« 「フリービジネス」化するテレビ業界の行く末 | トップページ | 「命の大切さ」の意味を深く考えない教育 »

飲酒運転(酔っぱらい)を法律で縛ろうとする愚かさ

2014071801 ■飲酒運転はなぜ無くならないのか?

 今週、北海道小樽市で発生した飲酒運転によるひき逃げ事故によって女性4人が死傷するという痛ましい事故が発生した。これまでにも飲酒運転による交通死亡事故は幾度となく起こってきたが、事故が発生する度に飲酒運転の厳罰化が行われてきたことは周知の通りだ。しかし、その甲斐なく何度も何度もこのての事故は繰り返されてきた。

 今回の事故を巡っても、結果的には更なる厳罰化が為されるのかもしれないが、はっきり言うと、これ以上の厳罰化を行ってもあまり効果は望めないような気がする。
 現状でも、飲酒運転の罰金は50万円(酒気帯び運転)、100万円(酒酔い運転)単位なので、一般のドライバーは飲酒運転には充分に注意しており、実際に多くの飲酒運転の歯止めになっていることは間違いない。これが、罰金500万円、1000万円になったからといって、更なる飲酒運転の防止に繋がるのかというと、疑わしいと思う。

 では、なぜ法律を厳罰化しても飲酒運転は無くならないのか? その単純な答えを以下に述べよう。

■酔っぱらいに「飲んだら乗るな」は通じるか?

 よく、「飲んだら乗るな」というスローガンを耳にする。一見、もっともらしい言葉だが、この言葉を聞いて、あなたは何も疑問を感じないだろうか?

 「飲んだら乗るな」、確かにそれはその通りであり疑問を挟み込む余地が無い正論に聞こえる。しかし、その言葉が機能するには条件がいる。それは理性が機能している場合に限られるということである。
 素面(しらふ)の人間が、「罰金50万円」などと聞くと、「そんなリスクはとても冒せない」と考える。しかし、泥酔(酩酊)して理性が麻痺状態にある酔っぱらいには、「飲んだら乗るな」という言葉は通用しない。このことは、記憶を失うまでお酒を飲んだことがある人なら、よく解るのではないかと思う。
 
 法律とは理性が存在して初めて機能する代物なので、理性を失っている人間相手には機能しない。飲酒運転問題には、実はそういう盲点が存在しているのである。

 最近は「脱法ドラ○グ」による暴走事故というものも問題視されているが、実はこれも同じで、理性が麻痺状態にあるという意味では、酔っぱらい運転とほとんど大差がない。理性的に物事の善し悪しを判断できない状態に陥った人間には、法律は全く機能しないということは「脱法ドラグ」事件を見てもよく分かる。この場合も、「吸ったら乗るな」という言葉が通用しないことは言うまでもない。

 つまり、根本的な事故の発生原因は法律の脆弱化に有るわけではなく、個人のモラルによるところが大きいということである。いくら法律を厳罰化したところで、理性を失うまで飲んでしまうというような行為が無くならない限り、飲酒運転は無くならないし、飲酒運転を原因とした交通事故も無くならない。

■「飲んだら乗るな」ではなく「酔う(泥酔する)なら飲むな」

 世の中にはアルコールに強い人もいれば、弱い人もおり、その個人差には大きな違いがあるが、アルコールを飲むとすぐに酔っぱらってしまうような人は、自らの限界というものを知り、正気を失うまで飲まないように自ら注意する必要がある。その自己管理ができていないと、理性が麻痺して我を忘れ、自分自身が何をしているかも分からず記憶も残っていないというような泥酔(酩酊)状態に陥り、気が付いた時(正気に戻った時)にはトンデモない事件や事故を起こし、後悔しても後の祭りということになってしまう。

 最近でも静岡地検の検事正が酔っぱらって破廉恥なセクハラ行為を行い更迭されるという事件があったばかりだが、あれも基本は同じである。「法の番人」とも言える人物であろうとも、理性が麻痺してしまえば、法律が通じなくなってしまう。「法律は理性が無ければ機能しない」という格好のケース・スタディだとも言える。
 
 少し話は違うが、ベネッセの顧客情報漏れ事件にしても、根本的な問題は雇用制度や法律にあるわけではない。当初は「派遣社員だから事件が起こった」というようなデタラメな妄論が飛び交っていたが、実際は、賭け事を理由とした借金で首が回らなくなり犯行に及んだというのが真相だった。「派遣社員に顧客情報を扱わせるな」とか「派遣社員は給料が安いから犯行に及んだ」というような意見は、全くの的外れだったわけだ。

