« コーヒーを飲むと寿命は延びるのか? | トップページ | 表面化しつつある「原発停止」による「大惨事」 »

「南海トラフ地震」は予測できるのか?

■過去に発生した「南海トラフ地震」

 ここ数年、テレビ等で「南海トラフ地震」の危険性を煽る番組をよく見かけるようになった。言わずと知れたように、「南海トラフ地震」とは、四国沖で90〜150年周期で発生している大地震のことだが、今後30年以内に発生する確率は70〜80%と言われている。

 しかしながら、その予測確率がどこから出てきたのかというと、おそらくは、これまでに発生した地震年度から割り出した平均値としての数値にしか過ぎず、「南海トラフ地震」がいつ起こるかは実際のところ、誰にも分からない。明日起こるかもしれないし、1000年後かもしれないし、起こらないかもしれない。

 過去の「南海トラフ地震」を時系列で表記すると以下のようになっている。

 1498年(明応地震)

 それから107年後 1605年(慶長地震)※

 それから102年後 1707年(宝永地震)

 それから147年後 1854年(安政東海地震)

 それから90年後 1944年(昭和東南海地震)

 それから2年後 1946年(昭和南海地震)

(※)慶長地震は南海トラフ地震ではないという説もある。

 昭和の2度の地震は同時期と考えると、直近5回の「南海トラフ地震」の発生周期が90年から147年になっている。次も同じような周期で発生すると考えれば、2036年〜2093年に必ず起こるという目算があるのだろう。

 (107+102+147+90)/4=111.5年

 1946年+111年=2056年

 このての計算(実際はもう少し対象地震が多い)で、30年後(2048年)までに発生する確率が凡そ70〜80%ということなのだろう。
 しかし、先にも述べたように1944年(昭和東南海地震)と1946年(昭和南海地震)の間にはわずか2年しか空いていないわけで、実際のところは過去の統計だけで未来の地震を予測するのは無理があると言える。

■「余震震度」の予測は不可能

 今年6月に発生した「大阪府北部地震」や、今回発生した「北海道地震」を見ても分かるように、現代人には地震の予知などできないし、統計だけで判るようなら誰も苦労しない。
 全国津々浦々どこででも巨大地震が起こる可能性が有るわけだから、「南海トラフ地震」だけに拘るのはある意味、ナンセンスだとも言える。

 気象庁の発表も、震度6強の地震が発生すれば、

 「今後、震度6強程度の余震が発生する可能性があります」と言い、

 震度6強が震度7に変更されると、

 「今後、震度7程度の余震が発生する可能性があります」と言う。

 震度7以上の地震は原則無いわけだから、「震度7」と言っておけば絶対にハズレないということなのかもしれないが、これでは、全く判らないと言っているに等しい。実際、2年前の熊本地震では、本震と発表されていた地震が予震(前震)で、2日後に本震が発生したということもあった。

 今回の地震でも同じ発表ミスがあってはいけないので、保険をかけてわざわざ「震度7」と言い換えたのだと思われるが、そんなことなら、わざわざ「震度何」などと言わずに、「大きな余震」と言えば済むのではないかと思う。なぜ、判りもしないのに、予言者の如く「震度何」などと言う必要があるのか解らない。

 地震がどこで起こるか判らない、予震か本震かも判らないのに、なぜ正確な震度を予測することができるのだろうか?

■ある中学校の教室での1シーン(フィクション)

【教室Aの場合】
教師A「昨日は震度6の地震が発生しましたが、今後、大きなの余震が発生する可能性がありますので、皆さん気を付けてくださいね。」

生徒達「はい、わかりました。」

【教室Bの場合】
教師B「昨日は震度6の地震が発生しましたが、今後、震度6程度の余震が発生する可能性がありますので、皆さん気を付けてくださいね。」

生徒A「え?、なんで震度6と分かるんですか?」
生徒B「震度なんて分かるわけないじゃん。」
生徒C「先生は予言者なんですか?」

教師B「・・・」

 結論として言えることは、「現代人には地震の予測はできない」、その一言に尽きる。
 ゆえに、地震対策をしなければならないのは、「南海トラフ地震」の被害想定に入っている地域の人々だけでなく、全ての日本人が対象と言える。予測もできない巨大地震を煽り、一部の地域の人々だけが危険であるかのような予言をすることはミスリードであり、別の意味で危険とも言える。


----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

|

« コーヒーを飲むと寿命は延びるのか? | トップページ | 表面化しつつある「原発停止」による「大惨事」 »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

>地震対策をしなければならないのは、「南海トラフ地震」の被害想定に入っている地域の人々だけでなく、全ての日本人が対象と言える。予測もできない巨大地震を煽り、一部の地域の人々だけが危険であるかのような予言をすることはミスリードであり、別の意味で危険とも言える。

 全くご説の通りだと思いますが、貴方の考え方には、地震学は役に立たない、意味がないと言っていると思われます。それは現在の地震学が説明能力を失い、活断層とプレートテクトニクスの歪がたまったからと、毎度同じようなことを言い、活断層のないところで地震が発生し、地震確率が低いところばかりに地震が起きる。余震の原因も説明できず、ドンと突き上げる現象も説明できない。だから地震学は意味がないと言われているような気がします。

