« 北朝鮮崩壊へのカウントダウン | トップページ | 『国難突破解散』の疑問【国難は2つ必要か?】 »

「北朝鮮の終わり」or「世界の終わり」

■「アメリカは北朝鮮を攻撃できない」は本当か?

 現在の北朝鮮問題で、「アメリカは北朝鮮を攻撃できない」という意見をよく見かける。その理由というのが、「攻撃すれば周辺国(特に韓国)にも被害が及ぶから」というものだが、これは正しい見解なのだろうか?

 事の善悪はともかくとして、アメリカは1人の命を犠牲にすることで他の多くの人の命を救うことができるのであれば、躊躇することなく1人の命を犠牲にする国である。

 昔に観たハリウッド映画でも、ちょうどそういったシチュエーションを描いたパニック映画があった。1人を犠牲にすることで数人が助かるという場面で、躊躇することなく無情にも1人を切り捨てるシーンを観て、非常な違和感を感じたことがある。
 しかし、なかなか受け入れ難いとはいえ、そういった判断の方が実は正しいのかもしれないな…と思ったことがある。1人の命を救うために助かる人まで全て死んでしまうのであれば、結果的にはそれは間違っているという認識があっても、それは仕方がないことなのかもしれないな…と考え直したことがある。

■「1人の命は地球よりも重い」は本当か?

 日本では「1人の命は地球よりも重い」という言葉が臆面もなく語られることがある。しかし、「1人の命」と「2人の命」のどちらが重いのか?と問うと、途端に言葉を失い返答できなくなる。「2人の命を救うために1人の命を犠牲にできますか?」と問うても、言葉を濁すだけでハッキリと即答できる政治家はほとんどいないと思う。「はい」などと答えれば、左翼メディアから「命を軽視した発言だ!」というバッシングに晒されるので無理もない話だが。

 現在の北朝鮮問題でも、このまま北朝鮮を放置して問題を先送りし続けると、韓国だけでなく、世界全体の脅威となり、億単位の人々が命の危険に晒されることになる。
 「北朝鮮がソウルを攻撃すれば、100万人以上が犠牲になる」という被害予測が出回っているが、億単位になると、少なく見積もっても100倍になる。
 「100人の命と1人の命は、どちらが重要か?」と問われた時に、どういう返答をするか? それを考えると、「アメリカは北朝鮮を攻撃できない」というのは、「1人の命です」と言っているに等しい。

 残念ながら、世界の常識では、「100人を犠牲にして1人を助ける」というようなことは成り立たないと考えた方がよいと思う。「世界の終わり」と「北朝鮮の終わり」を秤にかければ、どちらが重いのかは火を見るより明らかだと思う。

 もちろん、理想は「誰も犠牲にすることなく100人を救う」だが、それができるのは金正恩だけである。否、その場合は「1人を犠牲にして1億人を救う」になるのかもしれないが…。

【追記】2017.9.24
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>米国は、自国民を救うためには韓国や日本国民の犠牲を厭わないと考えているとは思わないのか?

 もちろん、そう思いますよ。だからこの記事を書いているのです。

>世界の一億人を救うためにソウルの100万人を犠牲にしたいらしい。しかし、犠牲になるのが東京の100万人でも平然としてられるだろうか。

 「したい」とは書いていません。勝手に拡大解釈されても困ります。1億人というのも少なく見積もった例でしかありませんが、仮に1億人の場合、その中には当然、日本人も入っています。その数は100万人以上になることが予想されますので、あなたの論は成り立ちません。

>筆者は、前者の「100万人」は韓国だけで済むと考えているように見受けられます。
「100万人」には韓国だけではなく日本も含まれる可能性を考えたうえで発言しているのでしょうか。
日本にとって最も被害というかリスクが少ないシナリオはどうなのかを考えるべきでしょう。

 もちろん、日本人も含まれるという前提です。あなたの言う「日本に最も被害が少ないシナリオ」としての1つの意見です。日本人が助かればそれでいいという意味合いで書いているわけではありませんが。

>コメントにもあるように、100万人の内訳は(韓国人90万人・日本人10万人)でも、OKするの?その日本人10万人の中に、アンタの家族も2名含まれるなら、それでもOKするの?

 私が判断するわけではありませんが、OKしない場合、それ以上の犠牲者が出る可能性が高くなるので、リスクを最小化するためには受け入れざるを得なくなっているという話です。

----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

|

« 北朝鮮崩壊へのカウントダウン | トップページ | 『国難突破解散』の疑問【国難は2つ必要か?】 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

追記しました。

投稿: 管理人 | 2017年9月24日 (日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/65830465

この記事へのトラックバック一覧です: 「北朝鮮の終わり」or「世界の終わり」:

« 北朝鮮崩壊へのカウントダウン | トップページ | 『国難突破解散』の疑問【国難は2つ必要か?】 »