« 「蚊帳の外」に置かれた北朝鮮 | トップページ | 「モリカケ騒動」で生まれた真の「疑惑」 »

「悪魔の証明ごっこ」に明け暮れる国会

■「悪魔の証明」の起源

 「悪魔の証明」という言葉は、一般的には中世におけるローマ法の解釈について説明されることが多い。しかし、さらに歴史を遡ると、実は聖書から派生した言葉だということが分かる。
 荒野で40日間続いたとされる「荒野の誘惑」は世界的にも有名な話だが、その試練の期間に悪魔がイエスに吹っかけたとされる無理難題が「悪魔の証明」という言葉の元になっている。

 例えば、「お前が神の子なら、この崖から飛び降りて死なないことを証明してみろ」というような悪魔の誘惑があったとされているが、現代では、主として、「有る」ことを証明するのではなく、「無い」ことを証明せよという、およそ不可能に近い無理難題のことを「悪魔の証明」と呼ぶようになった。

 現代風に低俗な例で言うと、電車内で痴漢に間違われた男性が、「お前が痴漢行為をしていないなら、痴漢行為をしていないことを証明してみろ」と言われるようなものであり、24時間モニタリングでもされていない限り、そんなことは誰にも証明できない。

 「悪魔の証明」とは、無知な人間を翻弄させるための狡賢な「詭弁論法」のことであり、より具体的な言葉で言うなら「難癖」と言ってもよいかもしれない。

■「悪魔のダブル証明」と化している「モリカケ論争」

 安倍総理に対して、「モリカケとの関係が無いことを証明せよ」という無理難題を吹っかけ、それができないなら「モリカケとの関係が有ることを認めよ」=「辞任せよ」というモリカケ論争は、現代の「悪魔の証明」とも言われている。

 この「悪魔の証明」の厄介なところは、具体的な「モリカケとの関係」の有無だけでなく、「疑惑」の有無にまで拡大解釈されてしまっているところだ。「関係」の有無は証明できるかもしれないが、「疑惑」の有無などというものは証明のしようがない。「関係」が否定されても「疑惑」は残るという意味では「悪魔のダブル証明」だとも言える。
 これはまさに「悪魔の悪知恵」と呼ぶに相応しい程に狡猾な「詭弁論法」だ。ゆえに誰かが強権的にでも中止させない限り、永久にこのループから抜け出すことができない。その「誰か」とは、無論、健全な「民意」だ。

■悪魔の証明「なぜ、野党の支持率は上がらないのか?」

 正気を失い「悪魔の証明ごっこ」に明け暮れている人々の目を覚ますことができるのは、冷静な目で「悪魔の証明ごっこ」を観察している有権者しかいない。
 その有権者達が「もう、いいかげんにしろ!」と一喝して、目を覚まさせるしかない。実際にそういう人は大勢いるのだが、一向に民意が影響力を持たないように見えるのは、正しい民意を伝えるべきマスコミまでもが「悪魔の証明ごっこ」に入り込んでいる(当事者になっている)ためだろうと思う。

 最近になって、内閣支持率が少し上がったことが話題になっている。内閣支持率というものにどれだけの信憑性があるのかは定かではないが、仮に内閣支持率が信頼に足るものだと考えた場合、この現象は、株価で言うところの「下げ止まり」「底打ち」を意味するものであり、ようやく民意が動き始めたことを意味しているのかもしれない。
 同じ条件下で、一向に上がらない野党5党の支持率に対して与党の支持率が上がっているのであれば、その部分については信憑性が有ると言える。
 
 「毒を持って毒を制す」ことができるなら「悪魔の証明を持って悪魔の証明を制す」ことも可能だろう。野党5党には、「なぜ、与党の内閣支持率が下がらないのか?」ではなく、「なぜ、野党の支持率は上がらないのか?」を証明していただきたいと思う。これぞ、まさに「悪魔の証明」(無理難題)だ。

【追記】2018.6.02
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>内閣支持率の不支持が支持を上回っている事実を忘れている。

 ということは支持率が50%以上ないと与党にはなれないという理屈ですね。それなら、現在の野党5党が与党になれる可能性はほぼ0ということになります。

>潔白を主張するなら何故、文書改竄したり虚偽答弁したり安倍昭恵や加計孝太郎の国会招致を拒否するのでしょうか?

 現状、文書改竄や虚偽答弁は官僚が勝手にしたことだと判明しています。政治家に責任を取れと言っても、政治家は官僚の保護者ではありません。日本の場合、実質的には政治家よりも官僚の方が立場が上なので、子供に親の保護者になれと言っているようなものです。

>このアクロバティック擁護で官邸からいくら金を貰ってるのか気になりますね。

 Facebookの方でもそんなことを書いている人がいましたが、0円です。誰からも1銭ももらっていません。

>総理はモリカケと関係ありますよ。それを「ない」と言うからおかしな事になるわけで、最初から「関係はあるが、それは違法ではない」と言えばよかったんです。

 「違法ではない」と言っても「関係はある」と言った時点で、今よりも騒ぎが大きくなっていたと思いますが。

>世間一般の常識では、自らに不当な嫌疑がかけられた場合、「真相究明に協力的な態度」を採るのか「真相究明に非協力的な態度」をとるのかで、その人物の評価を下します。

 記事中の例えで言うなら、痴漢に間違われた人が、なぜ「真相究明に協力的な態度」をとる必要があるのか理解できません。仮に「真相究明に非協力的な態度」に見えたからといって、本物の痴漢だとは限りません。あなたの言っていることは、確たる証拠が出てきた場合の話です。確たる証拠が無いなら、ただの詭弁にしか成り得ません。

----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

|

« 「蚊帳の外」に置かれた北朝鮮 | トップページ | 「モリカケ騒動」で生まれた真の「疑惑」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

追記しました。

投稿: 管理人 | 2018年6月 2日 (土) 21時54分


●【マネックスFXPLUS】アフィリエイト広告掲載のご依頼
突然のブログからのご連絡で申し訳ございません。
初めまして。投資情報サイトGogoJungle(旧fx-on)を運営しています株式会社ゴゴジャンの伊藤と申します。
ブログの記事を拝読しまして、是非私どもfx-on.com_ASPの『マネックスFXPLUS』アフィリエイト広告の掲載をお願いできないかと思いご連絡いたしました。
報酬も高めに設定をしておりますので、是非ご検討のほどお願い申し上げます。
口座開設の内容はFXではありますが、証券総合口座を開設しないとマネックスFXPLUS口座も開設が必要なので、米国株の取引き参加者にもニーズが合うのではないかと考えました。
ただ、ブログによりましては、バナー掲載できない場合がございますので、
恐縮ではございますが、ブログ運営会社の規約をご確認いただくよう宜しくお願いします。
以下詳細を記載いたします
↓↓↓
取引所名 : オートレールのマネックスFXPLUSの口座開設
定額報酬 :4,900円
承認頻度 月1回程度
却下条件 既存顧客、他ASP経由口座開設が先であった顧客
承認条件 口座開設後必要書類の提出完了
★3分でアフィリエイト登録できます!
https://fx-on.com/regist/aff/
その他疑問点などがございましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。
株式会社ゴゴジャン 伊藤
yito@gogojungle.co.jp

投稿: gogojungle伊藤 | 2018年6月 6日 (水) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/66784152

この記事へのトラックバック一覧です: 「悪魔の証明ごっこ」に明け暮れる国会:

« 「蚊帳の外」に置かれた北朝鮮 | トップページ | 「モリカケ騒動」で生まれた真の「疑惑」 »