« アンタッチャブル教育が齎した「体罰・暴言事件」 | トップページ | 1000兆円刷っても大丈夫な日本経済 »

『平成28年熊本地震』で消費増税延期

■地震予知に無力な地震学者達

 気象庁は4月14日に九州で発生した震度7の大地震を『平成28年熊本地震』と名付け、その後の余震に注意を呼びかけていた。
 しかしながら、16日未明に発生した大地震によって、14日に発生した地震は本震ではなく“予震(前震)”だったことが判明した。
 テレビで注意勧告を行っている地震学者や専門家達は「今後の余震に注意してください。」と言うばかりで、「これは予震(前震)である可能性がありますので、厳重注意してください。」と言っていた人間は(私の知る限り)皆無だった。

 こういう皮肉な事態を観ていると、結局、現代の人間は天災には無力だということを、嫌というほどに思い知らされる。地震学者が地震に詳しいと言っても、それは地震の知識を一般人よりも豊富に持っているというだけのことであり、地震の予知については、老若男女を問わず一般人と全く同じ認識力しか持ち併せていないということを、嫌というほどに思い知らされる。

■大震災の有無に関係なく消費増税の凍結化を

 ところで、安倍総理は3月末に「リーマン・ショックや東日本大震災級の事態が生じない限り(消費増税は)実施する」と語ったことは周知の通りだが、まるで、その言葉の真偽を確かめるかのように、阪神・淡路大震災級の巨大地震が九州を襲った。
 幸い、原発事故には至っておらず、津波を伴った東日本大震災に比べれば、被害の大きさでは比較にならないかもしれないが、既に多くの被害が出ており、地震の規模的には「大震災」と呼んでもおかしくないレベルに達している。

 今後、このての議論(熊本地震で消費増税延期)は多く出てくると思われるが、安倍総理にとっては悩ましいところだろうと思う。
 個人的には、地震の有無や大小に関係なく、消費税の増税は無期限延期(理想は消費減税)が望ましいと思われるので、不謹慎を承知で書かせてもらうと、今回の大地震を消費増税延期の理由の1つとするべきだと思う。

 現状、本震とされている大地震が、阿蘇山大噴火の予震だったという事態『九州大震災』にならないことを祈るとともに、消費増税が凍結化(休火山化)されることを切に願う。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

|

« アンタッチャブル教育が齎した「体罰・暴言事件」 | トップページ | 1000兆円刷っても大丈夫な日本経済 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この程度の天災で、増税回避は間違え。
(被害にあわれた方、申し訳ありません)
こういう時だからこそ、みんなでお金を使って、税収を増やすべき。

投稿: 不謹慎な言い方をするなら | 2016年4月17日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/63493699

この記事へのトラックバック一覧です: 『平成28年熊本地震』で消費増税延期:

« アンタッチャブル教育が齎した「体罰・暴言事件」 | トップページ | 1000兆円刷っても大丈夫な日本経済 »