« 「胃がんの原因の95%はピロリ菌」の勘違い | トップページ | 日米首脳会談のキーワードは「本音」 »

トランプ大統領が否定する「グローバリズム」のもう1つの顔

■「保護主義」と「TPP」は相容れない

 トランプ氏が口約束していた通り、大統領に就任したと同時にアメリカのTPP離脱が発表された。一切、躊躇することなく大統領令に「永久に離脱する」と署名されたことからも、その本気度が伝わってくるが、「保護主義」を自身のモットーとしていた人物が「TPPに賛成」では筋が通らなくなるので、これはまあ当然の帰結と言うべきだろうか。

 最近では「自国第一主義」という言葉もよく聞かれるようになったが、この言葉に対しても否定的な見解を述べている人がいる。しかし、こんなのはトランプ氏に限った話ではなく、1国の代表としては至極当然の台詞だと言える。「自虐思想」に被れた日本だからこそ「自国第一主義」を否定する向きがあるのかもしれないが、世界中のどこの国でも、基本は「自国第一主義」であり、「自国第二主義」も無ければ、自国を否定するような「自国虐待主義」も無い。

 「自由競争」の名のもと、「グローバリズム」というものが無条件に礼賛され、世界中の市場を1つにさえすれば、全ての人間がハッピーになれるという思想が世界中を覆いかけたかに見えたが、ここにきて、その傾向に待ったをかける人物が出現した。世界広しと言えど、現実的にそういったこと(=世界経済の潮流を変えるようなこと)ができるのはアメリカ大統領をおいて他にいない。そう考えると、トランプ大統領の口から発せられた「保護主義」という言葉の持つ意味は極めて重く深い。
 我々は現在、時代の転換期に存在しているという認識を持ち、悪戯に危機を煽るのではなく、どんな非常識に思える言葉であっても、真摯かつ冷静に受け止めて考えるべきかもしれない。

■「世界経済の平準化」のもう1つの意味

 ただ、トランプ大統領は「保護主義」を訴えてはいるものの「グローバリズム」を完全に否定しているわけではないと思う。「行き過ぎたグローバル化」は先進国の富を奪い続けることになるという単純な事実に気が付いたので、このまま「グローバリズム」を野方図に押し進めると自国を破壊しかねないという危機感を抱いたのではないかと思う。
 現在、ジョージ・ソロス氏がトランプ大統領と対立しており、見方によっては「グローバリズム」vs「ナショナリズム」という構図に見えてしまうが、少し誤解が有るように思える。

 経済のグローバル化というものもバランスが重要であり、「行き過ぎたグローバル化」は先進国の富を急激に奪うことになる。その現象は、「世界経済の平準化」という意味では否定するべきものではないのかもしれないが、あまりにも急激な変化というものは時に悪にもなる。「行き過ぎたグローバル化」の強要は、先進国に生きる人間(労働者)にとっては、ある意味で共産主義を強要されるに等しいことでもあるからだ。

 「グローバリズム」とは「世界経済の一体化(平準化)」を意味した言葉だが、その言葉は一歩間違うと「先進国の人間は発展途上国の人間のために犠牲にならなければならない」というような自虐的な思想に化けてしまう。グローバル化というものも、その置かれた環境と進行過程(スピード)によっては、善にも悪にも変化する曖昧な代物だ。

■否定すべきは「早急過ぎるグローバル化」

 物価も人件費も全く違う国々の市場を、ほとんど制御することなく混ぜ合わせることによって、世界経済に如何なる科学反応(経済変化)が生じたか? 先進国の労働者は豊かになったか? 発展途上国の労働者は豊かになったか?
 そのどちらも「イエス」ということであれば、「グローバリズム」は正しいということになるが、実際はどうだろう?

