« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

「セクハラ問題」と「強制わいせつ問題」の共通点

■「セクハラ」と「強制わいせつ」の原因となったもの

 財務省の福田淳一(前)事務次官のセクハラ問題と、TOKIOの山口達也氏の強制わいせつ問題という2つの事件が騒がれている。

 山口達也氏の強制わいせつ事件は2ヶ月前に発生したことなので、都合良く同時期にこういった同じタイプの事件が問題になるということに不自然さを感じる向きもあるようだ。しかし今回はそのことは置いておいて、別の角度から、この2つの問題を取り上げてみたいと思う。

 まず、この2つの事件は、報道されていることが真実であるなら、どちらも「酔っぱらい」が起こした事件だということである。
 酩酊状態になり気分が高揚(理性が麻痺)した人間は、通常時では考えられないほど大胆な行動に出てしまうことは誰もが認めるところだ。
 重要な立場にいる官僚が、女性記者に対してセクハラ発言をしたり、有名芸能人が、未成年の女性を軽はずみに部屋に招き入れるといったことも、酔っぱらっているからこそできる行為だとも言える。

 女性記者と食事をして話すだけとか、未成年女性を部屋に呼んで話すだけなら、問題にならなかったことが、お酒を飲んだ影響で、ハメを外してしまったことが、2人の男性を窮地に陥れてしまった。つまり、この2つの事件における本当の問題は、「理性を失うまでお酒を飲んでしまった」ことにある。しかしそれは、お酒が悪いというわけではなく、お酒を飲み過ぎてしまったという意味では本人の問題であり、どちらも脇が甘過ぎたという意味では自業自得である。

■例え話で考える有名人と高校生の関係

 山口達也氏は悪い意味での「時の人」になってしまったが、彼は、以前にも、運転免許証の更新を忘れたことで謝罪会見をしたことがあった。当時、ブログ記事で彼を擁護した御縁もあるので、今回も少しだけ擁護しておきたいと思う。
【関連記事】3分間のお辞儀が行われる社会の是非

 「強制わいせつ」などという言葉を聞くと条件反射的に「悪だ!」と思い込んでしまい、論理を受け付けない人がいるかもしれないので、この問題を男女を入れ替えて考えてみよう。

 仮に、あなたが男子高校生だとして、綺麗な熟女芸能人に声をかけられて、女性の部屋まで付いて行った場合を考えてみよう。
 部屋で少し会話した後、酔っぱらった熟女芸能人からキスをされ、あなたは恐くなって部屋から逃げてしまう。その行為は別に普通だと思えるが、その後、その女性を強制わいせつ罪で訴えるというのは、普通に考えると不自然だと思う。

 あなたが熟女芸能人に強制的に部屋に連れて行かれ、無理矢理キスされたというなら理解もできるが、少なくとも、あなたは同意の上で、女性の部屋まで同行しているのだから、そこまでするほど悪質なケースとは言えないと思う。無論、強姦されたというなら話は別だが、部屋まで付いて行ったあなたにも全く責任が無いとは言えないはずだ。
 但し、あなたが、酔っぱらって理性を無くした人間がどれだけ性質(タチ)が悪いかを知らないほどにウブな少年だったというなら、これまた話は別だ。しかし、小学生や中学生ならともかく、今時の夜の街を徘徊している高校生が、そこまでウブだとは思えない。本当にウブな人なら、部屋まで付いて行くことすら拒否するだろう。

■「泥酔状態を憎んで人を憎まず」

 話を元に戻そう。
 結局、「セクハラ行為が悪い」、「強制わいせつ行為が悪い」、と言っても、今回の2つの事件に限って言えば、その悪い行為に及んだ人間は、素の状態でなく、どちらも酔っぱらっていた。その部分を無視して、罪状だけで「悪」と断罪するのは、結果だけしか見ていないということになる。

 このことは、ある意味、戦時下にある人間の精神状態と、平和時の人間の精神状態の違いを考慮せず、戦時下の人間の行為を断罪する姿勢と同じようなものだと言えるのかもしれない。

 「罪を憎んで人を憎まず」という有名な言葉があるが、酔っぱらいに対して「罪を憎んで人も憎む」になってしまっては救いが無い。「強制わいせつを憎んで山口達也も憎む」ではなく、「(強制わいせつに及んだ)泥酔状態を憎んで人は憎まず」という考えがあってもいいのではないかと思う。「泥酔するまで飲酒する行為」を憎んでこそ、今後、このような事件を未然に防ぐことに繋がる。
 逆に、「泥酔するまで飲酒する行為」を無視して、結果としての罪(強制わいせつ)を憎み、人も憎むでは、何の解決策にも繋がらない。

 幸いにして、被害者女性の家族も「この過ちで1人の人間の未来がすべて奪われてしまうことは、私たちも望んでいません」と述べておられるので、ここは、山口達也氏が、泥酔するまで飲まなくなるようになることを信じて、謹慎期間が過ぎるまで静かに時を待つのが大人の対応というものだと思う。

【追記】2018.4.28
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>どうして、夜の街を徘徊している高校生、と決めつけるのだろう。これが間違ってたらどこまで被害者を傷つけるかの想像も出来ないのだろうか。

  この記事で述べている「夜の街を徘徊している高校生」というのは、世間一般の女子高校生のことであり、今回の被害者のことではありません。まさか、そういう解釈をする人がいるとは意外でした。

>又、夜の町を徘徊している女子高生にはそのような事をしても良いとでも思ってるのだろうか?

