« 消費税の「累進課税」は公平な制度 | トップページ | 「推定有罪劇場」の役者達 »

「ホリエモン逮捕」に通じる「ゴーン氏逮捕」

■ライブドア事件を彷彿とさせるゴーン氏逮捕

 現在、テレビや新聞を観ていると、連日のように、日産のカルロス・ゴーン氏の逮捕騒ぎになっており、まるで、以前のライブドア事件を彷彿とさせるものがある。

 日産とルノーの「株主資本比率」がどうのこうのとか、「小が大を呑み込む」、「ねじれの構図」など、当時のニッポン放送買収劇の時に聞かれたような言葉が、そっくりそのまま並んでいる。

 既にいくつかの報道でも伝えられている通り、ルノー(小)が日産(大)を呑み込む、もっと言えば、フランス政府が日本(親方日の丸企業)を呑み込むという構図がみてとれる。

 ルノーと日産の提携を阻止するという目的のために、ゴーン氏個人の問題をクローズアップし、ゴーン氏がいかに強欲な人間であるかを世間にアピールする。この辺の劇場型報道も実によく似ている。ゴーン氏にとって、今回の逮捕劇は青天の霹靂だったのかもしれない。

■ゴーン氏逮捕は「国策逮捕」

 大体、ゴーン氏の報酬問題等は、今に始まったことではなく、ずっと前から判明していたことだと思われる。それを、なぜ今頃になって内部告発したのかを考えれば、何か裏があるのではないか?という疑いは禁じ得ない。

 この問題は、1企業の問題ではなく、おそらくは日本とフランスの国家間の問題なのだろう。そういう意味では、国策逮捕、または国策捜査だった可能性が高い。以前、「東京地検が動く時は全て国策捜査」だと言っている著名人がいたが、おそらくそういうことなのだろう。

 ルノーが日産を吸収合併するのではなく、日産がルノーを吸収合併するということなら、今回のような逮捕劇は起こらなかったとも考えられる。日産(日本)にとってプラスになる提携なら、ゴーン氏を逮捕するメリットが無いが、日産(日本)にとってマイナスになる提携なら、阻止しなければならない。それが、今回の逮捕劇の真相なのだろう。

 フランスも日本も基本的には社会主義国家なので、逮捕劇で騒いでいる庶民をよそに、しばらくは両国間の睨み合いが水面下で続くのかもしれない。

 今回の逮捕劇が日本の国益を守るためのものであるのか、それとも、親方日の丸企業を守るためのものであるのかで、評価は大きく違ってくるが、前者であることを期待して、事の推移を見守りたい。

【追記】2018.11.24
(BLOGOS転載記事のコメントに対する返答になります)

>それなら何故は日本はシャープをなぜ守らなかったのだろうか?

 シャープは日本の基幹産業ではありませんから。

>単なる妄想(笑)

 海外の報道でも同じようなことが言われていますが。

>陰謀論に束縛されるのは不自由ですね。

 陰謀論として書いたつもりはありません。私は陰謀論は嫌いですから。

>買収でフジの株券を買うのに、時間外取引を利用したのが大きな綻び。

 それも一因には違いないと思いますが、バックグラウンドにはもっと複雑な問題(日本の社会的な問題)が絡み合っていたというのが私の見立てです。

>大体、前から言ってるが、日産はもうルノーの子会社なんだから、今更日本にマイナスだとか何とか、寝ぼけすぎ。

 海外の報道でも伝えられている通り、子会社云々の問題ではなく、日産がフランスの企業になるかどうかという問題です。早い話、フランス政府による日産の乗っ取りが水面下で行われていた可能性があるということです。


----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

【スポンサーリンク】

|

« 消費税の「累進課税」は公平な制度 | トップページ | 「推定有罪劇場」の役者達 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

追記しました。

投稿: 管理人 | 2018年11月24日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホリエモン逮捕」に通じる「ゴーン氏逮捕」:

« 消費税の「累進課税」は公平な制度 | トップページ | 「推定有罪劇場」の役者達 »