« 一億総「非正規雇用」社会の到来 | トップページ | 『効率化』の功罪【無意味な“効率化”に喘ぐ日本の製造業】 »

不況を長引かせるハイパーインフレ予言者達

2013072601■「トラブルメーカー」というレッテルを貼られた元総理

 参議院選挙が終わり、大方の予想通り、自民党の圧勝ということで決着がついたが、惨敗を喫した民主党内では、選挙前にいざこざ問題を起こした菅・鳩山両元総理に対して離党勧告が行なわれ、場合によっては除籍処分も有り得るということだったが、どうやら数ヵ月間の議院資格停止で済まされるらしい。敗戦時における戦犯処分の如く、トカゲの尻尾切りが行われるのかと思われたが、結局、茶番ということになりそうだ。

 菅・鳩山両元総理は、単なる「ダメ総理」というだけに止まらず、自らが所属する政党からも愛想を尽かされ「トラブルメーカー」というレッテルを貼られてしまった格好だが、多くの国民が内心思っていた通り、両氏共に1国の総理を務めるような器ではなかったということなのだろう。国益を考えようとしない市民運動家空想的平和主義者を総理に祭り上げると、どういう結果を齎すことになるのかということが骨身に染みてよく解ったのではないかと思う。

 昔から野党というものは、与党を批判することが生業であり、とにかく何でもかんでも「反対」「反対」と言うのがお決まりの相場だった。しかし、既に「株価の回復」と「行き過ぎた円高の是正」という結果を出しているアベノミクスという政策に対しての愚直な「反対」は、さすがに無理があったと言わざるを得ない。
 どうせなら、アベノミクスよりも消費税増税に焦点を絞って反対するべきだったと思われるが、民主党の場合、元々、消費税の増税には賛成の立場なので、結局、アベノミクスに反対するしか道はなく、自ら抱えた政策的矛盾によって袋小路にハマってしまったというわけだ。

 一方、自民党の方もアベノミクス発表後、まだ1年も経過していないというのに、「景気は回復したので消費税を上げる」などという時期尚早発言を行っているが、こういった明らかに矛盾した部分を野党の立場から正確に追及することができていれば、もう少しは票数を獲得できたはずだ。

■アベノミクス以上の政策を思い付かない政治家達

 野党が言うところのアベノミクス批判というのは、どれもこれも「アベノミクスで日本は衰退する」というものだが、現実に目を向ければ、仮に一時的であったとしても、景気が上向いた業界があることは誰の目にも明らかだ。一般国民の間にその実感が無いとしても、もう少し待てば本当に全体的な景気が良くなっていくのではないかという微かな期待感が持てる。この部分が非常に大きい。

 逆にアベノミクス批判を行っている政党や評論家の言うことに従えば景気が良くなるのか?というと、全くそんな代替案が有るとは思えないし、座して死を待つだけなら、アベノミクスに賭けてみる方が理に適っている。
 この自民党が用意した「アベノミクス」という名の巨大な盾を破るためには、無謀な突進は無意味だったと言える。こういう場合は、巨大な盾を突き破ることを考えずに、その盾を飛び越えることを考えるのが正攻法である。つまり、「アベノミクスではまだ足りない」という批判を行えばよかったのである。例えば、以下のように言えばいい。

 「アベノミクスでは200兆円のバラマキを行うと言っているが、それでは足りないので、我が党は500兆円のバラマキを行います

 こんなことを言う政治家が現れれば、またぞろ、「そんなことをすれば、ハイパーインフレになってしまう」と批判されることになるのだろうが、500兆円と言っても、アベノミクス同様、いきなり全額バラまくわけではないし、絶対的に500兆円バラまくわけでもない。毎年、50兆円ずつバラまき、景気が改善すれば数年で打ち止めにしても構わないわけで、あくまでもMAXが500兆円という意味である。
 国民の心理に与えるインパクトは大きければ大きいほどいい。たとえ嘘であったとしても、国民心理を動かすことができれば、景気は良くなっていく。本当に景気が良くなるのであれば、政治家の嘘は許される。それが「嘘から出た実」の意味でもあるが、現在の政治家のほとんどはこの逆で、“嘘を言って景気が悪くなる”という許されない事態を自ら演出してしまっている。言わば、「嘘から出た大嘘」だ。

■1人200万円でハイパーインフレになるか?

 以前、麻生元総理が1人につき2万円の『定額給付金』というバラマキを行ったことがあったが、総額2兆円程度では需給ギャップを埋めるには及ばず、役所の焼け太りを助長しただけの「世紀の愚策」と呼ばれたことは記憶に新しい。国民1人1人に定額(2万円)のお金をバラまいたはいいが、元々、お金を使う気のない人にお金を配っても預貯金に化けるのが関の山だ。2兆円程度なら、現金よりも必ず消費される『買い物券』でも配るべきだった。
 アベノミクスは定額給付金のように1人1人に現金を給付するわけではなく、総額ではその100倍のバラマキを行うことになる。お金の流れに敏感な人は、真っ先に期待資金が流れてくるであろう株式市場に我れ先にと資金を投入し、本来、1人が得られる200万円以上のお金をごく短期間で手に入れた。不労所得を手に入れた人間は大抵、そのお金を使用してくれるので、どんどん儲けてもらえばいい。

 さて、ここでアベノミクスの200兆円のインパクトについて考えてみよう。
 「10年間で200兆円」と聞くと物凄い大金のように聞こえるが、1年間に20兆円ということは国民1人当たりせいぜい年間20万円だ。4人家族であれば年間80万円ということになるわけだが、はたしてその程度のお金が懐に入ってきたとして、あなたの消費意欲はコロッと変化するだろうか?
 10年間で1人当たり200万円入ってきたとして、それで1円でも安い商品を買うことに熱心な人々(あなた)のデフレ根性は矯正されるだろうか?

