« 「マイノリティ」と「民主主義」の関係性 | トップページ | 『働きたい時に働く改革』が始まった »

『「反日」という病』を読んで。

■裏返されていた2冊の本

 先日、行き着けのショッピングモールの書店に行き、政治・社会コーナーの書棚を覗いてみると、平積みされた2冊の本が裏返しになって置かれていた。何の本かと興味を抱き、手に取ってみると、以下の2冊の本だった。

 

 この2冊から推察するに、どんな人(人々)がこういうことをしたのかは大体の察しが付いてしまうが、私はこういう姑息な真似が嫌いなので、親切に表向けておいた。裏返した人(人々)からすれば営業妨害(?)と言われそうだが、こういうことをすると、余計に目立って印象が悪くなると思わないのだろうか?と疑問に思ってしまう。

■「善い日本人」と「悪い日本人」

 前置きは置いておいて、その日は同じコーナーに置かれていた『「反日」という病』(木佐芳男著)という本を購入した。


 
 本書は、戦時中、戦争を礼賛していたはずのメディアが、戦後、急速に左傾化(反日化)した原因を心理的に探った本であり、戦後のマインド・コントロールの実体を事細かに記しているのが印象的だった。
 キーワードとなるのは「善い日本人」と「悪い日本人」というもので、戦時中、戦争を煽ったメディアは、本来であれば「悪い日本人」にカテゴライズされるはずだったが、戦後、メディア自体が解体されなかったことによって、「善い日本人」の立場を演じることになった。
 戦後の「善い日本人」というのは、進歩的文化人のことであり、ガラパゴス化した平和主義者を意味した。

 逆に「悪い日本人」とは、どんな人々になるのかというと、「神仏や天皇制を含む伝統文化を重視し、ポリティカル・コレクトネスや共産主義、エセ平和主義などには本能的に大なり小なり抵抗を感じる人びと」(原文ママ)ということらしい。

 そうなると、私も「悪い日本人」ということになってしまうのかもしれない。と言うか、大抵の日本人は「悪い日本人」にカテゴライズされてしまうことになると思われる。

■「産経辺りが世界の標準」

 日本の主要活字メディアを右から順番に列記すれば、次のようになるらしい。

  産経新聞
  読売新聞
  時事通信
  日本経済新聞
  毎日新聞
  共同通信
  朝日新聞

 私も現在、産経新聞を購読しているが、特に右寄りという感じはしない。著者も「産経辺りかその少し左が世界の標準」と述べておられる。

 本書は先にも少し触れた通り、全体を通して精神分析(プロファイリング)論風に記述されている。前半部の事実としてのマインド・コントロール論は興味深かったが、後半の精神分析論は、半分仮説のような体裁を採っているので、個人的にはあまりピンとこなかった。

 本書は『“戦争責任”とは何か—清算されなかったドイツの過去』という本の姉妹編らしいので、機会があればそちらも読んでみたいと思う。
----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

|

« 「マイノリティ」と「民主主義」の関係性 | トップページ | 『働きたい時に働く改革』が始まった »

読書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『「反日」という病』を読んで。:

« 「マイノリティ」と「民主主義」の関係性 | トップページ | 『働きたい時に働く改革』が始まった »