« ネット社会における「言葉」の意味を考える | トップページ | 情報化社会における「ネット警察」の存在意義 »

「ブログ記事の噂も75日」

■「人の噂も75日」と「罪を憎んで人を憎まず」

 前回のブログ記事を書いてから、明日で75日が経過することになる。「人の噂も75日」という諺はブログの世界でも通用するらしく、騒ぎは完全に収まったようだ。
 この間に世間では実に様々なニュースがあり、ブログ記事を書きたいという衝動を覚えたことも何度かあったものの、自分自身でペナルティを課した手前、ブログには全く手を付けなかった。
 定期発行が原則のメルマガや有料ブログを書いていようものなら、こんな自由はきかなかっただろうから、ものは考えようだなと思った。

 ところで、自分自身が書いた当時の文章を読んでみて、1つ気付いたことがある。
 それは、昔からよく言われる「文章は人を表す」という言葉は少し言葉足らずだということだった。正確に言うならば、「文章は(その時の)人(の心境)を表す」が正解だと思う。文章というものは、書いた人の人物像そのものを表すのではなく、その時点の(その人物の)心象風景を表すということが我ながらよく解ったような気がする。

 「罪を憎んで人を憎まず」という言葉も、ある意味で同じようなものかもしれない。必ずしも「罪は人を表す」わけではなく、「罪は(その時の)人(の心境から生まれた誤った行為)を表す」。それゆえに「人を憎まず」という言葉が続くのかもしれない。

■「非難」という目に見えない怪物

 いくつかの本に書かれてあったことだが、人が人生の途上で冷静さを失う場合というのは、主に次のような時であるらしい。

 「失恋」「失業」「大病」「家族の病気・死」「貧困」「非難」

 これを読まれている人も多かれ少なかれ経験がおありだと思う。

 私はこれまで最後の「非難」というものが、なぜこのカテゴリーの中に入っているのか不思議に思っていたのだが、この度の経験で、なるほどなと納得したのだった。知っている数人から非難されるのと、誰とも判らない数百、数千、場合によっては数万の人々から非難されるのとでは全く訳が違った。(注:直接的に非難している人が数万人もいたわけではない)

 数千、数万人からの非難というものは、目に見えない怪物のようなもので、どう足掻こうとも1人では対処のしようがない。数が増えれば増えるほど、時間的にも物量的にも対処は不可能に近づいていく。少し大袈裟に聞こえるかもしれないけれども、どこまで巨大化するか分からない(しかもネット上での成長スピードは物凄く速い)「非難」という名の怪物を前にした1個人などは、まるで巨大な風車の前のドン・キホーテのようなものだとも言える。
 非難する側からすればゲーム感覚でも、非難される側は実戦になってしまう。喩えて言うなら、ディスプレイ上でプレイしているシューティングゲームが本当にチクチクとした軽い痛みを伴う実戦に変化するようなものとも言える。認識としてはそれぐらいの差があると思う。

 しかしながら、「失恋」「失業」「大病」と同じように「非難」もまた人生の「試練」の1つであると考えれば、幾分か心も軽くなる。

 ブログを書くか書かないかを決めるのは、あくまでも自分自身であって、他の誰でもない。誰かから報酬を頂戴して書いているわけでもなく、押し売り的に文章を送信しているわけでもないのだから、公序良俗に反するようなことでも書かない限り、特に問題視する意味も問題視される理由もないと思う。
 書く・書かないという自由があるように、読む・読まないという自由もある。ブロガーが特定の人物に「読むな」とは言えないのと同様に、閲覧する側も特定のブロガーに「書くな」とは言えない。「書く自由」と「読む自由」は表裏一体であり、どちらかを認めて、どちらかを認めないというような都合のよい自由などあるわけがない。

■「文章は人を表す」と「文章スタイルは人を表す」

 ブログを再開するにあたり、「である調」を「ですます調」に変えようかとも考えたが、やはり今後も「である調」でいこうと思う。「である調」で文章を書くと「上から目線だ」などと言われることがあるので躊躇するブロガーも多いそうだが、個人的には「である調」の方が書きやすいので、これまでのスタイルを踏襲しようと思う。

 ついでに、「上から目線だ」という声に対して一言言わせていただくと、私は普段の会話で「である調」など一切使用しないし、したこともない。これは当たり前の話であって、別に「上から目線」にするために文章に「である調」を使用しているわけではなくて、単に書きやすいという理由で使用している。
 「ですます調」(下から目線?)で書くこともできるし、面白可笑しくギャグ風に書くこともできるのだが、私の場合、書くだけでなく、他人のブログを読む場合も「である調」の方が好みだし読みやすい。

