« ヤマト運輸問題でアマゾン配送料は値上げに向かう | トップページ

アマゾン「無料配送」ビジネスの功罪

■「フリービジネス」の前提とは?

 先月、「アマゾン配送料は値上げに向かう」という記事を書いてみたところ、奇しくも今月、ヤマト運輸が「27年ぶりに送料値上げする」との報道が為された。その時点では、アマゾンとの交渉にも入ったと伝えられていたが、現状では、アマゾン側は「無料配送サービス」を維持したいとの意向らしい。

 一頃、騒がれた「フリービジネス」とは、ことわざ的に言うなら「損して得を取れビジネス」のことであり、サービスを無料(又は激安)にすることによって顧客を大量に獲得するビジネスモデルのことを意味する。しかし、フリービジネスが成り立つためには、基本的に以下の2つの内のどちらか一方を満たしていなければいけない。

 1、集客することによって別の方法(広告収入など)で利益が生まれる。

 2、ある程度の顧客数に達すると料金を値上げする。

 大抵のネット通販企業は広告収入ビジネスにも手を出しているとはいえ、その収入の一部が配送業者に行き渡るわけではないので、基本的には「」の、ある程度の顧客数に達すれば有料(値上げ)に切り換えるしかない。そうしない限り、旺盛なフリービジネス需要に呑み込まれて、配送業者はジリ貧になっていかざるを得なくなる。「フリービジネス需要」と言えば聞こえは良いが、その実は「他者の利益を奪う欲望」のことである。

■「無料配送サービス」は「フリービジネス」

 アマゾンの「無料配送サービス」も元々は「フリービジネス」の一環であり、ある程度の顧客数に達すれば有料化するのは当然のことであると思われるのだが、一度下げた料金を上げる(元に戻す)という芸当は、デフレ思考が蔓延した日本社会では、外資系のアマゾンですら抵抗があるのかもしれない。
 大盤振る舞いの「プライム会員制度」が値上げの足枷になっているとも考えられるが、無料配送を止めるとなると、根本的なシステム自体を見直す必要に迫られるため、おいそれとは変更できなくなっているのかもしれない。

 プライム会員の年会費は3,900円であり、固定収入が入ることを目的として生まれたシステムだと思われるが、実際にプライム会員になっているような人は、3,900円分以上のサービスを要求(活用)しているわけで、例えば、2,000円分のサービスを利用するために3,900円も支払うような人はまずいない。
 プライム会員システムというものも、3,900円を超えたサービスは全て無料になるというシステムであり、食べ放題のような物理的な上限のあるシステムではなく、青天井システムであるという点ではフリービジネスだと言えるかもしれない。

■完璧な物流システムの盲点

 現状では、書籍を含まない買い物は2000円分以上購入しないと無料にならないということになっているが、漫画コミック1冊を無料で配送するというようなシステムが、本当にいつまでも維持できるものだろうか? そもそも「無料配送」というようなものは期間限定のキャンペーン価格として用意されたものであるはずだが、いつの間にか、そのシステムが常態化してしまったとも言える。スーパーのチラシでよく見かける客寄せを目的とした赤字覚悟の激安キャンペーンが年がら年中行われているようなものとも言えるわけで、そんな無茶なシステムがいつまでも維持できるとは思えない。

 傍からは、完璧な物流システムを構築したかに見えたアマゾンだが、デジタル化できるシステムとデジタル化できないシステムの狭間で行き詰まることになってしまった感がある。ネット通販システムはデジタル化されて効率化が進んだものの、取り扱う商品はリアルな物であるため、配送システムがパンクするとか、アスクルのように物理的な障害(火事)で一瞬で大きな損失を被るリスクも生じる。数百年後か数千年後にテレポーテーション技術でも発明されれば、全て解決するかもしれないが、現状では、その隙間に新たなビジネスが生まれる余地が有るという程度で、当分の間は、右往左往することになるのだろうと思う。

 アマゾンが無料配送サービスを止めれば、顧客が一時的に減少することは避けられないが、それでもネット通販を利用する人々は増加の一途を辿っていることは間違いないのだから、ジリ貧になるわけでもない。
 しかし、無料配送を請け負う宅配業者がいなくなれば、巨大なネット通販システム自体が崩壊してしまうというリスクが有るということも考えるべき時期を迎えている。「安ければ良い」というミクロ経済論者達も、その考えを改める時期に来ているのかもしれない。

【関連記事】ヤマト運輸問題でアマゾン配送料は値上げに向かう
      図書館は「フリービジネス」と成り得るか?

【追記】2017.3.19
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>「無料配送」って。。
ほんとに配送料が無料って思っているんだろうか?

 当ブログの方にも同じようなコメントがありましたが、無論、ヤマト運輸が無料でアマゾンの商品配達を請け負っているというわけではありません。そんなことは常識的に有り得ませんので、わざわざ書くまでもないことです。本記事では、送料に差別化を設けていることを問題視しています。有料配送と無料配送の間には明らかに価格差がありますので、当然、その分はマイナス(無料分)が発生しているという意味です。

>送料無料はアマゾンと購入者間でのことで、過去から現在いつの時でもアマゾンとその宅配業者間での契約は無料ではありませんよ!

 これも同上ですが、そこまで言うのなら、漫画コミック1冊(400円)の具体的な内訳(送料)を明示してください。BLOGOSの読者にも参考になると思います。

>文章が稚拙でストレス
チェックされてないのか

「チェック」というのは私に対して言っているのか、それともBLOGOS編集部に対して言っているのか判りませんが、1時間程度で書いた個人の非商業ブログ記事(趣味の日記)に細かい注文を付けられても困ります。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村

|

« ヤマト運輸問題でアマゾン配送料は値上げに向かう | トップページ

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ヤマトが無料で配達を請け負っていると思っているわけではないですよね。

投稿: まさか本当に | 2017年3月18日 (土) 23時48分

追記しました。

投稿: 管理人 | 2017年3月19日 (日) 19時56分

もう少しマシな文章も書けるのでは…

投稿: 一時間程度もかければ | 2017年3月19日 (日) 23時22分

>もう少しマシな文章も書けるのでは…

毎度、同じIPアドレスなので、先のコメントと同一人物であることは判っています。嫌がらせは止めてください。

投稿: 管理人 | 2017年3月19日 (日) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/65030887

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾン「無料配送」ビジネスの功罪:

« ヤマト運輸問題でアマゾン配送料は値上げに向かう | トップページ