« 間違った「駆け込み需要の反動」ニュースの愚 | トップページ | サスペンスドラマのような『STAP細胞』騒動 »

四面楚歌に陥った小保方晴子氏を擁護する

2014041301

■謝罪会見の中で見え隠れした「真実」

 今週(4月10日)、小保方晴子氏が会見を開いたことでマスコミはこぞって、その会見の模様を生放送した。当然、日本中の視線が小保方氏に注がれ大騒ぎになったが、未だ興奮覚めやらぬという感じで、今後も当分の間(STAP細胞の真偽が判明するまでの間)はこの話題が尽きることはなさそうだ。

 多くの人がそうであるように、私も科学については門外漢なので、この問題についてはこれまで全く触れずにいたが、科学を抜きにした感想の方を少しだけ書いておこうと思う。
 小保方氏の会見日当日は仕事中だったので、残念ながらリアルタイムで観ることはできなかったが、帰宅後、いくつかのテレビ番組で会見の様子を観てみた。

 まずは、冒頭から小保方氏の謝罪の挨拶に始まり、自らに不備があったことは正直に認めており、特に悪びれる様子もなく、なにやら謝罪会見を思わせるような滑り出しだった。
 この会見を観る限りでは、小保方氏の研究成果の発表過程が未熟で至らなかった部分があったことは自らも認めている通りなのだろうと思う。しかし、当のSTAP細胞のことに話が及ぶと「真実」であることは譲らない姿勢を見せていた。研究の手段自体に問題が有ったことは認めつつも、研究の成果が有ったことだけは否定できないという意思は伝わってきた。
 
■ホリエモンとオーバーラップする小保方氏

 先にも書いたように、私は科学については門外漢なので、「今回の研究過程や発表の仕方に問題があった」と言われても、それがなぜ問題であるのか分からないし、仮に問題があったとしても、手順や通例などは別にどうでもいい。我々、一般人にとって重大な問題は、「STAP細胞が本物であるか偽物であるか」だけであり、それ以外のことに興味を持ってもあまり意味がない。
 勝間和代氏の著書『専門家はウソをつく』ではないが、専門家だからといって必ず正しいことを言っているとは限らないので、なるべく先入観を持たずに冷静に判断したいものだ。

 小保方氏の会見を巡っては、専門家を中心に様々な意見(主に批判)が百花繚乱状態になっており、ここでもまた「擁護派」と「批判派」が分かれているようだが、現状では圧倒的に「批判派」が多いようだ。
 確かに彼女の研究の発表過程は素人目にも杜撰さが目立ち、「批判の誹りは免れない」というのは、その通りだろうと思う。しかしながら、会見を観た正直な感想を述べさせていただくと、私には、小保方氏が嘘をついているようには見えなかった。少なくとも「悪気はない」ように見えた。
 普通、嘘をついている人は目を見れば、それとなく(嘘だと)分かるものだが、彼女の目を見ている限り、嘘はついていないように見えた。

 かつて、ライブドア事件でホリエモンが逮捕された時にも私は同じような感覚を抱いたことがある。当時、事件についてホリエモンがインタビューに応えている様子がテレビで放送されたが、その時の彼の目を見て直感的に感じたことは「彼は嘘はついていない」だった。
 当時のホリエモンを取り巻く状況も完全に四面楚歌状態だったと記憶しているが、今回の小保方氏の場合は、ある意味で、あの時以上の四面楚歌状態だとも言える。

■「200回」という言葉の意味するところ

 彼女が嘘をついていないと思われるのは、見た目だけでなく、他にもある。
 冷静になって考えてみると、『STAP細胞発見』という世界を揺るがすような大事件をデッチ上げてまで発表するなどということが有り得るだろうか?という疑問だ。
 会見を観た限り、そんな大それたことができる人物には見えないし、嘘であれば、いずれはバレるわけで、そんな危険を冒してまで有名になりたいと思うような人がいるだろうか?
 もちろん、そんな人も中にはいるかもしれないが、科学者としての将来を嘱望されていた小保方氏がそんなことをして一体何の得になるのか? 嘘がバレて、世界中を敵に回し「世紀のペテン師!」と蔑まれることが分からないほど、彼女は能天気だったのだろうか?