 「である調」と「ですます調」というのは、演技の世界で言えば、「硬派」か「軟派」かの違いでしかなく、言葉のスタイルがその人物をストレートに表すわけでもない。先の「文章は人を表す」の例で言えば、「文章スタイルは人を表す」のではなく、「文章スタイルは(その文章を書く時の)人(の性格)を表す」程度のものだろうと思う。

 俳優が、役柄によって個性の違いを演じ分けるように、物書き(ブロガー)は、文章スタイルによって個性の違いを書き分ける。その演技としての個性(文章)のみをとらえて人を判断するのは間違いだと思う。
 「人を見る目がある」という言葉と同じように、本当に文章を見ることができる人というのは、どのようなスタイルの文章であろうとも、行間の隙間から、その文章を書いた人の本意が見える人のことをいうのだと思う。
 俳優がどのような役柄を演じたとしても、それはその俳優の本当の姿ではないのと同様に、ブロガーがどのような語り口で文章を書いたとしても、それがそのブロガーの本当の姿ではないということも併せてご理解いただきたいと思う。

 ということで近々、ブログを再開します。蛇足ながらブログ再開のお知らせまで。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

|

« ネット社会における「言葉」の意味を考える | トップページ | 情報化社会における「ネット警察」の存在意義 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

http://anond.hatelabo.jp/20150329171654

投稿: | 2015年5月10日 (日) 23時56分

人の知性を表したものだとよく分かりました。

投稿: 文章は | 2015年5月11日 (月) 08時54分

内省されていたのかと思いましたが、相変わらず他人の所為にされているようですね。

投稿: 75日経ちましたか | 2015年5月11日 (月) 13時19分

なんだ、やめるやめる詐欺か。

投稿: | 2015年5月11日 (月) 17時44分

噂も75日とは、その間黙っていれば、みんな忘れるさ、という心境が表れていますよ。

投稿: 確かに人の心境を表していますね | 2015年5月12日 (火) 13時38分

ブログ再開、おめでとうございます。
今一度、突っ込みどころ満載の日記を期待しております。

投稿: | 2015年5月13日 (水) 15時48分

あの炎上騒動の原因は筆者さんの確率論の誤りや
それに対する見当外れの弁解など様々でしたが
一番の根本原因は、「地元で悲惨な事件が起き、
自分の家族をそういった恐怖から少しでも遠ざけようと努力する人々」を
『ロジカルシンキングが出来ない』と馬鹿にしたことではないでしょうか。
(実際にロジカルシンキングが出来ていないのは筆者さんの方でしたが)
私も筆者さんに憎しみなどこれっぽっちもありませんが
あの記事を書いたときの筆者さんの心象風景には大変興味があります。

投稿: | 2015年5月14日 (木) 07時05分

俺は間違っていないのに、謂れのない非難を受けた
との気持ちが伝わる文章です。

投稿: | 2015年5月14日 (木) 09時18分

どうぞ、チラシの裏にでも。

投稿: 書いてください | 2015年5月14日 (木) 11時06分

何故、『非難』されたか。
コメント主は非難したのでは無く、誤りを指摘していたのが大半です。
『非難』という表現をすること自体、何も分かっていなかった証明です。

投稿: 分かっていませんね | 2015年5月14日 (木) 17時42分

>「人の噂も75日」という諺はブログの世界でも通用するらしく、騒ぎは完全に収まったようだ。

つーか、あきれて騒ぐ気にもならない。

>「人の噂も75日」と「罪を憎んで人を憎まず」

これも忘れずに。
「〇〇に付ける薬はない」

投稿: 機器麒麟 | 2015年5月23日 (土) 11時03分

行間の隙間、というフレーズは初めて読みました!!いやあ、勉強になるなあ。これからもよろしくです〜

投稿: 待ってました(≧∇≦) | 2015年5月27日 (水) 21時59分

罪を憎んで人を憎まず

文章を嗤ってブロガー嗤わず

投稿: そうだ | 2015年5月28日 (木) 13時39分

相変わらずお茶濁しだけで意地でも持論のあまりにも明快な過ちを認めはしないんだなw
そしてこれからもそう言う姿勢で経済語るんだww

投稿: | 2015年5月31日 (日) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/61546971

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブログ記事の噂も75日」:

« ネット社会における「言葉」の意味を考える | トップページ | 情報化社会における「ネット警察」の存在意義 »