« 「悪魔の証明ごっこ」に明け暮れる国会 | トップページ | 新幹線に「持ち物検査」は必要か? »

「モリカケ騒動」で生まれた真の「疑惑」

■「いじめ」を見て見ぬふりをする教育委員会

 2年前(2016年10月)に神戸市の市立中学校3年生の女子生徒が自殺した事件があった。その後、同学校の同級生から聞き取ったとされるいじめの証拠を示すメモが作成されていたが、市教育委員会がそのメモを隠蔽していたという事実が今頃になって判明した。
 同教育委員会の人間が、同学校の校長にも「メモは存在しないもの(=いじめは無かった)」と口裏を合わすことを要求していたという。

 これだけ、いじめの増加が社会問題になっていても、相変わらず、教育委員会の事勿れ主義は全く変わっていないようだ。人前では「いじめは悪いことだ」と講釈を垂れながら、いじめを無くすことに邁進するのではなく、いじめを隠すことに躍起になるという、教育者(人)としてあるまじき行為を為しても恬として恥じる様子がない。こんな無責任な教育者が管理する学校に子供をあずける親はたまったものではないだろう。

■「いじめ問題」をスルーする政治家達

 「モリカケ問題」で騒いでいる政治家も、疑惑の段階で止まっているような案件よりも、はっきりと隠蔽していたことが明らかになった「いじめ問題」を追及した方が国民からの評価も上がり支持率も上がると思われるのだが、なぜ、そういう当たり前のことをやろうとしないのだろうか? なぜ、「いじめ問題を隠蔽していた人物を証人喚問しろ!」と言わないのだろうか? 「いじめを隠蔽した人間は責任をとって辞任しろ!」と、なぜ言わないのだろうか?
 
 はっきり言って、まともな国民の関心事は「モリカケ問題」よりも「いじめ問題」の方だろうと思う。「モリカケ問題」がどうなろうと多くの国民の生活には全く関係がないが、「いじめ問題」は国民の生活と直結した無関心ではいられない問題だ。「いじめ」を無くすことを願っている国民は数多いが、「モリカケ」の解決を願っている国民など、実質的にはほとんどいないだろうと思う。そんな小さな問題はどうでもよいというのが一般国民の率直な感想だろう。

■「モリカケ問題」<「いじめ問題」

 野党5党も、安倍総理を批判することが目的なら「モリカケがどうのこうの」と言うよりも「いじめ問題を放置するな」と言えばいい。
 そう言えば、与党も重たい腰を上げて、いじめ問題に取り組まざるを得なくなり一挙両得だ。
 本当に社会を良くしたいという気持ちから、安倍政治を批判しているのであれば、「モリカケ問題」から「いじめ問題」に乗り換えればいい。そうすれば、与党・野党問わず政治家全体の評価も上がり、少しはまともな社会になるはずだ。

 そんな当たり前のことができない社会(政治)にこそ、多くの国民はうんざりしている。
 多くの国民はモリカケ問題の「疑惑」よりも、「この国の政治家には本当に国を良くしようという気持ちが有るのだろうか?」という「疑惑」を抱いているのである。その「疑惑」の払拭なくして、支持率の上昇は有り得ないということに気付かなければならない。

【追記】2018.6.09
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>そもそも論として、イジメ問題を政治で解決できると思ってるのがバカ。

 いじめ問題を政治の力で完全に無くすことはできないでしょうけれど、世間のいじめに対する空気を変えることは可能です。いじめを行った加害者やいじめを隠した教育者が世間から糾弾されるという空気を創り出すことができれば、いじめは今よりも減少するはずです。

>論点違うよ。スルーしてんのは教師。
なんでスルーしてるかっていうとやること多すぎて忙しいってのと、厳しく叱ると「体罰だ」なんだ言われるし、モンペもうるさいから。

 本記事で問題としているのは教師ではなく教育委員会です。体罰の認識問題のズレも、行き過ぎたポリコレが根本的な原因であり、事勿れ主義の政治にも問題があります。

>なんにでも安倍さんが写ってるんだな。
 もう病気ですよ。

 それは、安倍総理の失脚しか目に入っていない人のことです。

>「いじめ問題を隠蔽していた人物を証人喚問しろ!」→これ、意味分かる?

 字義通り、証人喚問せよという意味で書いているわけではありません。それぐらいの気概を持って欲しいという意味でのアイロニー(皮肉)です。

----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

|

« 「悪魔の証明ごっこ」に明け暮れる国会 | トップページ | 新幹線に「持ち物検査」は必要か? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あのう、モリカケもいじめもどちらも同じくらい大事なんじゃないのかなというのが普通の国民の感覚だろうと思うのですが・・・
モリカケは、国有財産と国民、住民の税金が投入されている問題ですし、いじめも憲法上個人として尊重されるべき国民である生徒の人権にかかわる問題ですから、どちらも「いいかげんにしろ。」ではすまないことなんじゃないでしょうか?
モリカケよりも働き方、北朝鮮問題、いじめ問題が大事だという向きもあるようですがその主張には全く賛同できません。
どの問題も同じくらいしっかり取り組んでもらわないと困ります。

投稿: toraosan | 2018年6月 9日 (土) 01時09分

追記しました。

投稿: 管理人 | 2018年6月 9日 (土) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/66809087

この記事へのトラックバック一覧です: 「モリカケ騒動」で生まれた真の「疑惑」:

« 「悪魔の証明ごっこ」に明け暮れる国会 | トップページ | 新幹線に「持ち物検査」は必要か? »