それは地震学自体の問題ではなく、現在の地震学のダメさを指摘しているのではないでしょうか。
いわゆる活断層とプレートテクトニクスの地震学は矛盾だらけですが、これは戦後アメリカから導入された地震学と言えます。日本には日本独自の伝統的な地震学というものがありました。湯川秀樹の父親で地震学者の小川琢治や石本巳四雄博士が提唱した地震原因としてマグマ貫入説というものがありました。にもかかわらず、舶来礼讃のために今その理論は学会では全く省みられていません。

しかし、地震学者ではない人(石田昭氏)がその理論を発展させて、地震爆発論という新しい地震学を唱えています。これは地震原因を地下深くの水が圧力と高温により解離ガスとなり、水素ガス爆発として発現し、地震を起こすというものです。これにより、地震の突き上げる現象も余震も説明できます。
これによればひずみがたまることが地震原因であることは否定され、活断層は原因ではなく、爆発による結果であり、プレートテクトニクスの歪も否定され、南海トラフ地震も否定されることになります。地震爆発論を研究発展させれば部分的な地震予測も可能となるでしょう。

また、石田昭氏はこの地震爆発論から5年も前から苫小牧CCS(液体二酸化炭素の地下圧入)と地震の危険性を指摘していました。恐らく北海道大地震は苫小牧CCSが誘発させた可能性が大きい。新潟中越地震、中越沖地震も近隣の長岡でCCS実験をしていました。

 以上わずかな説明しかできませんが、地震学自体が役に立たないのでなく、間違った地震学が役に立たないといえるのです。地震学会は異説を認めませんが、行き詰っていることは確かです。

投稿: トラ | 2018年9月27日 (木) 21時21分

トラです。すみません、もう少し捕捉させて下さい。

地震学の定説とは、地震原因を二つしかないと考えています。活断層理論とプレートテクトニクス理論。
地下深くの活断層に長年の力が加わり、ひずみが溜まり突然ずれて地震が発生するという活断層理論と
一つのプレートが他のプレートに沈み込んで、上になったプレートが跳ね返って地震を起こすプレートテクトニクス理論。全てはこの二つから成り立っています。

しかし、この地震理論では説明できないことがたくさんあるのです。

・歪みが蓄積されるというが、不均一な岩盤が圧力を受けたら、圧縮されエネルギーを蓄える前に力点がひび割れたり崩壊するはずで、蓄積されるわけがない。
・活断層理論では余震が説明できない。
・活断層のすべりでは強い加速度を説明できない
・活断層による地震では、地底から聞こえるドーンという爆発音の説明ができない
・プレートの存在自体が怪しい。
 南海トラフ地震が起きる原因とされるフィリピン海プレートがユーラシアプレートに潜り込むというが、フィリピン海プレートの噴き出し口が見当たらない。噴き出し口がないのになぜ動くのか説明ができない。
・プレートを駆動する力を説明できていない。
・活断層理論、プレート跳ね返り理論では震源がポイントで示されるのはおかしい
・火山噴火の地震を説明できない。
等々
よく言われる、過去の地震は全世界のプレート境界に大きな地震が集中している事をどうやって説明するのか、プレートの存在を示しているのではないか?ということでが、地震爆発論はプレートテクトニクス自体を否定しています。プレートが別のプレートに潜り込んでなぞいない。
活断層も同じで、因果関係が逆転しています。活断層は地震の結果つまり傷跡、活断層が地震を起こしたのではなく、地震が断層を形作ったと考えています。
 同様にプレート境界に大きな地震が集中しているというのも因果関係が逆であり、大きな地震が起きた場所をつなげたものをプレートと称しているだけだと考えています。
 地震が集中しているのは、恐らく地下のマグマの動きに関係しており、そこが特に解離ガスが不安定化する条件を持っている場所だと考えられます。

こういう指摘に地震学者は、次々と見てきたように新しい説明をします。全く非科学的態度と言うしかありません。
地震爆発論は今当然学会では無視されていますが、日本の地震学の正統的なものを受け継いでいると石田昭氏は自負しており、もうそろそろ気がついてもいいころではないかと思っています。


投稿: トラ | 2018年9月27日 (木) 21時46分

トラ様

コメント、有り難うございます。

 石田 昭様からは以前にコメントを頂いたことがあります。
 「活断層は原因ではなく、爆発による結果」ということは、その時にもお聞きしたと記憶しています。
 仮に「活断層理論」や「プレートテクトニクス理論」が正しい理論であったとしても、新説や異説に耳を傾けない(と思われる)地震学会というのは問題かもしれませんね。かつての天動説と地動説のようなものかもしれません。

 私は真摯に地震研究されている人まで否定するつもりはありません。何も解らないのに予言者のような物言いをしているかに見える専門家が気になるだけです。

 昔から地震は「天災」と言われました。地球を1つの生き物と考えるなら、地震が起こるのは何か原因が有るのかもしれません。なんの理由もなく偶然に地震が起こると考えている現代人よりも、むしろ、地震が起こるには理由があると思っていた昔の人の方がまともにすら感じられます。
 地震は偶然に起こるのか、それとも必然で起こるのか? そういったことも、いずれ科学的に証明されるのかもしれませんね。

投稿: 管理人 | 2018年9月28日 (金) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199859/67143155

この記事へのトラックバック一覧です: 「南海トラフ地震」は予測できるのか?:

« コーヒーを飲むと寿命は延びるのか? | トップページ | 表面化しつつある「原発停止」による「大惨事」 »