« いじめ問題として考える『安全保障関連法案』 | トップページ | マスコミはなぜ「保守化」できないのか? »

BOOK『神さまとのおしゃべり』

2015073101■ユルい系自己啓発書の決定版『神さまとのおしゃべり』

 昨年、話題となったベストセラー書籍『神さまとのおしゃべり』(さとうみつろう著)を読んでみた。

 本書のスタイルは、昨年にブログでご紹介した『嫌われる勇気』と同じく、対話篇の体裁(おまけに導入部の数ページは漫画)を採っているので、500ページもある本ながら、サクサクと読むことができた。『嫌われる勇気』は哲人と青年の対話だったが、本書は、そのタイトルの通り、神さまと青年(著者)の対話だった。
 「神さまが出てくる」などと書くと、間髪入れずに《胡散臭い》と思われた人もいるかもしれない。しかし、本書に登場する神さまは人間的にデフォルメされており、冗談好きのユーモアのある神さまなので、特に胡散臭さは感じることなく読むことができる。言葉使いが少し汚いのはご愛嬌だが。

 一般読者に対する敷居を下げるために、高潔な神さま像を廃し、人間的に面白可笑しく神さまを描いているところは好感が持てる。著者自身を悩める青年に置き換え、さりげなくフィクション風に描いているところなどは、非常によく考えておられるなと感心した。
 しかし、敷居が低くなっていることが裏目に出て、逆に縁遠くなっている人もいるのではないかと思う。実際に私の場合も、随分前から、書店でよく見かける本だったので気にはなっていたものの、少しオフザケ系の表紙のせいか素通りしていた。今回たまたま、書店で立ち読みしたのがキッカケで購入する運びとなったが、まず表紙を見て本を選ぶような人の場合、敷居が低くなり過ぎて逆に手に取らないということもありそうだ。(別にイラストやイラストレーターが悪いというわけではないので誤解のないように)

 ジャンルとしては、ポジティブシンキング系の自己啓発書の部類に入るのだろうと思う。そういう意味では『嫌われる勇気』とは少し毛色が違うかもしれない。『嫌われる勇気』がお上品な玄人ウケする心理学本なら、本書は少しお下品な哲学本といったところだろうか。
 「ポジティブシンキング」などと書くと、またまた《胡散臭い》と思われた人もいるかもしれないが、本書に限って言うなら、それは杞憂だと思う。自己啓発関連の書籍は、常に一定の需要が見込めるジャンルなので、類似書籍が毎年何冊も発刊されているが、その中でも本書は飛び抜けてユルく、内容は専門的ながら、学生にも支持されそうな面白い本に仕上がっている。
 内容的には何年か前に話題になった『引き寄せの法則』をベースにした哲学書といった趣きだったが、ざっくばらんな会話を通して、潜在意識論を解り易く説明されており、改めて、ハッと気付かされることもあって、個人的にはお買得感のある書籍だった。バリバリの自己啓発書だと、少し身構えてしまうので、これぐらいに砕けた感じの方が良いのかもしれない。

■超訳『引き寄せの法則』の原理

 まあ、世の中には『引き寄せの法則』と言っても、ピンとくる人もいれば、頭から否定する人もいる(頭脳で理解するものではないのだが…)と思われるので、万人にオススメできるような本ではないかもしれないが、「引き寄せの法則って何?」という人もいるかもしれないので、少しだけその要諦に触れておこうと思う。(引き寄せの法則に理解のある人は読み飛ばしてください)
 
 「引き寄せの法則」とは、目に見えない宇宙(あるいは心)の法則のようなもので、アール・ナイチンゲールの言葉「人間は自分が考えているような人間になる」という、まさにその言葉通りの法則のことを意味している。

 こう書くと、必ず次のような疑問を抱く人が出てくる。

 「自分が考えているような人間になると言うなら、なぜ私はお金持ちになりたいと言っているのに、お金持ちになれないのか?

