« 「本を読まなくなった」というけれど | トップページ | 「スマホ老眼」の正体【スマホという老眼鏡】 »

図書館は「フリービジネス」と成り得るか?

2015061301■リアル書店でしか味わえない“ガリンペイロ感覚”

 前回、街の書店の減少と読書ばなれの実体についての感想を書評を混じえて書いてみた。アクセス解析を調べてみると、出版社からのアクセスも見られた。
 反論と呼べるような意見は無かったものの、一部、疑問を抱いた方もおられたようなので、少し補足しておきたいと思う。

 まず、次のような疑問を抱いている人がおられた。

 「書店がなぜ無くなってはいけないのか、その理由が書かれていない。

 この理由は、主として2つある。1つは「」的なもので、言わば「愛着がある」という単純な理由。昔から通っていた書店が無くなることに一抹の寂しさが伴うのは人情というものだろうし、たとえ書店の目的が商売(金儲け)であったとしても、長年にわたって本との出会いの場を提供してくれたという意味では、少なからずお世話になっていたわけだから、潰れてほしくないと思うのも人情というものだろう。

 そしてもう1つの理由は、「」的なもので、読書が好きな人にとって、書店という場所は一種の「宝探し」にも似た空間であるということ。書店に入った時の、あの「宝探し」にも似たワクワク感は、解る人には解っていただけるのではないかと思う。

 書店に置かれている数ある書籍というものは、まさに知識や情報の山であり、その中には「お宝」が眠っている。「お宝」と書くと、何かいかがわしいものを想像した人もいるかもしれないが、そういった「お宝」ではなくて、観念的な「智慧」としての「お宝」だ。
 私自身は本を出したことはないので、経験論としては語れないが、1冊の本を上梓するためには物凄いエネルギーがいる(と思う)。1冊の本の中には、その本を書いた人が、時間と努力(労力)をかけて辿り着いた結晶とも言うべき「智慧」が入っている。無論、全ての本、全てのページに智慧が入っているわけではなくて、それは、1冊の本にいくつも入っている場合もあれば、全く入っていない場合もある。全体的な比率で考えれば、砂山の中で砂金を探すようなものかもしれないが、その砂金は、人が経験と思考を通して結晶化した「智慧」そのものとも言える。

 自分自身が一生かかっても辿り着けないかもしれない智慧とも呼べるべきものが1つでも入っているなら、その本はお金を出して買う価値のある「お宝」になる。その「お宝」を探すことが、読書の大きな目的の1つでもあると思う。人間1人が自らの人生経験によって得られる智慧などはたかがしれているので、別の人生を生きている人の智慧を読書によって入手するということは、ある意味で物凄く合理的な学習方法でもあるわけだ。

 だから、書店が無くなってほしくない理由は、「宝探しの場が失われてしまうから」ということになる。読書家は皆、「智慧」という名の金鉱を掘り起こすことにロマンを感じるガリンペイロ(金鉱採掘人)なのである。

 「それなら、ネット書店でも一緒でしょ。」と言う人がいるのかもしれないが、ネット書店の場合、本の厚み(目で見た厚みのことではない)が伝わらない。本を手に取って、パラパラとページをめくる度に目に入ってくる文字情報とともに伝わってくる観念的な要素を味わえない。
 このパラパラとページをめくる行為は、宝探しの醍醐味として重要なファクターであり、無料で全ページの情報(内容のことではない)を確認できることは、リアル書店ならではの利点でもある。
 これに対し、ネット書店の場合は、せいぜい十数ページしか確認することができない。ネット書店で全ページを見れるようなことになると、本を買う必要性が無くなってしまうので、この先もこの販売スタイルは変わらないだろう。ここに、ネット書店では真似したくともできないリアル書店ならではの利点が有る。その利点が無くなることが残念だと言えば、ご理解して頂けるだろうか。

■「フリービジネス」の強要は統制経済に通じる。

 では、次の疑問。

 「図書館で本を借りることが、なぜ好ましくないのか?

 好ましくないというのは、程度にもよる。普通に図書館を利用するだけなら、何の問題もない。しかし、図書館というのは基本的に国民の税金で運営されているわけだから、誰も彼もがあまりにも利用し過ぎると、どこから運営資金を捻出するんですか?ということになってしまう。
 お金が動かなければ景気は良くならないのだから、無料であることをよいことに、なんでもかんでも図書館で借りればいいというのも考えものだ。これは老人の医療問題と同じで、無料をよいことに病院にばかり行っていると、膨大な医療費のために税金が足りなくなってしまうという構図とよく似ている。

 どなたかも書いておられたが図書館サービスも行き過ぎると「民業圧迫」になってしまう。市場で売れる本の数よりも、市場外で貸し出される本の数の方が多いという現状は、やはり行き過ぎ感は否めず、見直す余地はあるのではないかと思う。

 「民業圧迫」という言葉に疑問を感じた人がいるかもしれないが、もし、全国の書店が“本が売れない”という理由で、一斉に貸本業に転業した場合を考えてみよう。その場合、図書館と書店は真っ向から対立することになる。現在の書店は販売業のみで貸本業を行っていないのでバッティングせずに済んでいるが、全く同じ業態に変化した場合、それは「民業圧迫」そのものになってしまう。

