« 自動車輸入関税は25%に向かうか? | トップページ | 理想的な「同一労働同一賃金」とは? »

タバコを吸って病気になる人とならない人の違い

■タバコを吸えば肺がんになるのか?

 「タバコを吸えば肺がんになる」という話は昔からよく耳にする。しかし、実際のところは、ヘビースモーカーでも一生涯、肺がんにならない人もいれば、全くタバコを吸わないのに肺がんになる人もいる。
 喫煙者と非喫煙者を比較すると、喫煙者の方が肺がんになる確率は高いらしい。しかし、だからといって、肺がんになる原因を喫煙だけに限定することはできない。

 アスベストの吸引が原因で肺がんになることはエビデンスとして証明されているのだろうけれど、タバコだけが原因で肺がんになったということは残念ながら証明できない。人間は1日24時間、空気を吸って生きているが、排気ガスや科学物質など、タバコの煙以外にも有毒な空気は少なからず肺に入れている。しかし、どれも四六時中、吸引しているわけでもない。

 例えば、狭い事務所で周りにいる人間が全員喫煙者で、1日中、事務所の中にタバコの煙がモウモウといているような環境下で何年間も我慢して過ごした場合、それが原因で肺がんになったというなら理解できようものだが、1日に数分間、休憩時間にタバコの煙(副流煙)を吸ったから肺がんになったというような話は、言い分としては理解できても、本当にそれが原因で肺がんになったとは流石に思えない。もし、それが本当であるなら、実際にタバコを吸っている人は全員、肺がんになっていて然るべきだと思うが、実際は、そうはなっていない。

 私も子供の頃は、閉め切った車の中で両親がタバコを吸っていたので、その煙を吸って気分が悪くなり、車に酔ったことが何度もある。車酔いとタバコの煙は無関係かもしれないが、子供だったのでそれが分からずに「窓を開けてくれ」と文句を言っていた。
 昔は、タバコの害がそれほど知られていなかったので、タバコの煙が子供に与える害などお構い無しにタバコを吸う親がいた。赤ん坊の目の前でタバコの煙を燻らせているような光景も普通にあったのだろうと思う。
 私も、仕事場の人間の影響もあり、10数年前まではタバコを少し吸っていたが、今では完全な禁煙家&嫌煙家になった。タバコの煙は気になるし、喫煙家の臭いも気になる。

■「喫煙行為」は「自傷行為」に通じる

 なぜ、タバコを吸って肺がん(と言うより病気)になる人とならない人がいるのか? この疑問に対して、私は自分なりの仮説(持論)を持っている。

 まず、タバコを吸わない人が1番にあげる吸わない理由は、「健康に悪い」からだろう。中には「お金が勿体ないから」とか「体臭が臭くなるから」というような理由もあるだろうが、1番の理由は「身体に害になる」からだと思う。
 しかし、喫煙者は「身体に害になる」ことが解っていながら、「身体に害になる」ことを自らの意思で率先して行っている。これは、つまり「自傷行為」であるわけだ。お酒で言うなら、身体を壊すことが目的の「やけ酒」みたいなものとも言える。

 健康な人は大抵「健康になりたい」という目的を持って、健康的な生活を心掛けている。しかし、タバコを吸っている人は、端から「健康になりたい」という目的を捨ててしまっているとも言える。

■「プラシーボ効果」と「ノシーボ効果」

 医学の世界には、プラシーボ効果ノシーボ効果というものがあり、偽薬を飲んで病気が治ることもあれば、本物の薬を飲んで病気になる場合もある。
 偽物の薬でも「病気が治る」と信じて飲めば、病気が治る場合がある。これはオカルト系の摩訶不思議な話ではなくて、多くの医学的実験で実証されていることでもある。

 逆に、ノシーボ効果とは、本物の薬であっても「これは毒だ」「これは副作用がある」と思って飲めば本当に病気になったり、病気が重篤化したり副作用が出たりする効果のことを意味している。タバコの場合は、本物の薬でも偽薬でもなく、本物の毒だというところが重要だ。喫煙家の多くは「これは身体に悪い」と思って何十年間もタバコ吸い続けているわけだから、ノシーボ効果が更に強まって病を発症しやすくなる。逆に「身体に悪い」とは思わず(知らず)に吸っている人は、病気に成りにくいのかもしれない。

 もし、この仮説が成り立つならば、例えば、タバコの危険性を知らずに「タバコを吸うと気分が落ち着くなあ」と思っている人(A)が、「タバコの煙を吸えば肺がんになる」と信じて疑わない人(B)の横で、長年、タバコを吸っていた場合、前者(A)は健康なままなのに、後者(B)が肺がんを患うという皮肉なことが起こりえるということだ。

 あくまでも私の仮説(持論)なので、信用しろと言うつもりはないし、信用できない人がいても、それはそれで仕方がないと思う。「病気になる、ならないは個人の体質の違いだ」と言われれば、それもその通りで、全員に上記の仮説が適用できるわけでもない。しかし、「身体に悪い」ことが解っていながら、その「身体に悪い」ものを自らの身体の中に入れているわけだから、その行為を否定されても仕方がないと思う。

 いずれにしても、「身体に悪い」と思ってタバコを吸っている人には、なるべく早く禁煙することをオススメする。

 
----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

|

« 自動車輸入関税は25%に向かうか? | トップページ | 理想的な「同一労働同一賃金」とは? »

健康」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タバコを吸って病気になる人とならない人の違い:

« 自動車輸入関税は25%に向かうか? | トップページ | 理想的な「同一労働同一賃金」とは? »