 個人的な感覚で言えば、200兆円程度では足りないのではないかとさえ思える。一時的に消費活動が活発になり、その間接的影響で少しは物価が騰がるかもしれないが、それが良いインフレと呼べる代物であるかは疑わしいと思う。況して、「ハイパーインフレになる」などと言うのは、取り越し苦労もいいところだ。
 化石燃料の高騰と円安の影響で一部の物価が騰がっているだけでインフレと呼ぶのはまだ早い。適度なインフレにするのも至難の業である状況下でハイパーインフレなどを心配するのはナンセンス以外のなにものでもない。

■悲観的な人物をリーダーにすることの不幸

 日本のデフレ不況は「お金が動かないこと」が主因なので、お金を使う気の有る人にお金を配った方が景気に与える影響は大きくなる。これは『パレートの法則』的にもそう言える。景気の良し悪しとインフレ・デフレは本来無関係だが、お金の量も景気の良し悪しとはあまり関係がない。正確に言えば、景気の良し悪しに大きな影響を及ぼすのは、「ストックした(貯めた)お金の量」ではなく「フローする(動く)お金の量」の方である。
 どれだけのお金をバラまけば、どれだけのお金が動き続けるのか? 問題とするべきは、その1点であり、その正確な答えが判らないのであれば、誰にも「ハイパーインフレが起こる」などという予言はできない。

 さらに言うと、一国の景気を作り出しているのは、お金の総量ではなく、その国に住んでいる国民の集団心理である。お金の量というのは、その集団心理が向かう方向性に影響を与える手段に過ぎない。単にお金の量を増やせば景気が良くなるのではなく、お金の量が増えることによって集団心理に良い変化が生じれば景気が良くなる
 景気が良くなるという現象は、集団心理における自己実現現象のことであるので、実際にお金をバラまかなくとも、先んじて景気が良くなることは有り得る(実際にそうなった)。経済が期待で動くというのはそういう心理学的な意味を含んでいる。

 要するに、一国の景気を左右するのは“お金の量”ではなく“国民の精神状態(思考)”なのである。ゆえに同じ政策を採ったとしても、その国の国民性によっては違った結果が生じることになる。日本のように「ハイパーインフレが起こる」などという不幸な予言を行っている人々が多い国では、それだけ不況から脱するのも難しくなるわけだ。

 最後に民主党に話を戻すと、「最小不幸社会」などという悲観的な言葉を聞いて、国民の集団心理が良い方向に向かうはずがない。実際に民主党時代に景気が悪くなったのは、間違った自己実現が叶ったと言うこともできる。企業であれ政治であれ、悲観的な目標を掲げる人物をリーダーにしてはいけない、これは万古不変の鉄則でもある。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 一億総「非正規雇用」社会の到来 | トップページ | 『効率化』の功罪【無意味な“効率化”に喘ぐ日本の製造業】 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

貧乏人から富裕層への所得再配分

投稿: とおりがかり | 2013年7月27日 (土) 14時56分

年金廃止&ベーシックインカム導入(例えば使用期限付き商品券など)にすれば、フローは解決するのでは?

ベーシックインカムがまじめに議論されないのが不思議でしかたないのですが、いかがでしょうか?

投稿: bi | 2013年7月27日 (土) 17時13分

ベーシックインカム導入時は、もちろん生活保護も原則廃止です。

生活保護制度や年金制度の維持にどれくらいのランニングコストがかかっているか、誰かまじめに考えていますでしょうか?

投稿: bi | 2013年7月27日 (土) 17時16分

当サイトのプロフィールで使用されている地球頭人間の画像は、当社株式会社アートゾーンの著作物です。また関連ブログでも同じ画像が使用されています。たとえ購入されたものであってもこのようなシンボルに使用されることは禁じられています。至急ご連絡ください。

投稿: 海老原 豊 | 2013年7月27日 (土) 17時53分

海老原 豊様

ご連絡、有り難うございます。

 元画像の入っている商品は購入したものですが、商用目的ではありませんので、加工した画像をそのまま使用させてもらっていました。

 画像の方は、今後使用しないようにしますので、ご了承ください。関連サイト様にも削除をお願いさせていただきます。
 ご迷惑をお掛けし、失礼いたしました。

投稿: 管理人 | 2013年7月27日 (土) 22時53分

ご返答ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: 海老原豊 | 2013年7月28日 (日) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/57870023

この記事へのトラックバック一覧です: 不況を長引かせるハイパーインフレ予言者達:

« 一億総「非正規雇用」社会の到来 | トップページ | 『効率化』の功罪【無意味な“効率化”に喘ぐ日本の製造業】 »