« ギブ&テイクの経済学 | トップページ | 有給休暇が取りづらい日本社会のお家事情 »

携帯電話料金化した「消費増税先送り」

■無意味な消費増税「2年縛り」

 案の定、伊勢志摩サミットを切っ掛けとして、安倍総理は消費増税再延期の事前意思表明を行った。この間、民進党までが消費増税の「2年先送り」を言い出したこともあってか、時期的には既に遅きに失した感は否めないが、昨晩、ようやく「2年半先送り」が決定したらしい。

 伝えられていたところでは「最低でも1年半先送り」ということだったが、民進党が「2年先送り」と言ったために「2年半先送り」になったのかもしれない。皮肉なことに民進党の発言が消費増税再延期の後押しをした格好だろうか。

 少しでも増税時期を引き延ばすことには賛成だが、前回と同じ轍を踏まないためにも、今回は時期的な明言は控えた方が無難かもしれない。
 携帯電話の料金制度ではないのだから、増税のタイミングに「2年縛り」などを設ける必要性は全くない。景気を良くする目標として「2年」というスローガンを掲げるのであればまだ理解できるが、目標そのものを無視して「2年」などと言い切ることに意味が有るとは思えない。
 本来、増税をするかどうかは、景気が良くなった後で問うべきものであり、景気の先行きが全く判らない状況下で増税時期を明言するのは間違っている。景気予測というものは、天気予報や地震予知のように当てずっぽうで時期を言い当てるものではない。

 そもそも「先送り」という言葉が出てくること自体が可笑しいと思えるのだが、「増税先送り」や「増税凍結」という増税をベースにした政策だけでなく、「減税」という考えも少しは取り入れるべきだ。
 「減税しますので、国民の皆様も消費量を増やす努力をしてください。」というような、双方向的な政策を掲げるべきだと思う。

■消費減税4%という折衷案

 もし、消費税を減税する場合、元の5%に戻したとあっては、「なぜ8%にしたのか!?」と批判されることになるので、いっそのこと現在の半分の4%にすればどうかと思う。
 「8%の増税は明らかに失策でしたので、今度は半分の4%に減税してみます。それで消費税収率が上がるか下がるか2年間、様子を見てみます。」と言えばいいのではないかと思う。

 消費税は1%の増減で税収が約2兆円違ってくるので、税率を半分(4%)に下げて、税収が現在の半分以下まで下がらなければ税収率は上がったことになる。そういう試験的な意味も込めての「2年縛り」なら、国民も納得するだろう。
 大体、消費を伸ばすことが政治的な至上命題になっているにも拘らず、なぜ消費税を上げなければならないのか? 一体、どう考えれば、「消費不足→消費増税」というロジックになるのか、さっぱり解らない。
 消費が大幅に増えれば消費税収も増加し、消費増税を行う必要も無くなるわけだから、消費を促すために、ありとあらゆる方策を考え、実施することが政治家の役割だろう。国民に対しても「消費を増やしてください。」と協力を仰ぎ、閉塞した空気自体を変えていく努力をするべきだ。
 そういった努力の甲斐なく税収が上がらないのであれば増税も止む無しだが、お世辞にも、そこまでの努力をしているとは思えない。
 現在の政治を観ていると、「消費税収不足→消費増税」というような国民不在の「」のみのロジックしか見えてこない。国民の「消費」を伸ばすことではなく、「消費税収」を上げることだけが自己目的化しているようにさえ見える。

 以前の消費増税先送り発表時に安倍総理が「1年半先送り」することを国民に詫びたシーンが思い出される。
 しかし、消費税を上げることを国民にお詫びするのであれば筋が通るが、なぜ増税を延期することを納税者である国民にお詫びしなければならないのか不思議に思えた。 商品価格を値上げすることをお詫びする商売人はいても、商品価格の値上げを延期することをお詫びする商売人がいるだろうか?

 1年半前の演説時、安倍総理の虚空を見つめる視線の先には、見えない権力者がおり、まるで、その総理大臣以上の権力にお詫びしているかのように感じられた。「先送りしても消費増税は必ず行いますので、私の政治活動の邪魔はしないでください。」と言わんばかりに…。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

|

« ギブ&テイクの経済学 | トップページ | 有給休暇が取りづらい日本社会のお家事情 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

税は安ければ安いほど良いという貧民思想ですね。まさにポピュリズム。
税負担は、国全体の将来を支えるというギブアンドテイクの考えを持った方が良いかもしれません。

投稿: 素晴らしい | 2016年5月29日 (日) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/63698868

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話料金化した「消費増税先送り」:

« ギブ&テイクの経済学 | トップページ | 有給休暇が取りづらい日本社会のお家事情 »