« 形骸化している『ハッピーマンデー制度』 | トップページ | 100周年を迎える「1日8時間労働」 »

BOOK『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』を読んで。

■「日本の歪んだ常識」のカラクリ

 親日家として知られるケント・ギルバート氏の新刊『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』を読み終えた。
 『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』、『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』に続くPHPシリーズ3作目となる本書は、非常に興味深く示唆に富み、知的好奇心を刺激してくれる本だった。
 『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』と言うよりも、現状では『いよいよ歴史戦のカラクリを発信したケント・ギルバート』という段階かもしれないが、非常にフランクに正論を語られているのが印象的だった。

 例えば、共産主義に関して、ケント氏は以下のように述べられている。

>人間に欲望や個性が必ず存在するかぎり、結果の完全平等とは、悪平等にしかなり得ないのです。共産主義者は、根本的な人間理解に欠けています。人間のことを、大量生産の歯車と同じだと考えているからです。共産主義とは、有能な人間のやる気を失わせ、無能な人間はますます無能な怠け者になるという仕組みです。人間の精神面を確実に腐らせ、社会を後退させます。だから、ソ連や東欧諸国は破綻したのです。

 まるで、日本の多くの会社にもそのまま当て嵌まりそうだが、私も同じようなことを書いたことがあるので共感を覚えた。上記のような認識は、まともな先進国では常識なのだろうけれど、日本だけは随分と違うらしく、ケント氏は40年前に来日した時から違和感を感じられていたらしい。

 GHQの影響を受けなかったアメリカ人の目から冷静に観察した戦後の日本社会の様相が具体的に書かれており、読む人によっては、スパイドラマを観ているかのような錯覚を覚えるかもしれない。歴史の裏に隠された真相を知ることで、世界の常識から乖離した日本の歪んだ常識を形作ってきた巧妙なカラクリの一部が垣間見えるかもしれない。

■「戦争は情報戦から始まる」カラクリ

 永世中立国であり国民徴兵制度のあるスイスの国民は、以下の2点を常識として認識しているらしい。

 「軍事力によってこそ国の独立は守られる
 「戦争は情報戦から始まる

 日本では「はあ?」と言うような人も多そうだが、残念ながら、「はあ?」などという言葉が出てくること自体、「私は平和ぼけしています」と白状しているようなものだろうと思う。ケント氏も日本人の「平和ボケ」と「知的怠慢」を嘆かれている。

 スイス政府が冷戦時代に出版し一般家庭に配布した『民間防衛』という本の中にある「武力を使わない情報戦争」の手順とは、次のようなものであるらしい。

 第1段階
  工作員を政府中枢に送り込む。

 第2段階
  宣伝工作。メディアを掌握し、大衆の意識を操作する。

 第3段階
  教育現場に入り込み、国民の「国家意識」を破壊する。

 第4段階
  抵抗意志を徐々に破壊し、「平和」や「人間愛」をプロパガンダに利用する。

 第5段階
  テレビなどの宣伝メディアを利用し、「自分で考える力」を国民から奪っていく。

 最終段階
  ターゲット国の民衆が無抵抗で腑抜けになったとき、大量植民で国を乗っ取る。

 ケント氏は、この文章を読んで、これは日本のことを書いたものではないか?と戦慄を覚えられたそうだが、なるほどな…と考えさせられる。

 本書は、現代の日本が置かれている状況というものを正しく認識し、再確認する上でも重要な位置付けの本になると思う。興味を抱いた方には是非、読んでいただきたいと思う。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

|

« 形骸化している『ハッピーマンデー制度』 | トップページ | 100周年を迎える「1日8時間労働」 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/64262733

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』を読んで。:

« 形骸化している『ハッピーマンデー制度』 | トップページ | 100周年を迎える「1日8時間労働」 »