 昔の絶版になったような本や、あまりにも高価な本や専門書、少しだけ資料的に読みたい本などは、図書館を利用するべきだと思うが、趣味で読む本まで、全く身銭を切らずに全て図書館で借りることが当たり前となると、本屋どころか、出版社も著作者も商売が成り立たなくなってしまいかねない。

 こう書くと、「フリービジネス」という言葉を持ち出す人がいる。曰く、「商品を無料で提供しても、人気が出れば、違った形でお金が入ってくる。」と。これは、一面では真理だが、あまりにも都合のよい話だと思う。

 例えば、書籍を例にしても、著作者も出版社も印刷会社も製本会社も書店もオール無料で仕事をした(もちろん本も無料でバラまく)として、それでその仕事に関わった人全てにお金(生活費)が入るようになるんですか?と問うた場合、「イエス」と答えられるだろうか?
 「フリービジネス」が成り立つのは、せいぜい著作者のみであって、その著作者にしても、成功するか失敗するか判らないというリスクを背負わなければならない。
 リスクを背負うか背負わないかを決めるのは、あくまでも著作者本人であって、消費者ではないということ忘れてはいけない。
 作品が面白いか面白くないかを判断する(=商品の価値を決める)のは著作者ではなく消費者だが、リスクを背負うかどうかを決めるのは消費者ではなく著作者の方である。
 選択の自由を与えることなく、「全て無料にしてリスクを背負わなければならない」ということであれば、それは自由競争とは言えない。「無料にせよ」と命令している時点で、既に統制経済である。

■「フリービジネス」が「ただ働き」にならないためには?

 よくよく考えてみると、現在の図書館自体が皮肉なことに「フリービジネス」の片棒を担いでいるようなものなのかもしれないが、図書館で素晴らしい本に出会えたのであれば、その著者の次の本は有料で本屋で買ってあげようと思うような人が大勢いるのなら、図書館も「フリービジネス」に貢献できるのかもしれない。しかし、「無料で読めるのだから、借りれるだけ借りて全部無料で読んでやれ」というような心のさもしい人ばかりでは、出版業界全体が益々ジリ貧になっていくことになるかもしれない。

 先に述べた「宝探し」の話ではないが、無料で借りた本に「お宝」を発見できたのであれば、その著者に対して、報酬を支払うというような考えは必要だと思う。ブックオフで無料で立ち読みしたマンガの中に人生にプラスになるものを発見できたのであれば、次は、本屋で新刊を買うとか、そういう考えや行動が存在してこその「フリービジネス」だと思う。(その場合、ブックオフにおけるフリービジネスにはならないが)
 「なんでもかんでも無料だから、他人が得た“智慧”も無料でパクってやれ」というような思考が蔓延しているような社会であるなら、「フリービジネス」は、「ただ働き」になるだけであり、経済はシュリンクしていくことになる。

 前回の記事でも「印税」について少し触れたが、本は売れ続けない限り、著作者に対する追加報酬は発生しない。3000冊出版すれば、3000冊分の印税が先に著者に支払われるそうだが、本が売れて増刷にならない限り、追加の印税が支払われることはない。1冊1000円の本の初版3000冊分の印税は30万円に過ぎない。これで増刷が出ないようなら、かなり割りの合わない商売ということになる。こんなお寒い状況では、余程の人気作家か、パトロンでも付かない限り、作家のモチベーションは下がる一方だろうし、今後、作家を目指す人も減少していく(=文化が廃れていく)のではないかと心配になる。

 この問題を突き詰めると、最終的には「著作権」というものに行き着いてしまう。公共図書館で本を無料で借りるということは、本来、著作権者や出版社等が得られたかもしれない利益を図書館が奪っていることにもなるので、海外(欧州や豪州など)では著作権者に対して代償金(補償金)を支払うという「公共貸与権」なるものが存在するらしい。しかし、日本の場合は、「映像」にのみ「公共貸与権」が認められているのみで、書籍については未だ認められていない状況にある。
 この先、どう転んでも本を買う人が増えないということであれば、少なくとも発売後数年間は書籍にも「公共貸与権」なるものを適用するべきなのかもしれない。

 「フリービジネス」も結構だが、そもそも論として言えば、他人が膨大な時間と労力をかけて上肢した本を読んでも、1銭の報酬も支払わないことを当然とする社会というものが、本当に健全な社会と言えるのだろうか? この問題を解決する糸口は、もしかすると「己の欲せざる所は人に施すこと勿れ」という論語の言葉にあるのかもしれない。換言すると以下のようになる。

自分の努力が認められる社会にしたいのであれば、他人の努力も認めるべき社会にしなければならない

【関連記事】「本を読まなくなった」というけれど

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村


|

« 「本を読まなくなった」というけれど | トップページ | 「スマホ老眼」の正体【スマホという老眼鏡】 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

人口当たりの図書館数が高いほど文化レベルも高いと言われたことがありましたね。
社会の経済活動全般において、出版事業の額なんて微々たるものです。
それより、図書館の充実による文化、知的レベルが高い方が良いのではないでしょうか。
著者の印税については、ゴメンなさい、ですけど。

投稿: | 2015年6月14日 (日) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/61738620

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館は「フリービジネス」と成り得るか?:

« 「本を読まなくなった」というけれど | トップページ | 「スマホ老眼」の正体【スマホという老眼鏡】 »