 物価と人件費が高過ぎて発展途上国とまともに競争できない先進国では、金融緩和を行い通貨安競争に明け暮れたが、それでも、どんどん物価の安い国が出現し、二進も三進もいかなくなった。物価と人件費が高い国に生まれた子供の全てが恵まれた境遇にあるわけでもないのに、生まれた時から際限の無い過当競争を強いられる。

 先進国の人間は、発展途上国で生産された安価な商品を購入することができるようになったが、それは消費者に一時的な陶酔を与えただけで、長期的には際限の無いデフレ現象を押し進めることになってしまった。このまま「行き過ぎたグローバル化」を放置しておくと、世界経済が平準化する前に、先進国の経済はその急激な変化に耐え切れず、挙って破綻してしまうかもしれない。
 「金持ちを貧しくしても、貧しい人が金持ちになるわけではない」というサッチャーの言葉通り、先進国が破綻すれば発展途上国も連鎖破綻してしまうかもしれない。そんな危機感を感じ取った人物がアメリカ大統領に就任したということであれば、世界中の人々から大いに注目されて然るべきことだろう。

 「緩やかなグローバリズム」は肯定すべきものだと思うが、「急激なグローバリズム」は否定されるべきかもしれない。トランプ大統領の登場によって、そんな当たり前のことに気付かされたような気がするのは私だけだろうか?

【追記】2017.1.26
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>この「自由人」という筆者の過去のエントリを読むと、どちらかといえば、労働市場の規制や保護には否定的で(最低賃金制度にも否定的)、労働市場の競争を推進するのが望ましく、働きの割りに賃金が高い者が低い方に調整されるのは良いことだ、という思想だったように思われます。

 該当記事をよく読んでもらえば解ると思いますが、「最低賃金制度」を否定しているのは、弱者を否定しているわけではなくて、弱者保護のために否定しています。実体にそぐわない最低賃金などというものをヘタに設けてしまうと、最低賃金にすらありつけない無給者が出てくることになる可能性が高いと思われるので否定しているだけです。

 「労働市場の競争」というのも、公平性が担保されているという条件下では望ましいと言っているだけです。そういう理由から、実体にそぐわない高給を得ている人間が公平な市場を歪めているのであれば、公平性という観点から賃金を下げるべきということであり、至極当たり前のことです。

 「規制」というものについても、その規制を敷いた結果が、「公平」になるか「不公平」になるかで善し悪しを判断しているだけなので、全ての規制や保護を否定しているわけではありません。

>この思想はそのまま「グローバリズム」に至るものだと思うのですが、今回の記事をみると、宗旨替えをしたのでしょうか。

 上記に書いた通りです。どこからそういう疑いが出てくるのか不思議ですが、別に宗旨替えなどしていません。
 これまで何度も「公平」という言葉を使用している通り、私は基本的に「公平主義者」です(注意:平等主義者ではありません)。ゆえに、いつも「公平性」というものをベースに論を組み立てています。「グローバリズム」というものも公平性が失われると悪になると言っているだけの話です。

>なお、グローバリズムで先進国の労働者の賃金が下がるというのは、共産主義とは何の関係もなく、また「豊かな国の労働者が貧しい国のために自己犠牲するべきだ」という美しい思想なわけでもなく、単に資本主義がそのまま進展して、労働市場の「柔軟」な競争が国際的に広がった帰結でしかありません。

 概念上は「グローバリズム」と「共産主義」は違う。それはその通りですが、私は言葉の定義として「グローバリズムは共産主義だ」などとは書いていません。言葉で使用する場合と文章として使用する場合は意味が違ってきますので、ニュアンスの違いをご理解ください。
 あなたが「共産主義」をどうご理解されているのか分かりませんが、私は共産主義のことを、結果的には「共に貧しくなる思想」であり、「悪平等で不公平な制度」だと解釈しています。そういう意味合いで「共産主義」という言葉を使用していますので、字義通りに受け取られても困ります。

 「豊かな国の労働者が貧しい国のために自己犠牲するべきだ」などとも書いていません。結果としてそういう状況(私が言うところの共貧主義的な状況)になっているという皮肉を述べているのであって、思想の説明をしているのではありません。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

|

« 「胃がんの原因の95%はピロリ菌」の勘違い | トップページ | 日米首脳会談のキーワードは「本音」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

追記しました。

投稿: 管理人 | 2017年1月26日 (木) 20時57分

余計に、
何を言っているのか分からなくなりました。
分かった方、いますか??

投稿: 追記を読んだら | 2017年1月26日 (木) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/64805592

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ大統領が否定する「グローバリズム」のもう1つの顔:

« 「胃がんの原因の95%はピロリ菌」の勘違い | トップページ | 日米首脳会談のキーワードは「本音」 »