« エレベーター事故をスルーするノーリスク教の信者達 | トップページ | 経済音痴政党の「野党下野宣言」 »

脱原発論者には見えない“巨大なリスク”

2012110701 前回の記事で、エレベーター事故を基に原発のリスク問題について書いたところ、案の定、相当数の反論・批判を頂いた。その反論・批判内容もある意味、予想していた範疇のものだったので特に驚きもしなかったが、誤解されたまま、このまま素通りするのもどうかと思うので、追記として述べておきたいと思う。

 最も多かった反論は、「エレベーターと原発を同様に扱うのはナンセンスだ!」というものだったが、これは言われるまでもなく当たり前の話である。
 実際、そういう反論が返ってくるだろうことをそれとなく書いておいたので、少しは察してもらえるのではないかと思っていたのだが、残念ながら、一部の人々には、それが理解してもらえなかったようだ。やはり感情的な反論の防波堤にはならなかったようで、この問題の根深さを改めて実感した。

 私は、「エレベーター事故」と「原発事故」の直接的なリスクの比較を述べたわけではなく、間接的、または結果として生じるリスクを含めた上で書いたつもりだったのだが、言葉足らずだったせいもあるのか、そのままストレートに解釈された人が多かったらしい。

 原発で本当に大々的な事故でも起きれば、確かに国家存亡の危機に直面する可能性は有る。そのリスクが有ることは否定しない。しかし、代替エネルギーが無い状態で本当に原発をゼロにしてしまうことによるリスクの方も無視するわけにはいかないのである。

 元々、日本の原発行政は、自国でエネルギーを賄えないという“巨大なリスク”を抱えた日本ならではのリスク回避政策だったという側面がある。他国からのエネルギー供給がストップすれば、自国の経済が崩壊してしまいかねないという危機的な状況を避けるためには、どうしても原発が必要だったわけだ。
 しかしながら、世界で唯一の被爆国である日本ではもともと“”に対する強いアレルギーが存在し、「核」という言葉を聞いただけで無条件に拒否する人々は多い。そのために流布された言葉が「原発は絶対安全です」という嘘だった。

 「原発は絶対安全です」というような言葉を信じる方がどうかしているわけで、原発が危険なものであることは事故が起こる前から誰もが薄々理解していたことである。
 本当に原発が危険だと思うのであれば、事故が起こる以前から「原発反対!」と言うべきであり、それをせずに、原発から供給された電気を素知らぬ顔をして使用し続けてきたのが我々国民だ。「国に騙された」と言う前に、危険な物と知った上で使用してきた人間に全く罪は無いと言えるだろうか?

 「自由主義者は個人で管理できない原発という危険物とは相容れない」というようなことを書いている人もおられたが、これも上記と同じであり、事故が起こる前から言わなければ意味がなく、自家発電で生活しているという人でない限り、結果論としての机上の空論でしかない。
 原発などという危険物は、元々、社会主義的な組織でしか運用できない代物である。そして、その原発を運用する電力会社のステークスホルダーが我々国民だ。つまり、我々国民は全員、電力会社の株主のようなものなのである。だから、電気代が上がれば有無を言わさずに我々国民に負担が跳ね返ってくるわけだ。そんな立場に甘んじ、何の批判もせずに電気を使用し続けてきた(現在も使用している)のが我々国民なのだ。

 「自由には責任が伴う」という言葉の通り、自由主義者にも責任は付き物だ。ゆえに、本当の自由主義者であれば、そういった社会主義的な体制を自ら受け入れてきたことに対する責任を持たなければならない。個人の責任を放棄し、「国が悪い」「国がなんとかしろ」と言うのでは、単なるリベラルな個人主義者(=左翼)であり、本来の自由主義者では有り得ない。反原発論者が左翼だと言われるのは、そういう理屈なのである。(補足:自由主義のことをリベラルと訳す向きもあるが、本来、自由主義とリベラルは同じものではない)

 大体、明確な代替案も無いのに「原発を2030年までに無くす」などと言うこと自体、無責任そのものである。そんなことができる保証が本当にあるのだろうか?
 エレベーター(原発)と階段(自然エネルギー)の例えをもう1度、使わせてもらうと、「上階に上がる第3の方法を2030年までに見つけます」と言っているわけだが、こんなのは、「テレポーテーション技術を2030年までに発明します」と言っているようにしか聞こえない。まさにSFだ。こんなジョークが言えるのは、階段(自然エネルギー)という最低保証が有るからだと思われるが、そんな滑り止めの最低保証で国民は本当に満足できるのだろうか?

 脱原発の実現を目指すということは、先に述べた“巨大なリスク”を受け入れるということでもある。その危険性は原発事故のように可能性(しかも極小の可能性)の問題ではなく、ほぼ100%間違い無く訪れる危険性なのだ。主として、外交リスクと、それに付随した経済破綻リスクが伴う。外交リスクとは、エネルギーが入って来なくなった場合、戦争に発展する可能性が有るというリスクのことである。無論、そこには中国も関係してくることは言うまでもない。

 結局のところ、原発のリスク問題というのは、事故が発生するか発生しないかというような可能性の問題ではなく、選択次第によっては、結果的に“亡国に至る可能性が有る”という極めて重大な問題なのである。「原発事故も重大だ」と言いたい気持ちも理解できるが、それ以上に悲惨な結果を齎す可能性が有ることが解れば、「脱原発」などとは言いたくとも言えない。将来的なリスクとは決して一元的なもの(原発事故リスクのみ)ではないのである。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« エレベーター事故をスルーするノーリスク教の信者達 | トップページ | 経済音痴政党の「野党下野宣言」 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

想像できるものは実現できる・・・ジュールベルヌ
(20年前にiPS細胞を語ったらほとんどSFだったでしょうね。)

本当の答え:

エレベーターのリスクは既存のtechnologyで回避できる(だからノーといわない)

BUT,

原発は、たとえば、福島原発4号機の壊れたプールにばらばらに沈む2000本以上の燃料棒を空気に触れず1本残らず別の格納器に安全に移動させるノウハウすらない(だからノーという)

投稿: | 2012年11月14日 (水) 14時54分

うちの小6の息子がもうひとついい答えを出しました。

エレベーター事故は責任の所在(メーカー)がはっきりしている人災だから対策を講じられる(だからノーという必要がない)

BUT,

3.11のような原発事故は天災でもあるし責任の所在(政府?学者?メーカー?)のわからない人災でもあるため対策を講じられない(だからノーだ!)

投稿: | 2012年11月15日 (木) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/56065446

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発論者には見えない“巨大なリスク”:

« エレベーター事故をスルーするノーリスク教の信者達 | トップページ | 経済音痴政党の「野党下野宣言」 »