 あなたの言うところの「そのような事」が何を意味しているのか分かりませんが、私が言っているのは「(酔っぱらった)男性の部屋に行くこと」を意味しています。

>相手が大人ならまだしも児童福祉法で守られるべき年齢の少女にこのようなコメントはすべきでは無いだろう。

 児童福祉法で守られるべき年齢(の女性)であるなら、酔っぱらった成年男性の部屋に行くべきではないと思います。まあ、呼び出した方にも問題はありますが。

----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「核実験中止・ミサイル実験中止」という甘い罠

■「核実験中止」というトラップ

 今年は海外でも国内でも政治的なニュースが目白押しだが、米朝首脳会談が押し迫っているということもあってか、北朝鮮が新たな外交カードを切ってきた。そのカードの名は「核実験中止」と「ICBM発射実験中止」。

 読んで字の如く、どちらも「中止」というだけで、完全に「廃止」というわけではない。そのままストレートに受け取らない方がよいと思われるが、このニュースを聞いて「これで北朝鮮危機は去った」というような暢気な意見も聞かれる。

 これまで「核実験はしない」と何度も言っておきながら、その度に期待を裏切ってきた国が、「核実験を中止する」と言って素直に信じる方がどうかしていると思う。中止するのは本当だとしても、核兵器を放棄しない限り、安心はできない。
 今回の発表は、先日のシリア空爆でも、やる時はやる姿勢を見せたトランプ大統領に対する牽制としての意味合いが強いと思われる。土産話として「核実験中止」と「ICBM発射実験中止」と先手を打っておけば、スムーズに米朝首脳会談が進められるという下心が透けて見えるかのようだ。

■「二度と復活できない」という選択肢

 もう1つ、ついでに「核実験施設を廃棄する」とも伝えられている。先に行われた日米首脳会談において、トランプ大統領と安倍総理が示したのは、「完全かつ検証可能不可逆的な方法」で北朝鮮の核を廃棄させるということだったので、検証する必要が無くなるように用済みになった「核実験施設を廃棄する」と述べているのだろう。

 しかし、単なる「核・ミサイル実験の中止」や「核実験施設の廃棄」では「不可逆的」とはならない。「不可逆的」とは、「二度と復活できない」という意味なので、実験や施設ではなく、「核兵器を完全放棄する」と言わない限り、解決には向かわない。それ(核兵器の放棄)ができないことが判ると、「二度と復活できない」までに破壊されるという悲劇的な運命が待ち構えていると考えるべきだろう。(核兵器を)「自国が放棄する」か「他国が破壊する」かのどちらかを選ぶしか選択肢は無い。「中止」などという宙ぶらりんな状態が許容されるわけがない。

 この問題は、個人がタバコを止めるとか、アルコールを止めるとかいう小さな問題ではなく、世界人類の命運がかかっている最重要課題なので、慎重を期して事態を見守る必要がある。甘い考えで臨むと地獄を見ることになりかねないので、どこまでも疑ってかかる方が賢明だ。尤も、トランプ大統領も「中止」という甘い言葉に騙されるほど単純ではないだろう。

■拉致問題が解決できなかった理由

 しかし、そんな重大な事件をよそに、相変わらず日本国内では、モリカケとかセクハラとか、スキャンダルネタばかりが国会やマスコミで騒がれている。一体、この国の政治はどうなっているのだろうか?と問いたくもなる。

 日米首脳会談では、日本人の拉致問題についても話し合われ、今度の米朝首脳会談で提起されるらしい。
 しかし、外圧を利用しないと自国の拉致問題も解決することができないというのは悲しい(哀しい)限りだ。おそらく戦前の日本なら、他国に同胞を拉致されたということが判ると、国民世論の沸騰とともに直ぐさま奪い返しに行ったことだろう。

 戦後の日本が、そういったことができなくなったのは、結局、自衛隊を軍隊と認めない平和憲法のせいだと言えるのかもしれない。あるいは、平和憲法であったことが禍いして拉致事件が発生したのかもしれない。
 護憲派の人々が、拉致被害者の人権や被害者家族の願いよりも、憲法を変えないことの方が大事だと本気で思っているのであれば、実に罪深い人々だと言える。
----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「神事」としての相撲と「女人禁制」

