« 北朝鮮の核保有が認められない理由 | トップページ | 戦争(暴漢)を招き寄せる誤った価値観 »

「北を挑発するべきではない」という詭弁

■「話し合いに応じるべき」は北朝鮮のみ

 緊迫感が増している米朝問題を前にして、「北朝鮮を挑発(刺激)するべきではない」という意見をよく耳にするようになってきた。「あくまでも話し合いで解決するべきだ」という意見も多いが、北朝鮮以外の国はこぞって話し合いに応じる柔軟な姿勢は崩していない。アメリカにしても「話し合いは金正恩氏の決断しだいだ」と述べている。話し合いを拒否しているのは、独り、北朝鮮のみなのだが、そのことについての言及があまりにも乏しく感じられる。

 現状において、国内の評論家や学者が言うべきは、「北を挑発するべきではない」ではなく、「北は話し合いに応じるべき」であるはずだが、いつの間にか、主語が入れ替わってしまっている。「日本はどうするべき」とか、「アメリカはどうするべき」というのは、論点がズレていると言わざるを得ない。

 毎度言うように、これは、ヤクザに対する姿勢とそっくり同じだと言える。ヤクザに脅されている庶民が、「ヤクザを挑発(刺激)するべきではない」と言っている姿とほとんど変わらない。
 「話し合いで解決するべきだ」というのは、他の誰でもない「(ヤクザは)話し合いで解決するべきだ」ということであり、「(庶民が)話し合いで解決するべきだ」では意味を為していないし、何の解決策にもならない。

■現代の「人質篭城事件」

 現在の北朝鮮は、ある意味、人質を取って篭城している連合赤軍のようなものであり、1つ大きく違うところは、立て篭った建物内で殺傷兵器を製造しているというところだ。通常の立て篭り事件と違い、兵糧攻めによる時間稼ぎが必ずしも功を奏すとは限らず、兵糧が尽きる前に、その殺傷兵器が完成してしまえば、皮肉なことに、その建物を包囲している警官達も逃げざるを得なくなるという危険性も同時進行中だ。

 テレビの刑事ドラマのように、ある者はこう言う。

 「甚大な被害が出る前に犯人を狙撃するべきだ

 しかし、ある者はこう言う。

 「犯人を挑発(刺激)するべきではない

 トランプ氏はこう言っている。

 「もし、警官に向かって発砲するような真似をすれば、突入する

 これに対して金正恩はこう述べている。

 「愚かな警察の行動をもう少し見守る

 まさに、「人質篭城事件」の様相を呈していると言えるが、ここでもう1度、先に述べた言葉を思い出してみよう。

 「北を挑発するべきではない

 この言葉が如何にズレた意見かが分かると思う。

----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

|

« 北朝鮮の核保有が認められない理由 | トップページ | 戦争(暴漢)を招き寄せる誤った価値観 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

頭いいですね。もひとつ、「米国(警官)に日本は戦争に巻き込まれる」論も論破してください。

投稿: S | 2017年8月16日 (水) 18時37分

S様

コメント、有難うございます。

そういう話も機会があれば書いてみたいと思います。

投稿: 管理人 | 2017年8月21日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/65671110

この記事へのトラックバック一覧です: 「北を挑発するべきではない」という詭弁:

« 北朝鮮の核保有が認められない理由 | トップページ | 戦争(暴漢)を招き寄せる誤った価値観 »