« 2つの『空飛ぶタイヤ』の比較 | トップページ | 「インフルエンザ集団感染」で判明したこと »

嘘が真実になる前の「大人の対応」

■賛否両論の「大人の対応」

 日本と韓国との間で起こった「レーダー照射事件」は、一向に解決に向かう気配が感じられず、いつまでも駄々をこねる韓国側に対して、ついに日本側は「大人の対応」として、韓国政府との協議を打ち切る発表を行った。

 これには賛否があるようで、「甘い」という声や、「これで良かった」という声も聞かれる。
 私自身も「甘い」と思う反面、「これで良かったのかもしれない」とも思っている。(理由は後述)

 以前のブログ記事で「日本」と「韓国」の関係を「いじめられっこ」と「いじめっこ」という表現を用いて書かせてもらった。
 その喩えで言うなら、「いじめられっこ」が「いじめっこ」に対して「大人の対応」をとるということは、「泣き寝入り」を意味し、事件の解決を放棄した単なる「事勿れ対応」にしかならない。そういう意味では「甘い」というのは正しい。

■「嘘も百回言えば真実になる」からの回避

 しかし、ここでもう1つ考えなければならないのは、ナチスのゲッペルスが言ったとされる次の言葉だ。

 「もしあなたが十分に大きな嘘を頻繁に繰り返せば、人々は最後にはその嘘を信じるだろう

 所謂、「嘘も百回言えば真実になる」という言葉の元になったとされる台詞だが、このままレーダー照射問題について日本側が韓国側を糾弾し続けたとしても、その度に嘘を付いて、はぐらかされる可能性が高い。
 相手(韓国)は罪を認める気が一切なく、嘘を言うことにも何の恥も感じていない。それは長年続き現在でも未だ行われている反日教育の為せる業かもしれないが、彼らが自らの過ちを認めて日本側に頭を下げるということは、政治的にも、およそ考えられないことでもある。そもそも謝罪することが美徳だとするような考えは、日本でしか通用しないからだ。

 他のアジア諸国において、自らの過ちを認めて謝罪するという行為は、敗北を意味する。それは反日教育は間違いだと認めることに繋がりかねないため、どんな嘘を繰り返してでも事実をねじ曲げようとしてくるだろう。既にその傾向は出ており、明らかに無理筋の言い訳を展開していることは子どもにでも感じられるはずだ。

 現在の韓国政府の姿を観ていると、嘘を言っても恬として恥じないところは中国(中共)と同じだと言える。
 このまま普通に協議を続けると、延々と嘘を繰り返し、「嘘も100回繰り返せば真実になる」という具合に、またまた日本が悪者にされてしまう可能性がある。

 嘘を100回繰り返されないため(=嘘が真実になる前)の「大人の対応」なら、応急処置としては仕方がないとも思う。しかし、それで完全に引き下がったのでは、「泣き寝入り」したことにしかならないため、別の策を講じる必要がある。
----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

スポンサーリンク

     data-full-width-responsitive="true">

|

« 2つの『空飛ぶタイヤ』の比較 | トップページ | 「インフルエンザ集団感染」で判明したこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘘が真実になる前の「大人の対応」:

« 2つの『空飛ぶタイヤ』の比較 | トップページ | 「インフルエンザ集団感染」で判明したこと »