■「土俵の上」から始まったリベラル論議

 先週、京都府舞鶴市の多々見市長が、大相撲の春巡業の場(土俵の上)で挨拶を行っていた最中、途中で倒れるという出来事があった。
 その場にいた一般女性が土俵の上に上がり、多々見市長の心臓マッサージを行っていたところ、「女性の方は土俵から降りてください」という場内アナウンスが流れた。場内にいた人々はきっと「えっ!?」と耳を疑っただろうことは想像に難くないが、この騒ぎに乗じて、またまた「女性差別だ!」という声が噴出しているようだ。

 海外の報道機関も同じように「女性差別」だと論じている向きもあるが、今や海外の報道機関もリベラルに傾いているので、ストレートに受け取らない方がよいかもしれない。

 結論から先に言うと、この問題の本質は、形骸化した相撲界の姿勢にあり、女性の差別問題と結び付けるのは無理があると思う。その単純な理由を以下に述べよう。

■「女人禁制」を「女性専用車両」で考えると…

 まず、「女人禁制」という古臭い言葉で考えると、バイアスが生じやすくなるので、現代風に「女性専用車両」に置き換えて考えてみよう。
 「女性専用車両」とは男性からの痴漢行為を防ぐために設けられた車両のことだが、この場合は「男人禁制」ということになる。
 その「男人禁制車両」の中で、ある女性が急に倒れ、その車両の入り口近くにいた一般男性が、その車両に駆け込み、倒れた女性の心臓マッサージをした場合を考えてみよう。

 その時に、「男性は車両に乗らないでください」というアナウンスが流れれば、確かに問題だろう。何が問題なのかと言えば、“融通が利かない”こと。人命救助という目的よりも、痴漢防止という目的が優先されるのでは本末転倒であり、その硬直した姿勢が批判されるのは仕方がない。
 そういう意味では、今回の「女性の方は土俵から降りてください」という意見も批判されても仕方がないとは思う。但し、それは伝統や差別とはあまり関係がなく、あくまでも“融通が利かない”という意味での批判だ。

■五穀豊穣の神様に愛想を尽かされた相撲界

 相撲の起源は諸説あるが、基本的には「神事」であり「祭事」であるということ。なぜ「神事」や「祭事」と言われるのかと言えば、相撲の本来の目的が「天下泰平・子孫繁栄・五穀豊穣・大漁」を祈る祭りであったことに依る。
 土俵の上で力士が塩をまくという行為が、相撲が宗教的な行事(神事)であることを物語っているが、その行為も別に女性とは関係がない。

 ではなぜ、女人禁制だったのかというと、か弱い女性が裸で相撲を行うわけにはいかないという理由もあったのかもしれないが、本当のところは、祈りを捧げる五穀豊穣の神様が宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)という女性神であったからという理由もあるらしい。
 女性の神様に対する祈りは異性である男性が行うべきという庶民的(?)な考えがあったということ。女神に対して裸の女性が相撲をとる行為は失礼にあたるという考えもあったのかもしれない。

 江戸時代には「女相撲」というものが興行的に行われるようになったが、それはあくまでも見せ物としての商売であり、神事とは無関係。ちなみに「女相撲」は風紀的な問題から明治時代になると禁止された。

 思うに、五穀豊穣の神様が今回の出来事を天の雲井から覗かれているとすれば、女性を土俵に上げたことよりも、神事としての相撲行事の本質を忘れ、形式だけに拘る現代の相撲界にこそ愛想を尽かされたことだろう。
 五穀豊穣の神様が、人間間の女性差別などに興味があるわけがないし、女性を土俵に上げても怒るわけもない。もし怒ることがあるとすれば、下らない建前に拘る人間が神事を執り行っていることに対してだろう。
 もう1つ付け加えれば、今回の出来事を女性差別にまで便上拡大解釈する人間に対しても、さぞお怒りのことだろうと思う。

【追記】2018.4.9
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>自由人がリベラルを批判するってどう言うことなんだ

  このブログ記事で述べている「リベラル」は、無論、本来の「リベラル」のことではなくて、(似非)リベラルを意味しています。(似非)リベラルとは、一言で言えば、「マルキスト」のことです。

>自由人は「リバタリアン」の自由ですか、やれやれ。

 何度も当ブログで述べていますが、私はリバタリアンではありません。BLOGOSのプロフィール欄にも書いていますが、「自由人」は「自由に考える人」という意味です。

>しかし、そうすると自由人の安倍政権支持は矛盾だらけですね。

 これも何度か書いていますが、私は安倍政権を擁護するだけでなくて、批判する時もあります。消費税増税時にも何度も苦言を呈しています。正しいと思う政策は支持し、正しくないと思う政策は支持しない。ただ、それだけのことです。

>この自由人とかいう投稿者はどう考えてても、頑迷固陋な安倍晋三教徒であり、ネオリベでもある矛盾した存在。自由を名乗るのが極めて不快である。

 私は安倍信者ではありませんし、ネオリベでもありませんので、誤解のないように。

----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「森友問題」と「TPP問題」のどちらが重要か?