 正社員であっても借金苦を理由として犯行に及ぶことはあるだろうし、正社員だからといって職場に何の不満もないというようなことは有り得ない。この事件に「派遣社員」という言葉を結び付けること自体が極めて短絡的であり幼稚な議論というしかない。この事件の場合は、借金するまで賭け事にのめり込んでしまったという個人的な問題であることは疑いの余地がない。事件の本質は結局のところ、個人のモラルの問題なのだ。

 1人のモラルを欠いた人物の理性なき事件をとらえて、その他多くのモラル有る人間を十把一絡げで取り扱うのは愚かな行為である。それは全ての人間をモラル無き人物ととらえているに等しい。
 厳罰化を行って国民全体のモラル向上に役立つのであれば良いのだが、残念ながらそう簡単にはいかない。「飲んだら乗るな」「飲んだら罰金だ」ではなく、「泥酔するまで飲んではいけない」という当たり前のモラルある社会にすることの方が重要だと言える。

 それができないということであれば、「酔っぱらいには運転できない車」でも作ることを考えた方が良いもしれない。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« 「フリービジネス」化するテレビ業界の行く末 | トップページ | 「命の大切さ」の意味を深く考えない教育 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

後半部分。

>派遣社員だからベネッセの事件が起こったというのは的外れ……
>正社員であっても借金苦を理由として犯行に及ぶことはあるだろう。

うーん、派遣社員と正社員の性質の違いが理解できていないと、そう錯覚するかも知れませんね。

派遣社員は事前面接が出来ない上に、履歴書などの書類提出も禁止。
# もちろん、業界によっては公然と行われていたりするけど、今はそっちもうるさいし、やってないところも多い。
# 業務委託契約の場合はもう少し毛色が違う。
もっと言えば、例え、彼もしくは彼女が薄給でやる気をなくしていたところで、派遣先会社が彼の給料を上げる方法はない。(給料上げて欲しくて契約金上げても還元されてないことがほとんど)

対して、正社員は、面接も可能だし、履歴書も提出させ身元や家族構成、本人のバックグラウンドも分かる。
社員に対してかかる責任や能力に応じて、給与を決定することが出来る。

有り体に言って信用度が違う。リスク回避の難易度が違う。
取らなくて良いリスクを取っているから、叩かれてるんだということですね。

投稿: AC | 2014年7月20日 (日) 03時25分

AC様

コメント、有り難うございます。

>うーん、派遣社員と正社員の性質の違いが理解できていないと、そう錯覚するかも知れませんね。

 あなたは実際に派遣社員と正社員を自ら経験した上で述べられているのでしょうか?

>対して、正社員は、面接も可能だし、履歴書も提出させ身元や家族構成、本人のバックグラウンドも分かる。
>社員に対してかかる責任や能力に応じて、給与を決定することが出来る。

 責任や能力によって給与が上がるというのは、その通りかもしれませんが、面接して身元や家族構成などのバックグラウンドを知ったからといって、それで給料が変化するわけではないでしょう。例えば、家族が病気だからといって温情的に給与を上げるというような会社が有るんでしょうか? 家族単位の小さな会社であれば有り得るかもしれませんが、それもその人物の信用度を評価してのものでしょう。
 それに通常の企業の新卒の初任給は基本的に同じであり、業務経験を有した中途採用者でない限り面接で給与を決定するようなことも普通は有りません。
 派遣社員であるなら、おそらく業務経験者なので給与の相談は有って然るべきだとは思いますが、それなら派遣としてではなく、中途採用として直接に企業の面接に臨めばいいのではないでしょうか? あるいは派遣社員でも実力が認められて、途中から正社員になるというケースも有ります。

>有り体に言って信用度が違う。リスク回避の難易度が違う。

 その信用度というのは、企業から見た信用度なのか、雇用者側から見た信用度なのか分かりませんが、今回の事件に限って言うなら、彼が正社員であれば、今回のような事件は起こらなかったのか?というと、起こらなかったとは言い切れないでしょう。それに伝えられているところでは、月給38万円ということでしたから、世間一般的にも薄給とは言えないでしょう。38万円×12ヶ月で考えると、年収は456万円になるので、正社員サラリーマンの平均年収を超えています。
 SEという仕事内容として高給なのか薄給なのかという別の議論は有り得ますが、派遣社員だからパチンコをして借金を作ることになり犯罪を犯したという理屈は飛躍し過ぎだと思います。

投稿: 管理人 | 2014年7月20日 (日) 09時19分

> あなたは実際に派遣社員と正社員を自ら経験した上で述べられているのでしょうか?
業務委託として、派遣社員を統括する立場でした。
もちろん正社員としての勤務経歴もあります。

