでいれば、日本は安全になると思っている人々のことを「空想的安全主義者」と名付けたい。

 一応、お断りしておくと、私は原発推進論者ではない。これまで電力行政に反対せず、原発に依存した生活をしてきた以上、国民にも少なからず責任が有る(代替エネルギーが見つかるまでは原発リスクを受け入れる必要がある)と考える原発受容論者である。ちなみに「受容」とは、「良い・悪いに拘わらず、受け入れる」という意味である。

 原発推進論者 = 科学的
 原発撤廃論者 = 空想的
 原発受容論者 = 現実的

 
 以上の3つの違いがあることを感情的にならず理性的に知っていただきたいと思う。
 
にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 喩え話で解る「社会保障と税の一体改革」の正体 | トップページ | 『検察不況』の終焉と『リクルートの上場』 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/55252430

この記事へのトラックバック一覧です: 日本に誕生した「空想的安全主義者」の考察:

» 出会い系 モバイルマッチ詐欺 返金ならTCA総合探偵事務所 [トラブル解決無料相談センター]
モバイルマッチ/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 TCA総合探偵事務所 [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 11時38分

« 喩え話で解る「社会保障と税の一体改革」の正体 | トップページ | 『検察不況』の終焉と『リクルートの上場』 »