« 「原油安パニック」の行方 | トップページ | 「比較的安全な資産」という言葉 »

「老女パンドラ」となったイエレン氏

■イエレン氏は現代のパンドラか?

 2015年12月16日に米国FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長がゼロ金利解除(通称:利上げ)に踏み切ってから、まるでギリシャ神話の少女パンドラが「パンドラの箱」を開けたが如くに世界経済にはゴタゴタが続いた。

 日本でも当初は「利上げすれば円安になる」と言われ続けてきたものの、実際に蓋を開けてみると、円高になってしまった。
 これは結局、利上げするまでは「期待」で円安が続いたが、いざ利上げをすると材料出尽くし感で一時的に円安にストップがかかったということなのだろうと思う。株式投資の世界でも、期待で買われて、いざ好決算が出ても材料出尽くしで売られるということはよくある。
 あるいは、円が一気に130円に向かうよりも先に120円以下に向かう可能性の方が高いと市場が判断したのかもしれない。長期的に円安に向かうことが判っているのであれば、一度、円高にした方がボラタリティー(値動きの大きさ)が高くなるので、投機筋にとっては都合が良かったのかもしれない。

■市場は「投機筋の思惑」と「投資家の心理」で動く

 しかし、市場(投資家心理)というのは不思議だ。「原油安」というものがクローズアップされれば、3000元を切っている中国の株式市場には目が行かなくなり、それほど問題視されなくなっているのだから不思議としか言い様がない。
 5ヶ月前に3500元を切った辺りから騒ぎ出し、3000元にタッチした時は「2000元になる」とか「紙くずになる」とか大騒ぎになったというのに、あの時の感情は一体どこへ行ってしまったのだろうか?
 「人間は同時に2つのことは考えられない」というが、より巨大なリスクが眼前に現れると小さい方のリスクには目が行かなくなるということなのだろうか?
 もっとも、現在の上海市場の下落は「大株主の株式売却解禁」が原因だろうから、想定の範囲内と認識されているのかもしれないが。
 
 なんにせよ、「株式市場は投機筋の思惑と投資家心理で動くもの」ということだけは今回も例外ではなかったと言えそうだ。

■日米共通「パンドラの箱を閉じる」という選択

 現在、イエレン氏は株式界隈で「市場の疫病神」とも「空売りの女神」とも揶揄されているらしい。市場が大きく揺れたのは彼女のせいではないにしても、利上げ後にこれだけ市場が荒れたことを考慮すれば、3月の利上げはまた延期になる可能性も出てきた。

 しかしながら、市場を動かすのは実際の利上げや利下げではなく、「利上げするかもしれない」あるいは「利上げされないかもしれない」という思惑が優先されるので、あまり焦らすような真似事はせずに毅然とした態度で市場の不安感を払拭することの方が重要だろうと思う。

 個人的には、利上げではなく、「利下げするかもしれない」と思わせた方が良いような気もするのだが、一度開けてしまったパンドラの箱を閉じるという選択は、さすがのイエレン氏でも難しいかもしれない。

 日本でも、一度上げてしまった消費税をまた上げるのではなく、今度は「下げるかもしれない」と思わせた方が良いと思えるのだが、現在の安倍総理を観る限りでは、そこまでの英断は期待できそうにない。
 日本の消費税増税の場合、「パンドラの箱」と言うよりは「玉手箱」に喩えた方がよいのかもしれないが、今の日本に必要なのは「消費税を上げるか維持するか?」という議論ではなく、「消費税を維持するか下げるか?」という議論だと思う。

 日米ともに「パンドラの箱を閉じる」という選択肢も有り得るという「期待感(希望)」を国民に抱かせる政策こそが、市場を安定させる最良の妙薬となるに違いない。

【関連記事】
 前代未聞の「人為的バブル維持」に挑む中国
 「原油安パニック」の行方

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村


|

« 「原油安パニック」の行方 | トップページ | 「比較的安全な資産」という言葉 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/63110154

この記事へのトラックバック一覧です: 「老女パンドラ」となったイエレン氏:

« 「原油安パニック」の行方 | トップページ | 「比較的安全な資産」という言葉 »