« 「命にかかわる危険な…」という言葉 | トップページ | 「マイノリティ」と「民主主義」の関係性 »

「LGBTの生産性発言」の真意を考える

■「個性」が「優劣」に変わる時に差別が生まれる

 自民党の杉田水脈氏の「LGBTの生産性発言」が物議を醸している。

 杉田氏の言うところの「LGBTのカップルのための税金」というのは、はたして、どんな税金を意味しているのかは不明だが、今回は、LGBTと差別について、少し考えてみたい。

 周知のように「LGBT」というのは、(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)のことで、先の3つを翻訳すると(女性同性愛者・男性同性愛者・両性愛者)ということになる。トランスジェンダーは、性同一性障害者と訳す向きもあるが、実際は障害者ではない。総じて、見た目は普通の一般人と変わらないが、一般の人々とは少し違う性質を持った人々、つまり、性的少数者(マイノリティ)のことだと思えばいい。

 ゆえに、「LGBT者」と「非LGBT者」に分けることは別に差別ではない。男であることと女であることの違いが差別でないなら、「LGBT者」と「非LGBT者」を分けることも差別ではない。
 もし、「LGBT者」と「非LGBT者」を分けることが差別だと言うのであれば、その人物こそが差別をしている者だという証拠である。“マイノリティだから差別されている”という思い込みがあるのなら、その思い込みこそが差別だからである。

 先入観を持たない素直な目で見た時に、人間の個体差は「個性」の違いに過ぎないが、その「個性」の違いに優劣を付けようとする思考が生じた時点で差別が生まれる。
 差別というものは、個人の思い込みから派生するものであり、これが差別ですというような明確な基準はなく、あくまでも個人の人為的な感情によって作られた代物に過ぎない。

 考えるに、リベラル左翼(自分勝手な左翼の意)の言うところの「差別」というのは、差別的なことを口に出すか出さないかの違いがあるだけで、心の内面には差別心が有っても構わないということになってしまう。
 差別的な発言を行った人は差別主義者で、差別的なことを思っているだけの人は差別主義者ではないと言うのであれば、それは偽善と言うしかない。

■心の中にある「差別感情」こそが問題

 例えば、あなたの目の前に、男性と女性がいたとして、子供を産めない男性は生産性が無く、子供を産める女性は生産性が高いなどとは思わないだろう。しかしながら、それは厳然たる事実である。実際に男性は子供が産めない。しかし、だからといって、そんなことを差別だと言う人はいない。なぜいないのかと言えば、そこに差別心が介在していないからだ。男性は子供が産めない、しかし女性は子供が産める。それは誰もが認めている男女の肉体的違い(=区別)であるので、差別とは無縁なのである。

 「LGBT」もこれと同じで、男女間では子供が作れるが、同性愛者間では基本的に子供は作れない。そのことを差別心なく当たり前の違いだと素直に受け入れることができる人であれば、差別にはならない。それを差別だと思うのは、その人物の心の中に「LGBT」に対する差別感情が存在するからに他ならない。

 杉田氏は著書『なぜ私は左翼と戦うのか』で、こう述べられている。

>男性に子どもが産めるのでしょうか。赤ちゃんに授乳ができるのでしょうか。これらは絶対に不可能です。こうした性差による役割分担は神様がおつくりになったもので、人間にそれを否定することはできません。

 何年か前に「女は子どもを産む機械」発言が問題になったことがあったが、物は言いようで、女性自身が女性の役割として言えば、常識的な意見と受け取られる。

 おそらく杉田氏の言っている「生産性」も、ごく当たり前の常識的な話をしているつもりだったのだろうと思う。
 先述した通り、男女間では子供が作れるが、同性愛者間では基本的に子供は作れない。その当たり前のことを認識した上での発言だったのだろう。
 子供を作れないLGBTのカップルに税金を使う必要はないという意味ではなくて(実際に税金は分け隔てなく使われている)、必要性があると思えないことに税金を使用することは納税者の理解を得られないという意味だったのだろう。

 人間の個体の違いを認めることは差別ではない。その違いに優劣を付けることが差別なのだ。「LGBTは差別されている」という思いこそが差別の出発点なのである。


----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

|

« 「命にかかわる危険な…」という言葉 | トップページ | 「マイノリティ」と「民主主義」の関係性 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

LGBT差別の事例なんぞ調べればナンボでも出てくるだろうに。お前バカなのか?(笑)

投稿: | 2018年7月28日 (土) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/66993027

この記事へのトラックバック一覧です: 「LGBTの生産性発言」の真意を考える:

« 「命にかかわる危険な…」という言葉 | トップページ | 「マイノリティ」と「民主主義」の関係性 »