« 『魔女狩り』政治の行方(思考停止論の危険性) | トップページ | 株式市場にある2種類の「ざまーみろ」 »

「Money is food.【お金は食べ物なり】」で考える量的緩和

2013063001■「食べ物をたらふく食べれば肥満体になる」?

 現代の世界経済の景気の動向は、全て量的緩和次第ということなのか、アメリカが今後もこれまで通り量的緩和(金融緩和)を続けるかどうかということに世界中の注目が集まっている。
 そんな中、なぜか日本だけは「量的緩和を行えば経済が破壊される」という真逆の意見が多く聞かれる。彼ら量的緩和反対論者の言い分は次の一言に収斂する。

 「量的緩和(金融緩和)を行えばインフレ(ハイパーインフレ)になる

 もはや、お題目と化したこの言葉を信じれば本当に功徳が有るのだろうか? もしこの言葉が空念仏だとすれば、我々は全くの杞憂を抱かされていることになるわけだが、果たして真相はどちらなのだろうか?

 「お金の量が増えるとお金の価値が下がり、物価が上がる(=インフレになる)」というのは確かに理屈の上では正しい。では、その理屈通りに市場経済が動くかというと、そう簡単には行かないのが難儀なところであり、また面白いところでもある。このことはガチガチの理屈で考えてもよく解らないと思われるので、簡単な喩えで考えてみよう。

 「お金」を「食べ物」に、「経済」を「人体」に喩えてみると、「お金を大量に刷ればインフレになる」というのは、「食べ物をたらふく食べれば肥満体になる」というのと同じようなものだと言える。
 しかしながら、世の中には、いくら食べても太らない人もいれば、少し食べるだけで太る人もいる。その違いを一言で言えば“栄養分をどれだけ吸収できるか”ということであり、栄養分を吸収せずに食べた物のほとんどが胃腸を素通りして便となれば太らない。逆に、食べた物が無駄無く吸収され、栄養として人体に取り込まれるのであれば、少量の食事でも太ることになる。

■肥満(インフレ)体質 or 細身(デフレ)体質

 市場経済というものもこれと同じようなもので、お金をどれだけバラまいても、インフレにならない市場もあれば、少しのお金をバラまいただけでインフレになる市場もある。
 その違いも、人体と同じように、市場がどれだけそのお金を無駄無く取り込む(循環させる)ことができるかによる。

 では、日本市場は、どちらの体質に属するのか?
 肥満(インフレ)体質か、それとも細身(デフレ)体質か?
 答えは人それぞれ違うかもしれないが、個人的には、後者の細身体質だろうと思う。

 お金をどれだけ刷っても、そのお金がほとんど市場の栄養分とならずに、預貯金に化け、投資にも回らないようでは、そう簡単にインフレ(肥満体)にはならない。未だ1円でも安い商品を買うことに執着している消費者と、安値競争に喘いでいる企業を観ていても、そのことは如実に実感させられる。ダイエットすることばかり考えている人間がそう簡単に肥満体になるとは考えにくい。

 「食べ物をたらふく食べれば肥満体になる」と言っても、太る心配が無いのであれば、たらふく食べても構わないことになる。
 これを逆の論理で言えば、太る心配の無い人に「食べ物をたらふく食べれば肥満体になる」と言って、食べ物を与えなければ、その人物は栄養失調になる危険性があるということだ。かつての日銀主導の反量的緩和政策は、まさにそんな状態だったと言えるのかもしれない。

 リフレ派は「インフレにするために量的緩和を行わなければならない」と言い、反リフレ派は「量的緩和を行えばインフレになる危険性がある」と言うが、私は「インフレになる可能性は低いので量的緩和を行うべき」だと思う。

