« 「未知の活断層」と「未知の宇宙」 | トップページ | 「日本病」の処方箋『景気連動政府』 »

『当たり屋国家』と駄々っ子を放置する日本

2013042101 日本は景気が少しずつ良くなってきつつあるものの近隣の“北朝鮮の暴走”という地政学的リスクが目の前にぶら下がっているため、いつ何時、景気の腰を折られるかも知れないという不安感は払拭できずにいる。日本の株式市場も大相場に突入しつつあるように思われるが、いつ梯子を外されるか分からないため、1日たりとも気が抜けず、短期(短気)売買に甘んじている投資家も結構多いのではないだろうか。

 テレビや新聞でも毎日のように北朝鮮関連のニュースが伝えられている。先日も米韓両国に対して「すべての挑発行為の即時中断と全面謝罪」を求めたそうだが、完全に善悪の立場が逆さまになってしまっている。ミサイルをチラつかせた挑発行為を行っているのは北朝鮮の方であり、謝罪しなければならないのも北朝鮮の方だ。
 金正恩氏はそのルックス(風体)から「駄々っ子」と形容されることがあるが、その政権の本質は、差し詰め「当たり屋」と言ったところだろうか。

 北朝鮮は、自分達から表立って攻撃を仕掛けるつもりはサラサラないが、韓国側(アメリカも含む)が北朝鮮の挑発に乗って先に攻撃を仕掛けてくることを虎視眈々と狙っているようにも見える。
 喩えて言うなら、何度も何度も急ブレーキを踏み、後ろを走っている「韓国」という車がオカマ事故を起こすのを待っているような状態かもしれない。もし仮にその思惑通りになったとしても、事故(戦争)の原因は明らかに北朝鮮にあるのだが、結果的に事故(戦争)を起こしたのは韓国側ということにしたいのだろう。まさに「当たり屋」の思考そのものだと言える。

 一党独裁国家では情報が遮断された自国の国民には真実が分からないのをよいことに、他国への駄々のこね放題が罷り通ってしまう。多くの死傷者を出した中国の天安門事件などでも、未だそんな事件が有ったことさえ知らない中国人も大勢いるぐらいだから、中国以上に閉鎖された北朝鮮なら、誤った情報で国民を洗脳する程度のことはお手のものだろう。
 何発も空砲を打って威嚇したのが北朝鮮であったとしても、先に実弾を発射したのが韓国側であれば、「戦争の引き金を引いたのは韓国側だった」という歴史的捏造がいとも容易く為されてしまう。

 ほとほと、難儀な国が近隣にあったものだと感心してしまうが、もはや、北朝鮮は国家と言うより、山賊と言った方が近い。他国を脅すことでしか自国を維持できない盗人根性丸出しという感じだが、こんなカルト教と化したような国でも、そこに住んでいる多くの人々は大して疑問を感じることもなく、国家に隷属することを当然のことだと認識しているというのだから、国を統治する基になっている(誤った)思想というものはつくづく恐ろしいものだと思う。

 正しい情報を遮断するだけで、これほど簡単に人心を操れるのだから、情報機関(マスコミ)の在り方次第で国民は如何様にも変わるということを意味しているが、人間の精神構造というものも、ある意味で騙されやすくできているということなのかもしれない。この世に生まれ落ちた時に、自らの周りに空気のように存在している思想が、その人物の人格形成に与える影響は計り知れないものがある。その国が発展するか衰退するかは一国の思想にかかっているとも言えるが、北朝鮮を統べている思想は明らかに衰退思想(破滅思想)だと言える。

 話を株式市場に戻そう。
 アベノミクスによる今回の大相場に冷や水を浴びせることになるのは、おそらく次のうちのどれかだろうと思う。

 1、官僚のバブル潰し
 2、政治家の消費税増税
 3、北朝鮮での戦争勃発
 4、中国との軍事衝突

 1と2、3と4はそれぞれ1セットとも言えるが、このままいくと、の北朝鮮絡みのニュースとなる可能性が最も高そうだ。「駄々っ子」に命運を握られても厳しく叱ることのできない日本、その姿は、どこか体罰(叱ること)を禁じられた教師の姿とダブって見える。

 暴力的な不良生徒=北朝鮮
 事勿れ自虐教師=日本
 モンスターPTA=中国

 この自虐的な構造をなんとか変えられないものだろうか…。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 「未知の活断層」と「未知の宇宙」 | トップページ | 「日本病」の処方箋『景気連動政府』 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/57221209

この記事へのトラックバック一覧です: 『当たり屋国家』と駄々っ子を放置する日本:

« 「未知の活断層」と「未知の宇宙」 | トップページ | 「日本病」の処方箋『景気連動政府』 »