 嘘でないなら、誤解だったということも有り得るが、彼女は会見で「実験では200回成功した」と述べていた。嘘をつくことが目的であれば、「200回」などという誰が聞いても眉をひそめるような言葉が出てくるものだろうか? 「2回」や「3回」なら嘘っぽいが、「200回」となると、逆に嘘を言っているようには思えない。
 それが科学的に不可能な数字であるなら、なおさら嘘とは思えない。科学者である小保方氏がそんなことに気付かないこと自体が、あまりにも不自然だからだ。

 昔から「天才○○は紙一重」と言われるように、もし彼女が前者だった場合、その純真無垢さゆえに誤解されるようなことでも平気で口にしたということも考えられる。天才的な発明家には誤解されやすい(天真爛漫な)人が多いことは誰もが知っている通りだ。
 逆に後者であった場合、ここで述べていることは全て無駄になるが、これまでの報道でも小保方氏に虚言癖や妄想癖があるとは聞いたことがないので、さすがにそれはないだろう。

 いずれにしても、『STAP幹細胞』とは人類にとって、まだ見ぬ夢の細胞であり、もし真実であった場合、小保方氏は「金の卵」、あるいは(言葉は悪いが)「金の卵を産むニワトリ」でもある。その可能性がゼロになったわけではない状況で、嘘つき呼ばわりするのは時期尚早だろうと思う。
 来週、小保方氏の指導役とされる理化学研究所の笹井氏も会見を行うそうだが、ここに至って彼も「STAPは本物」と述べているらしく、なにやら意味ありげだ。

 個人的には小保方氏が、窮屈な建前に縛られた人々の前で、真なる金の卵を産んで、アッと驚かせてくれる日が来ることを信じたい。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 間違った「駆け込み需要の反動」ニュースの愚 | トップページ | サスペンスドラマのような『STAP細胞』騒動 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

小保方さんの会見を冷静に評価するなら、小保方さんはスタップ細胞の存在を心から信じているけど、その実在を科学的に証明することは(少なくとも現状では)できないと言わざるをえません。彼女は十分理解できていないようですが、スタップ細胞は現状エセ科学あるいはとんでも(もっと言えば宗教)のレベルにあるということです。
彼女が実質的な反証をなにひとつ挙げられなかったことから考えて今後も期待できそうもないと思います。
プログ主さんは小保方さんを信じたいとお思いのようですが、かなり甘いと私は思います。

投稿: os-sa-n | 2014年4月14日 (月) 01時46分

画期的な研究なら研究費は多くでるはずです。
リーダーである小保方や上司には経費で着服する機会はあったはず。すぐばれる嘘はつかないはずは詐欺師の手口でもあります。世の中汚ないことだらけですよ。

投稿: | 2014年4月17日 (木) 10時35分

甘いというか、ただの馬鹿ですねw
例えば僕が「どんな難病をも治す薬の作り方を知っています」と言ったところで誰も信じないでしょ?
小保方氏の主張はそれと同レベル。
「無い」ことを論理的に100%証明することはできないが「あるかもしれない」と期待を寄せるほうが知能レベルを疑われるレベルww

投稿: | 2014年5月21日 (水) 16時47分

小保方さんが論文を撤回しました。捏造の証拠が次々に露呈して、追い詰められたのか。それでもスタップ細胞は存在すると思っているのか。
いずれにしろ論文を撤回したということは彼女はスタップ細胞を再現できないということです。スタップ細胞は幻覚(良く言えば夢)ということになりました。
理研の大先生たちを筆頭に、ずいぶん多くの人が彼女に振り回されました。あなた(ブログ主さん)もその1人です。
私は擁護派の人を非難する気はありません。
ただただ彼女の根性(?)に感心するばかりです。
あなたも擁護派から回心したりせずに根性見せてください。

投稿: os-sa-n | 2014年6月 5日 (木) 04時36分

バカじゃねえか(笑)
「彼女は嘘をついてない。なぜなら目をみればわかる」

死んだほうがいい(笑)

投稿: あ | 2016年2月 2日 (火) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/59453298

この記事へのトラックバック一覧です: 四面楚歌に陥った小保方晴子氏を擁護する:

» 小保方晴子 捏造 週刊文春 STAP細胞が存在すると具合が悪い勢力? [ジャッジメントdiary]
小保方晴子さんの会見から一夜明け、 方々で侃侃諤諤の議論が起こっています。 全部に目を通したわけではありませんが、 批判的な意見のほうが多いように思います。 批判的な意見の中には 読んでいて気分の悪くなるものも少なからずありますね。 スポンサーリンク 小保方晴子 捏造 週刊文春週 刊新潮 週刊誌の最新号の小保方晴子さんに対する記事を見ていていも情けなくなるばかりです。 日本のマスコミ、国民の意識がそこに現れているといえるかもしれません。 週刊誌の見出しをみてみますと... [続きを読む]

受信: 2014年4月13日 (日) 10時16分

« 間違った「駆け込み需要の反動」ニュースの愚 | トップページ | サスペンスドラマのような『STAP細胞』騒動 »