■「人体は皆同じ」と考えるヤブ医者達

 統計的に、胃下垂は食べても太らず、痩せている人に多いらしいが、日本経済は慢性的かつ複合的なデフレ状態が20年以上も続いたままなので、ほとんど「胃下垂経済」化しているとも言える。(胃下垂の人には失礼な言い方かもしれないがご了承のほどを)
 そんな状況下で、食べ物を与えないような政策を行えば、日本経済が栄養失調によって衰弱していくことは火を見るより明らかだ。

 目の前の医療ベッドに栄養失調で痩せ衰えた患者が横たわっており、その患者を見守る家族に対して、「食べ物をたらふく食べれば肥満体になる」と言って、食べ物(栄養)を与えない治療を施している医者の姿を想像してみよう。あなたの目には、その医者が名医に見えるだろうか? それともヤブ医者に見えるだろうか?

 「人体は皆同じ」と考えるデタラメなヤブ医者が金融弛緩策を行っていた時に、突如出現したのが、アベノミクスによる金融緩和策だった。
 栄養分が即吸収される健康体に金融緩和策は無用かもしれないが、栄養失調に陥っている患者には、取り敢えず、金融緩和策を試してみることは必要だ。予想に反して、もし太り出せば、食べ物を与えない(金融引き締め)ようにすればいいだけの話である。
 大事なことはインフレになる心配があるから金融緩和はイケナイのではなく、インフレになる心配がほとんど無いからこそ金融緩和を行わなければいけないのである。

 こう言うと、ヤブ医者達は開き直ってこう言うかもしれない。

 「病気は自力で治すものだ

 これもある意味、正論だ。その意味とは、自力で回復できるだけの体力があればという意味である。しかし、瀕死の重傷患者を前にして自己責任論は何の助けにもならないというのも真実だ。時と場合によっては、他力も必要なのである。

 ちなみにアメリカのバーナンキ氏は「アメリカ経済が健康体に戻ったので金融緩和を縮小する」と述べているが、そのうち、再度、金融緩和路線に戻るのではないかと思う。バーナンキ氏の姿は、「取り敢えず、一度、食事量を減らしてみて様子を観てみよう」という白衣の医者の姿を想像させる。
 アメリカ経済がそれほど簡単に完全な健康体に戻るとは思えないので、多分、短期間のリップサービス(茶番?)ということになるのではないかと予想している。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 『魔女狩り』政治の行方(思考停止論の危険性) | トップページ | 株式市場にある2種類の「ざまーみろ」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>リフレ派は「インフレにするために量的緩和を行わなければならない」と言い、反リフレ派は「量的緩和を行えばインフレになる危険性がある」と言う

リフレ派「量的緩和でインフレは起こせる」
反対派「量的緩和でインフレは起こせない」

ですよ。
ただし、一部の?反対派の場合、「インフレになった時※にハイパーインフレになる」或いは「インフレになった時にインフレを抑制できなくなる」が追加される訳ですが。
※量的緩和とは別要因(海外景気・円安・資源高etc)でもインフレは起こりえる。

>予想に反して、もし太り出せば、食べ物を与えない(金融引き締め)ようにすればいいだけの話である。
そこでトラブルに見舞われるって話ですね。

>「人体は皆同じ」と考えるデタラメなヤブ医者
さすがにそんな無茶苦茶な話は誰もしていないでしょう。
根本的な診断や治療法に対する評価が異なっているので、全く異なる処方箋が出てきているだけで。

まぁ、リフレ派は薬の副作用について説明しないし、反対派は過剰にアピールしている感はありますが。
まるで原発の推進派と反対派のような???

投稿: POM_DE_POM | 2013年7月 1日 (月) 14時24分

もはや完全に意味不明。
何でお金が栄養になるわけ?

投稿: muu | 2013年7月 1日 (月) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/57699451

この記事へのトラックバック一覧です: 「Money is food.【お金は食べ物なり】」で考える量的緩和:

« 『魔女狩り』政治の行方(思考停止論の危険性) | トップページ | 株式市場にある2種類の「ざまーみろ」 »