« 飲酒運転(酔っぱらい)を法律で縛ろうとする愚かさ | トップページ | STAP細胞の新展開(笹井氏が残した希望のメッセージ) »

「命の大切さ」の意味を深く考えない教育

2014080301■「諸刃の剣」としての猟奇アニメ規制

 長崎県佐世保市で発生した女子高生殺害事件が同級生の猟奇犯罪だったことが判明すると、案の定、猟奇殺人を扱ったアニメ等の規制が強化されるに至った。
 今回、規制の対象になったアニメ『サイコパス』などは、タイトル自体が今回の犯人をそのまんま表しているとも言えるが、このような規制が同様の殺人事件の防止に繋がるか?と言うと、おそらく繋がらないと思っている人が圧倒的多数(ほぼ全員)だろうと思う。

 『サイコパス』は観たことがないが、猟奇殺人を描いているといっても、猟奇殺人者をヒーローとして描いているわけではないだろうし、どちらかと言うと、猟奇殺人者を捕まえるドラマだろう。何らかの防止策を講じなければならないというのは理解できるが、こういうその場限りの対症療法ではほとんど無意味に近いと言える。

 実際のところ、エ○・グ○な表現を伴った映像商品が有ることによって、性犯罪や猟奇犯罪を抑制しているという考え方もある。犯罪者が己の妄想を描いたようなドラマを観ることで、自らの妄想を現実化(事件化)せずに済んでいるという側面もある。
 心理学で言うところの「代償機制」というやつで、そういった映像商品は犯罪を助長することにもなれば、逆に犯罪を抑制するという働きも担っており、諸刃の剣的な側面を有している。ゆえにこういった規制も逆の意味で諸刃の剣になる危険性を秘めていることになる。

■「命を大切にする教育」の本来の意味とは?

 この事件を受けて、またぞろ「命を大切にする教育」という言葉が盛んに使われ出しているが、そもそも「命を大切にする教育」とは、具体的にどういう教育を意味しているのだろうか?

 小さな子供が、「命を大切にしよう」という言葉を聞いたとして、それで心底、命を大切にしようと思うだろうか?
 多くの良識ある大人(あなた)は子供の頃に「命を大切にしよう」という教育を受けたから、現在、命の大切さを理解しているのだろうか?
 私はこれは違うと思う。命の大切さの認識というものは、誰かから教育されたから理解するという後天的な代物ではなく、本来は人間が先天的に持っている認識だと思う。幼少の頃はその認識が希薄で理解できないことがあったとしても、物心つく頃から徐々にその認識が自然と芽生えてくる代物だと思う。

 哲学的に言うなら、アプリオリ(生得慧)というもので、誰から教えられるまでもなく、生来、人間に備わっている基本的な認識だろうと思う。それが動物と人間の大きな違いであり、そういった認識力(良心)が備わっているからこそ人間の命は尊い。
 そもそも、命が誰にとっても至上の価値を有しているのであれば、わざわざ「命は大切」などという教育を行う意味がない。命以上に大切なものがあるからこそ、なぜ命が大切なのか?という疑問にも答えを用意することができるし、「命は大切」という教育にも意味が生じる。
 要するに「命を大切にする教育」とは、本来、命以上に価値あるものに気付かなければできない教育なのである。

■「自分の命」と「他人の命」を超えた「命の大切さ」

 人間が「命の大切さ」を教育しなければ理解できないということであれば、それは極論するなら「動物と人間の違いは無い」ということになってしまう。「命を大切にしよう」などと言っても、なぜそうしなければいけないのか?という疑問に答えることができないのであれば、ただのお題目であり、スローガン教育でしかないということになってしまう。

 現在の日本の教育が言うところの「命」とは、「個人の命」という意味合いが強く、「人間の命」というマクロな視点が欠けているように感じられる。「自分の命」と「他人の命」はどちらも同じ命だが、単に「命は大切」と言うだけなら、その違いが分からない。
 自他を超えた命の大切さを認識した教育が行われていないがために、「いじめ」などという他人の命を無視した愚かな行為が蔓延るのだろう。自分の命は大切だが、他人の命はどうでもいいという認識(イデオロギー)が根底に有るからこそ、いじめを理由とした殺人(自殺)も無くならない。

 「いじめは悪いこと」というのも、まともな良識を持った人であれば、誰から教えられなくても理解している。物心つかない幼い時には、昆虫などを平然と殺していた人でも、大人になれば、それはいけないことだったと誰から教えられるまでもなく自省する。なぜそうなるのかというと、良心が芽生えるからだ。そういった本来、人間が持っているはずの良心が隠れてしまっている人は、罪を犯していても、それが悪いことだということに気付かない。まるで、良心が芽生えていない段階にある幼子のように。

 今回の女子高生殺害事件の犯人もそうだと言うつもりはないが、言葉が綺麗なだけの表面的なスローガン教育では、どの道、解決策に繋がらないことだけは間違いない。

にほんブログ村 経済ブログへ


|

« 飲酒運転(酔っぱらい)を法律で縛ろうとする愚かさ | トップページ | STAP細胞の新展開(笹井氏が残した希望のメッセージ) »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

おーい。大にゅーすやぞー。
小保方擁護の記事はまだかー?
命を大切に思ってるなら、ここで一発擁護やろ!?ほらほらほら!
ホリエモンは悪くないとか思っているバカなおっさんやから無理か?w
涙目で必死に耳ふさいどるん?w
バカがネットで意見書くと、ほんとに恥さらしやなぁw
「人を見る目はありまぁ~す」w


投稿: | 2014年8月 6日 (水) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/60094158

この記事へのトラックバック一覧です: 「命の大切さ」の意味を深く考えない教育:

« 飲酒運転(酔っぱらい)を法律で縛ろうとする愚かさ | トップページ | STAP細胞の新展開(笹井氏が残した希望のメッセージ) »