« 労災認定ニュースで考える「バリウム検査」 | トップページ | 年賀ハガキの販売枚数を増加させる簡単な方法 »

マスコミの思想的矛盾【反日&親天皇】

■反日でありながら天皇崇拝という矛盾

 日本の多くのマスコミが左寄りだということは周知の事実だが、そのせいか報道自体も反日傾向にあることはよく知られている。
 マスコミがそのようになってしまった根本的な原因は、戦後のGHQの占領政策にあることは既に多くの人々が認識しつつあることだが、中には「そんなことは信じられない」と言う人もいる。
 こういう人々は、おそらくタイムマシンで過去に戻って自分の目で歴史の現場を確認しないことには何も信じられないタイプなのだろうと思われるが、残念ながらタイムマシンがない現代では数十年前に起こった出来事を、その目で確認することは不可能だ。

 しかしながら、その身や時間を過去に戻すことはできなくても、その痕跡らしきものは現代でもハッキリと目にすることができる。その痕跡は、現代のマスコミの報道姿勢をつぶさに観察することで、この上もなくクッキリと視認することができる。
 その痕跡とは何か? それが、反日傾向でありながらも、天皇制は無条件に肯定するという矛盾した報道姿勢である。

 「反日は反天皇」、「親日は親天皇」、それが世間一般的な常識だと思われる(もちろん例外はある)のだが、どういうわけか、この国の多くのマスコミは「反日&親天皇」になっているように見える。なぜこのような不可思議な現象が生じているのか? その謎の存在こそが、GHQの占領政策が確かに有ったことを証明する証拠であり、GHQが現代に残した爪痕なのである。

■GHQの姿勢を継承するマスコミ

 当時のGHQは、諸々の事情から日本を占領統治するためには、天皇制は残す必要が有ると判断した。天皇制を残さない限り、日本の占領統治は上手くいかない(=日本人は暴徒化し共産主義化する)ことを見通すだけの慧眼を持った人物(注:マッカーサーではない)がGHQ側にいたことは両国にとっての幸いだったのかもしれない。

 天皇制は維持されたものの、保守系の言論人は日本を占領統治する上で邪魔になるという判断から批判の対象となった。現代になってもその状態は続いているかに見える(例:保守系だと「右翼」と罵られてテレビに出れない)。
 「天皇制は認めるが、保守論客は認めない」というGHQの歪んだ姿勢は、現代のマスコミにそっくりそのまま受け継がれているかに見えるのは決して気のせいではないだろう。

 一応、お断りしておくと、私は天皇制に反対の立場ではなく、理由は違えども、当時のGHQと同様に天皇制は必要だと思っている。ついでに、反米の立場でもないので、当時のGHQに恨み辛みを言いたいわけでもない。本記事で述べていることは、過去のGHQが日本国民の精神に残した思想的後遺症の個人的考察でしかない。

■日本の「リベラル」の正体

 戦後のGHQの占領政策(思想統制)は、日本国民の精神性を前後遮断し、国家意識の喪失により国民としての連帯感を持てない(持つ必要性を感じない)自由気侭な利己主義者を数多く輩出した。当時のGHQは「国家」という言葉を使用することも禁じていたため、当然の成り行きで、国家嫌いの人々が大勢出現することに繋がった。

 国家意識を持たずに自由を追求した場合、そこには責任というものが欠落してしまうことになる。「自由には責任が伴う」という言葉は有名だが、GHQが占領政策で作り出したものは皮肉にも「責任が伴わない自由」だった。その偽の自由を真の自由と曲解した人々は、義務を果たさず権利のみを要求するという堕落思想に被れていった。その似非自由主義者達は現代ではこう呼ばれている。「リベラル」と。

 アメリカのリベラルは基本的に小さな政府主義者だが、日本のリベラルは、大きな政府主義者であるところにも、GHQの影響が色濃く残っている。アメリカのリベラルは自立した個人主義者を意味するが、日本のリベラルは、国家を批判しながら国家に依存する御都合主義的な利己主義者を意味している。

 個人主義者と利己主義者は似ているようで少し違う。その違いを一言で言うなら、エゴイストであるかどうかの違いだろうか。個人主義者はエゴイストとは限らないが、利己主義者はその名の通り、自分さえよければ他人はどうなっても構わないというエゴイストのことである。
 国民としての義務には全く無頓着でありながら、都合よく権利だけは要求するというデタラメな思想を疑うことなく妄信し信奉する。それが似非自由主義者たる日本の「リベラル」の本質でもある。

【関連記事】マスコミはなぜ「保守化」できないのか?

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

|

« 労災認定ニュースで考える「バリウム検査」 | トップページ | 年賀ハガキの販売枚数を増加させる簡単な方法 »

思想」カテゴリの記事

コメント

反日=反天皇は20年前の思想ですよ。
反日とカテゴライズし、攻撃、口撃するのは真の保守思想では無い、との主張もあります。
良く学習してください。

投稿: | 2015年11月21日 (土) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/62719193

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの思想的矛盾【反日&親天皇】:

« 労災認定ニュースで考える「バリウム検査」 | トップページ | 年賀ハガキの販売枚数を増加させる簡単な方法 »