論点がすり替わっているというか、伝えたかったことが伝わっていないようなので……

事前面接できる直接雇用なら、そもそも、個人情報を盗むような社員を入社させる確率を減ると言うことですね。

> 派遣社員だからパチンコをして借金を作ることになり犯罪を犯した

というよりは、事前面接を行えない派遣社員だから、そう言う人を間違えて社内に招き入れてしまう確率が高いと言うことです。
派遣社員は、派遣会社が派遣する社員を決定するため、派遣先会社に採用権はほとんどありません。
本筋では無いですが、『ほとんど』と言うのは、派遣会社に対して、こういうスキルセットの人が欲しいと希望を出すことは出来るからですね。


極端な例で言えば、例え、履歴書の賞罰欄に窃盗と横領が書かれていたとしても、派遣先の会社はそれを知ることは出来ません。
常習犯をうっかり雇ってしまう可能性があると言うことです。(松崎正臣容疑者は初犯だったらしいですが)

無職歴が無かったとして、それを知ることも、その理由を聞くことも出来ません。

個人情報の開示義務が無い(ビジネスネームも許可される)ので、SNSをあらかじめ調査する事も出来ない。
犯罪歴の事前、事後調査も難しい。

> 彼が正社員であれば、今回のような事件は起こらなかったのか?というと、起こらなかったとは言い切れないでしょう。

論点は彼を正社員登用していれば事件が起こらなかったのかという点では無く、
正社員採用だったとしたら、そもそも採用されず、事件も起こらなかったのでは無いか?

と言うことですね。

もちろん、事前面接も万能では無いので、うっかり雇ってしまう事もあるでしょう。
ですが、上記リスクがあるのに、重要情報を派遣社員に触らせたと言う点において、叩かれても仕方が無いと言うことですね。

>派遣社員だからパチンコをして借金を作ることになり犯罪を犯した
のではなく、派遣社員はそんな人を雇ってしまうリスクが、正社員より高いと言うことですね。

投稿: AC | 2014年7月20日 (日) 12時58分

正社員でも犯罪確率はゼロにならないのは当たり前の話。結局確率論なんだから。
個人がどう思おうと、今の日本社会では正社員の信用度と契約社員、派遣社員、業務委託の信用度は違っており、それが現実です。
「正社員と派遣社員で信用度を区別することは誤り」であることを社会心理学的および組織論的に合理的に説明しなければ意味を成しません。

投稿: Mac | 2014年7月21日 (月) 12時13分

Mac様

コメント、有り難うございます。

>「正社員と派遣社員で信用度を区別することは誤り」であることを社会心理学的および組織論的に合理的に説明しなければ意味を成しません。

 私は一般論として述べているのではなく、単に今回のベネッセ事件について述べているだけです。ミクロ論を述べているのにマクロ論として反論されても返す言葉はありません。
 正社員と契約社員の「信用度」が違うというのはその通りでしょうけれど、契約社員の「信用度」が低いから犯罪に結び付きやすいと決めつけるのは、真面目な契約社員の方々にも失礼に当たると思います。

投稿: 管理人 | 2014年7月21日 (月) 17時06分

理性が存在···そういう盲点···
の部分
バカが書くことです

投稿: 匿名 | 2014年10月27日 (月) 12時32分

どうも世界の真実を探し回るノーコメも
ありやです。

飲酒運転に限らず犯罪の大多数は
本人の良心の無さはついてきますなあ。

ドラ〇グも依存症ばかりクローズアップ
されるのは薬が悪いと表向きになって
いるだけで仮に依存症が無くても本人が
絶えず服用していれば同じことでしょう。
(依存性がなければ大丈夫だとは言って
ません。医師は基本的にお薬の作用を
利用して症状を止めるか和らげる為に
使っているのであって乱用が何故ダメ
かは命に関わったり周囲に迷惑をかける
危険性を作るから問題になるんです)

ベネッセ問題はあんまり知りませんが、
これは派遣か正社員かとか以前に自分が
良ければそれで良いという極めて自己中心
的な甘さが膨大な数の情報をバラしたこと
で責任をとられる問題です。

友達に家の住所を教えたとかそんな小規模
なものではなくこれのせいで詐欺に
あったり口座から抜き取られる等の情報
が流出する危険性を作ったのが問題です。
ちなみに契約社員と正社員で最も異なる
と考えられるのはいわゆる契約期間の有無
です。責任の大小は会社によって異なれど
社会的な責任はやはり無視は出来ず、
例えば運送会社が一秒でも早く届けるが
為に信号無視ばっかりとかすれぱ事故が
起きるからダメと言われるのは当然です。

一方正社員だって5年で終了とか言われ
れば契約社員と変わらないモチベーション
になるでしょう。低所得に増税の循環が
続く現代は元から低いところにいれば
詰むという現実ですから

投稿: ノーコメもありや | 2015年9月18日 (金) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/60005715

この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒運転(酔っぱらい)を法律で縛ろうとする愚かさ:

« 「フリービジネス」化するテレビ業界の行く末 | トップページ | 「命の大切さ」の意味を深く考えない教育 »