« STAP細胞の新展開(笹井氏が残した希望のメッセージ) | トップページ | BOOK『うどん一玉は角砂糖14個分』を読んで。 »

「科学の進歩」と「社会の破壊」【社会の病理とは何か?】

■「陰謀論」という誤解

 前回のブログ記事は、久しぶりに多くの人に閲覧していただいたようなので、補足の意味も込めてフォロー記事を追加しておこうと思う。

 世間の大半の人々が反小保方に傾いている現状では、あのような記事を書くと、反論や批判、罵詈雑言があることは事前に予想していたものの、毎度のように誤解や曲解も多々見受けられたので、少し、言葉足らずだった部分を補足しておきたいと思う。

 最も気になったのは「陰謀論」という意見が多かったことだが、誤解を避けるために書いておくと、私は以前からも何度か書いているが「陰謀論」の類いには興味がない。
 前回の記事でも「社会的な病理」と書いたはずだが、言わんとしていることが正しく伝わらなかったようだ。

 「がんの特効薬」が発明された場合の仮定話を書いたことで、「これは陰謀論だ」と判断された人が多かったのかもしれないが、仮定話と現実論の区別をせずに一緒くたにしている人もおられた。
 「がんの特効薬」が発明された場合、そのことをストレートに発表できないというのは、別に発明者個人が世間に気遣いして発表できないという意味ではなく、必ずしもそれが実現しないという意味でもない。その発表が世間に受け入れられるようになるためには、様々な社会的な障壁が存在する(=時間がかかる)という意味である。

■「がんの特効薬」を「公務員改革」に置換

 「がんの特効薬」という言葉を「公務員改革」という言葉に置き換えて考えれば解りやすいかもしれない。

 例えば、社会を合理化する最高の公務員改革策を考えた政治家が「公務員改革をします」と言って、それがストレートに社会に受け入れられ、実現されるかというと、一筋縄ではいかないことは誰もが理解できるだろう。

 個人的には「公務員改革」が絶対的な善だと言うつもりはない(注1)が、そのようなことを言う人が現れても、必ず抵抗勢力が邪魔してきたことは誰もが知っている通りである。
 公務員の皆さんにとっては、「公務員改革」よりも「自分の生活」の方が大事なわけで、自分自身の生活を脅かすものが現れると、それに抵抗する。これは当たり前の話である。「自分の生活はどうなっても構わないので、どうぞ公務員改革を進めてください」というような人がどれだけいるかを考えればよく解ると思う。
 それは公務員が悪いというよりも、社会がそうなってしまっているということであり、そのことを「社会の病理」と言う。

注1)「公務員改革」というものは基本的に不況下で行ってはいけない。もの凄く景気が良い時(公務員を退職しても代わりの仕事がすぐに見つかるような時代)に思い切って行うことが望ましい。もっとも、そんな景気の良い時代が訪れるという保証はないし、景気の良い時に「公務員改革」を叫ぶような人はあまりいないので、結局、出来ないということになってしまうのだが。

■「科学の進歩」は「既得権益の破壊」を齎す

 「がんの特効薬」というのもこれ(公務員改革)と同じ。「がんの特効薬」が発明されることは「公務員改革」と違い、人類にとっては絶対的な善だろうし、私も父親をがんで亡くしているので、そういった薬が発明されることを心底願っている。
 しかし、そのような薬が発明された場合、全世界のがんという病に携わる医者や製薬会社、医療器具メーカー、研究者などが一瞬のうちに挙っていらなくなる。それは多くの人々にとって良いことだとしても、そういった急な事態に「待った」をかける抵抗勢力が出現することは必然的なことであり、それが社会の病理なのである。

 「社会の病理」とは、たとえそれが正しいことであったとしても、社会という枠組みが邪魔をして、その実現を妨げることを意味する。
 これを「陰謀論」と言うのであれば、先に述べた「公務員改革」なども「何の抵抗もなく実現される」と言っているに等しい。

 「科学の進歩」というものは、時に「社会の破壊」を齎す。この「社会の破壊」とは別の言葉で言えば「既得権益の破壊」とも言える。

 こんなことは敢えて言わずとも理解されている人の方が多いと思われるが、「陰謀論」と結び付ける陰謀論好きな人々も少なからずいるようなので、敢えて指摘しておきたいと思う。

にほんブログ村 経済ブログへ

|

« STAP細胞の新展開(笹井氏が残した希望のメッセージ) | トップページ | BOOK『うどん一玉は角砂糖14個分』を読んで。 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

「地震爆発論学会」の講演会をご案内させていただきます。
日 時/平成26年12月15日(月) 午後2時開演
      開場午後1時30分 終演:午後3時30分
会 場/東京都港区虎ノ門2-3-22 第一秋山ビル4階
演 題/「地震学と火山学の間違い」
参加費/無料

ありがとうございます。

投稿: 石田昭 | 2014年12月10日 (水) 11時36分

石田 昭様

コメント及び講演会のご案内、有り難うございます。

 念のため返信させていただきますが、東京は遠方になりますし、仕事で多忙な状況ですので参加することはできません。

投稿: 管理人 | 2014年12月11日 (木) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/60151634

この記事へのトラックバック一覧です: 「科学の進歩」と「社会の破壊」【社会の病理とは何か?】:

« STAP細胞の新展開(笹井氏が残した希望のメッセージ) | トップページ | BOOK『うどん一玉は角砂糖14個分』を読んで。 »