 しかし、「引き寄せの法則」的に考えると、この疑問は至極簡単に氷解する。

 屁理屈っぽく聞こえるかもしれないが、一言で簡単に説明すると、

 「お金持ちになりたい」と言っている人は、深層心理では「お金持ちではない」と思っているということなので、お金持ちになれない。

 「あ、なるほど…」と思えたあなたはなかなか鋭い。真偽の程はともかくとして、「引き寄せの法則」では、そういうことになる。「お金持ち」という言葉を「幸せ」「成功者」などの言葉に置き換えても同様のことが言える。

 表面意識で「お金が欲しい」と思っている人(建前)は、潜在意識では「お金が足りない」と思っている(本音)。ゆえにお金が足りない現実が自己実現されるという、実にシンプルな法則だ。

 お金持ちを否定する人は、自分のことを貧しいと思っているからこそできるのであり、お金持ちを否定し続けている限り、お金持ちの仲間入りはできない。そういう人が、お金持ちになってしまうと、お金持ちを否定できなくなってしまう(自己矛盾が生じる)ので、貧しいままの方が都合が良いことになってしまう(=深層心理的には、貧しいままでいることを願っていることになる)。
 貧しさの自己実現とは、げに恐ろしきかなと言える。

 「嫉妬は我が身を滅ぼす」とはよく言ったものだが、なぜ嫉妬することがいけないのかが「引き寄せの法則」を理解すると、よく解るようになる。このことを理解している人は、お金持ちや成功者を否定するような割りの合わないことはできなくなってしまう。

 「ホリエモンは拝金主義者だ」 = 「私は清く貧しい人間です」 → 貧しさを引き寄せる

 「安倍総理は戦争を礼賛している」 = 「私は戦争の恐怖ばかり考えています」 → 戦争を引き寄せる

 具体的に言うと(半分ジョークだが)、こんな具合になるだろうか。誤解があるといけないので念のため、お断りしておくと、この2つの場合、始めの前提自体が間違っている(ただの思い込み)ので余計に性質(タチ)が悪い。

 本書にはそういった基本的な「引き寄せの法則」のヒントが多角的に網羅されているので、もっと詳しく知りたい方は、一読されることをオススメします。信じる信じないは別として、少なくとも頭の体操にはなると思えるし、物事は前向きに考えた方が人生にとってプラスであることだけは疑いようのない事実なので、本書のような考え方を知ったとしても損をすることはない(と思う)。

 ちなみに、私は自己啓発セミナーなどには興味はありませんので、勧誘の類いはご遠慮ください。
 なお、当ブログ内で「引き寄せの法則」についての神学論争をする気はないので、ご容赦願います。こういう考え方もありますよという1つの意見としてご理解して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村


|

« いじめ問題として考える『安全保障関連法案』 | トップページ | マスコミはなぜ「保守化」できないのか? »

読書」カテゴリの記事

コメント

本の内容がまったく分かりません

投稿: | 2015年8月 2日 (日) 11時52分

> 表面意識で「お金が欲しい」と思っている人(建前)は、潜在意識では「お金が足りない」と思っている(本音)。ゆえにお金が足りない現実が自己実現されるという、実にシンプルな法則だ。

表面意識では「お金は足りてる」と思ってんのに、「お金が欲しい」と思うわけ?
表面意識でも「お金が足りない」と思ってるから、「お金が欲しい」と思うんじゃないの?
そもそも、表面意識、潜在意識ってなに?

>「ホリエモンは拝金主義者だ」 = 「私は清く貧しい人間です」 → 貧しさを引き寄せる
>「安倍総理は戦争を礼賛している」 = 「私は戦争の恐怖ばかり考えています」 → 戦争を引き寄せる

「安倍総理は戦争を礼賛している」 = 「私は平和を愛する人間です」 → 平和を引き寄せる

でしょ。

> 信じる信じないは別として、少なくとも頭の体操にはなると思えるし、

あぁ、それで自由人さんはあんなにロジカルシンカーなんですね。

投稿: kirin | 2015年8月 5日 (水) 12時34分

論理が破綻していますよ

投稿: | 2015年8月 5日 (水) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/61994169

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK『神さまとのおしゃべり』:

« いじめ問題として考える『安全保障関連法案』 | トップページ | マスコミはなぜ「保守化」できないのか? »