■麻生氏の問題発言の是非

 自民党の麻生氏が、参院財政金融委員会の場で以下のようなことを述べられたらしい。

1、「森友の方がTPP11より重大だと考えているのが日本のレベル」

2、「日本の新聞には(TPP11のことが)一行も載っていなかった」

 これらの発言が物議を醸し、既に麻生氏は謝罪を行われたそうだが、これも(現時点では)一種の言葉狩り(ポリ・コレ)だと言えるだろうか。

 確かに「」の発言については事実と異なることを言ったということなので謝罪は必要だろうけれど、「」については、現状では未だ謝罪が必要な段階とは言えない。

 少なくとも現段階では、麻生氏は、安倍総理やご本人が森友問題に関係していないと信じているわけだから、森友問題についての責任感を感じる段階にあるとは言えない。事実はともかく、現段階では自分達は冤罪だと思っている側の人間なのだから、「森友問題よりもTPP問題の方が重要だ」と言っても何の問題もないと思う。
 財務相としての監督責任が無いとまでは言えないが、だからと言って、本来の仕事よりもスキャンダルの方が重要だというのでは不自然だ。会社の社長が、従業員が窃盗罪を犯したとして、会社全体の仕事よりも1人の窃盗罪の方が重要だと言うのではおかしい。

 そもそも、与党の政治家が本業を忘れて、森友問題にばかりに拘っていれば、政治家としての信用を失ってしまいかねない。

 問題が生じるのは、実際に自分達が森友問題に関わっていたということが判明した段階でのことであり、そういう段階になって初めて、今回の発言が責任問題として追及されることになる。

 解り易くするために卑近な例で言うと、もし、あなたが通勤中の電車内で痴漢と間違われて逮捕されたとしよう。
 その後、警察の取り調べ室で、あなたが「痴漢問題よりも仕事の方が重要です」と言った場合を考えてみよう。それがおかしいことだと言えるだろうか?
 「痴漢問題の方が仕事より重大だと考えているのが警察のレベル」と言うことが、おかしいことだろうか?
 あるいは、痴漢冤罪を訴える会見の場で、「痴漢問題よりも仕事の方が重要です」と言ったとすればどうだろう? それがおかしいことだろうか?

 その人物が本当に無実(または無実と思っている)なら、「私は自分の仕事をしなければいけないので、痴漢問題などに構っている暇はありません」と言うのは、尤もな意見だと言える。逆に、「私は自分の仕事よりも、痴漢問題の方が大事です」などと言えば、余計に怪しいと疑われる可能性が高くなってしまう。

■シンプルに考える「推定無罪・有罪論」

 ついでに言うと、もし、あなたの友人が痴漢行為の疑いで逮捕されたとしよう。その友人があなたに「俺は無実だ、信じてくれ」と言った場合、あなたはどう思うだろうか?
 普通は証拠がない限り、その友人の言葉を信じるだろう。簡単に言えば、それが「推定無罪」である。
 その後、本当にその友人が痴漢行為を行ったという証拠が出てきた場合、「お前(友人)は俺に嘘をついた」ということで「推定無罪」は崩れる。実にシンプルだ。

 逆に「推定有罪」とは、痴漢行為の疑いで逮捕されれば、それが誤認逮捕であろうがなかろうが、「お前は痴漢行為をしたのだろう」と疑うことに近いと言える。
 日本では「逮捕」という言葉がイコール「犯罪者」という認識になっているきらいがあるが、これなども立派な推定有罪だ。

 人間は感情の生き物なので、誰しも、親しい人は信じてあげたいし、憎たらしい人は疑いたくなるというバイアスを抱えている。同じ痴漢の冤罪でも、その人物が普段から憎たらしいと思っている人なら、どうしても心情的には「推定有罪」に傾いてしまう。

 確たる証拠が出てきて、尚かつ、本人が罪を認めた時点で「犯罪者」という立場が成立する。しかし、証拠が出てくるまでは、その人物を信じて無実として扱う。それが「無辜の民を罰するなかれ」という言葉が示す通り(冤罪を回避するための)近代国家の決まり事でもある。

 現状では、安倍総理も麻生氏も罪を認めていないし、確たる証拠も出てきていないのだから、「疑わしきは罰せず」の適用が妥当であり、確たる証拠が出てくるまでは無実として扱う。それが良識ある人間の対応というものだと思う。

----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »